映画の感想アーカイブ: あいの日々徒然

2019年11月19日

映画「心と体と」

11月11日(月)、映画「心と体と」を
レンタルDVDで見ました。

監督:イルディコー・エニェディ
製作:モニカ・メーチ
アンドラーシュ・ムヒ
エルヌー・メシュテルハーディ
脚本:イルディコー・エニェディ

キャスト
エンドレ: ゲーザ・モルチャーニ
マーリア: アレクサンドラ・ボルベーイ
クラーラ: レーカ・テンキ
シャーンドル: エルヴィン・ナジ

2017年第67回ベルリン国際映画祭で
最高賞の金熊賞をはじめ4部門に輝いた映画。
心と体と
ブダペストの郊外にある食肉工場で
品質検査官の産休代理として派遣された
女性ラーツ・マーリアは、内向的な性格で、
職場になじめない。中年男性エンドレは、
財務部長の役職ではあるものの、左腕が
不自由のため引け目を感じ、職場では消極的で、
人並みの幸せを求めることは諦めていた。
そんな二人がカウンセラーの問診によって、
毎晩二人は同じ夢の中でそれぞれメス鹿とオス鹿
となって交流していたことを知り、現実世界で
二人の気持ちに変化が生まれ、
お互い気になる存在になってくる。

普通では、考えられない展開だが、
そんなこともあるんだなあと思わせる映画です。
取り立ててすごいことが起きるわけでもなく、
二人の関係が徐々に変化するのを
たんたんと描いてあり、それに引き込まれる不思議な映画です。
対して面白さを感じない人も居ると思います。
好みが分かれる映画のようです。


映画も人それぞれ好みは違うと思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月16日

映画「僕たちのラストステージ」

11月8日(金)、映画「僕たちのラストステージ
をレンタルDVDで見ました。

監督:ジョン・S・ベアード
製作:フェイ・ウォード
製作総指揮:ザビエル・マーチャンド
      ケイト・ファスロ
      ジョー・オッペンハイマー
      ニコラ・マーティン
       エウヘニオ・ペレス
       ガブリエル・タナ
       クリスティーン・ランガン
脚本:ジェフ・ポープ
キャスト
スタン・ローレル(スタン): スティーヴ・クーガン
オリヴァー・ハーディ(オーリー): ジョン・C・ライリー
ルシル・ハーディ: シャーリー・ヘンダーソン
ハル・ローチ: ダニー・ヒューストン
イーダ・ローレル: ニナ・アリアンダ
バーナード・デルフォント: ルーファス・ジョーンズ
シンシア・クラーク: スージー・ケイン
僕たちのラストステージ
ストーリー
1953年、アメリカの伝説的お笑いコンビの
ローレル&ハーディはイギリスでライブツアーを
行うことになった。1920年代後半から
1930年代にかけて、2人はハリウッドで
黄金時代を築き上げたが、ハル・ローチと
決裂してから徐々に落ち目になっていった。
そんな2人にとって、このツアーは復活を賭けた
最後の大勝負であった。2人は経済的にも
苦しい状態にあったが、芸の腕前は
一切衰えておらず、ツアーは大成功に終わった。
かつての人気を取り戻せるかに見えた矢先、
オリヴァーに病魔が襲いかかった。
それでも二人は、お互いを支え合い、
励まし合って生きた。
ポチっとして頂けるとありがたいです。
コメディアンとしての姿も、良く描かれていて
笑えました。コメディ映画と思いきや、
お互いを信頼しあい、認めて、支え合う姿に
涙してしまいました。
お笑い映画とヒューマン映画が混ざった素晴らしい映画でした。

泣ける映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月23日

映画「アラジン」

10月16日(水)、映画「アラジン」を
レンタルDVDで見ました。
監督 ガイ・リッチー
脚本 ジョン・オーガスト
原作 『アラジンと魔法のランプ』
製作 ダン・リン(英語版)
ジョナサン・アイリヒ
製作総指揮 マーク・プラット
ケヴィン・デラノイ
音楽 アラン・メンケン
主題歌 日本語訳詞 もりちよこ
キャスト
役名 俳優 日本語吹替
アラジン:メナ・マスード:中村倫也
ジャスミン:ナオミ・スコット:木下晴香
ジーニー:ウィル・スミス:山寺宏一
ジャファー:マーワン・ケンザリ:北村一輝
サルタン:ナヴィド・ネガーバン:菅生隆之
ダリア:ナシム・ペドラド:沢城みゆき
アンダース王子:ビリー・マグヌッセン:平川大輔
イアーゴ:アラン・テュディック(声):多田野曜平
ハキーム:ヌーマン・アジャル:宮内敦士
ラズール:ロビー・ハインズ
オマール:ジョーダン・A・ナッシュ:鈴木柊真
リアン:タリア・ブレア:稲葉菜月
ジャマル:アミール・ブートゥロス:山本兼平
魔法の洞窟:フランク・ウェルカー(声):掛川裕彦
アラジン
ストーリー
アグラバーの町で猿のアブーとともに
暮らす貧しい青年アラジン。
市場へ繰り出しては盗みを働いていた
彼は、ある日、変装した王女ジャスミンと
出会う。アラジンは侍女のふりをした
ジャスミンと心を通わせるが、アブーが
彼女の母の形見である腕輪を
盗んだことで幻滅されてしまう。
アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、
ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に
捕らえられる。国務大臣のジャファーは、
ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、
チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に
入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。
アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、
岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、
ランプを取ることに成功するが、
アブーが「ランプ以外の財宝に触っては
いけない」という掟を破って宝石に触れた
ことで、洞窟に閉じ込められてしまう。
途方に暮れたアラジンだったが、
絨毯の指示でランプをこすったところ、
ランプの中から魔人ジーニーが出現。
ジーニーはランプをこすりながら願い事を
言えば3つかなえると言う。アラジンは
ジーニーの目をごまかして願い事を言った
ふりをして魔法を使わせて洞窟から脱出すると、
1つめの願いで架空の国「アバブワ」の
王子・アリとして名前と服装を変え、
ジャスミンのもとへと向かう。
そして試練が待ち構えている。

よく知ったアラジンを実写映画化し
インド風の音楽でミュージカル映画しました。
さすがディズニー映画です。
最初から最後まで音楽も映像もストーリーも
楽しみ満載で飽きません。

ディズニー映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月22日

映画「チア男子!!」

10月15日(火)、映画「チア男子!!」を
レンタルDVDで見ました。

原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
監督:風間太樹
脚本:登米裕一
音楽:野崎良太 & Musilogue
主題歌:阿部真央「君の唄(キミノウタ)」(PONY CANYON)
出演
坂東 晴希(ばんどう はるき):横浜流星
橋本 一馬(はしもと かずま):中尾暢樹
溝口 渉(みぞぐち わたる):浅香航大
徳川 翔(とくがわ しょう):瀬戸利樹
遠野 浩司(とおの こうじ):小平大智
鈴木 総一郎(すずき そういちろう):菅原健
長谷川 弦(はせがわ げん):岩谷翔吾
高城 さつき(たかぎ さつき):伊藤歩
坂東 晴子(ばんどう はるこ):清水くるみ
高城 さくら(たかぎ さくら):唐田えりか
チア男子!!
ストーリー
柔道一家に生まれながら、やさしすぎる性格から
強くなれずにいた晴希は、試合で肩を負傷してしまう。
晴希が柔道を続けるべきか迷っていると、
柔道仲間で無二の親友である一馬が
「やりたいことがある」と、突然柔道を
やめると宣言する。一馬が晴希と一緒に
やりたいこと、それは男子チアリーディング部の
創設だった。些細なことから大ケガに
つながってしまうため「仲間を信頼すること」
というチアの基本を守りながら、男子チア部
「BREAKERS」は練習に打ち込んでいた。
仲間を集め練習に励むうちにチアの楽しさに
目覚め、学園祭での初舞台も決まる。しかし、
メンバー間の歯車が徐々におかしくなり、
やがて決定的ともいえる亀裂を生んでしまう。
学園祭での初舞台はどうなってしまうのか?

原作が良いのでストーリーが分かりやすく
やりたいことに打ち込む青春物語。
共感できることが多くなり、楽しく見られました。
娯楽として楽しく見られる映画は、
私好みです。

一生懸命打ち込む青春物語が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月12日

映画「アリータバトルエンジェル」

10月4日(金)、映画「アリータバトルエンジェル」を
レンタルDVDで見ました。
監督:ロバート・ロドリゲス
製作:ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー
製作総指揮:デビッド・バルデス
原作:木城ゆきと
脚本:ジェームズ・キャメロン レータ・カログリディス ロバート・ロドリゲス
撮影:ビル・ポープ
編集:スティーブン・リフキン アイアン・シルバースタイン
音楽:トム・ホルケンボルフ
主題歌:デュア・リパ
キャスト
アリータ: ローサ・サラザール、日本語吹替 - 上白石萌音
ダイソン・イド: クリストフ・ヴァルツ、日本語吹替 - 森川智之
チレン: ジェニファー・コネリー、日本語吹替 - 山像かおり
ベクター: マハーシャラ・アリ、日本語吹替 - 鶴岡聡
ザパン:エド・スクライン、日本語吹替 - 神谷浩史
グリュシカ: ジャッキー・アール・ヘイリー、日本語吹替 - 木村雅史
ヒューゴ: キーアン・ジョンソン、日本語吹替 - 島﨑信長
タンジ: ジョージ・レンデボーグ・Jr、日本語吹替 - 榎木淳弥
コヨミ: ラナ・コンドル、日本語吹替 - 村中知
ガーハード: アイダラ・ヴィクター、日本語吹替 - 中村千絵
マクティーグ: ジェフ・フェイヒー、日本語吹替 - 魚建
ニシアナ: エイザ・ゴンザレス、日本語吹替 - 志田有彩
ロモ: デレク・ミアーズ、日本語吹替 - 佐藤せつじ
キヌバ: レナード・ウー、日本語吹替 - 櫻井トオル
マスター・クライヴ・リー: リック・ユーン、日本語吹替 - 藤翔平
モーターボール・アナウンサー:声 - ジェフ・ボトムズ、日本語吹替 - 古舘伊知郎

ストーリー
地球と火星連邦共和国の間で
繰り広げられた没落戦争から300年。
地球最後の空中都市ザレムと、
ザレムから排出された廃棄物が積み上がる
地上のクズ鉄町アイアンシティに
世界は分断されていた。クズ鉄町に暮らす
サイバネ医師のイドは、ある日クズ鉄の山から
300年前の少女サイボーグの頭部を発見する。
修復された彼女は過去の記憶を失っており、
イドによってアリータと名付けられ、
イドのもとで暮らすようになる。
イドの手伝いをする少年ヒューゴに連れられて町を見て回り、
チョコレートやモーターボールに興味を持つアリータだが、
毎晩密かに出かけるイドが隠し事をしているのが
気にかかって尾行したことで、イドが犯罪者を
殺して治安を守る賞金稼ぎハンター・ウォリアーで
あることを知る。そしてイドを襲った賞金首グリュシカ
に立ち向かったその時、アリータは自分の中に
恐るべき格闘術パンツァークンストと、
かつて月面で戦った兵士としての記憶があることに気づく。

クズ鉄町で流行するモーターボールのオーナーの
ベクターは、レースのオッズを操作するため
最強のモーターボーラーを製造しようと目論んでいた。
ベクターの計画から逸脱したモーターボーラーを
密かに排除し、また天空都市ザレムの求める人体サンプルを
供給するため、連続殺人を行う手駒となっていたのが
グリュシカだった。グリュシカの報告によってアリータが
未知の技術で作られたサイボーグだと知ったベクターは、
アリータのボディを手に入れようと暗躍を始める。
イドの妻チレンも、故郷ザレムに帰るために
ベクターと手を結ぶ。そしてザレムに行く金を貯めるため、
ヒューゴもまたベクターの下でパーツ強盗を繰り返していた。

ヒューゴに導かれてURMの墜落した宇宙戦闘艇を
調べたアリータは、格納されていたサイボーグボディ
バーサーカーを発見したことで自分がかつて
戦士だったという確信を深める。しかしアリータを、
モーターボーラーによって殺された実の娘と重ねて
見ていたイドは、アリータが戦うことを決して許さない。
イドに反発したアリータは、こっそりと
ハンター・ウォリアーの登録を済ませ、
ヒューゴと共にBARカンザスを訪れる。
そこはハンター・ウォリアーの溜まり場で、
共にグリュシカと戦ってくれる仲間を求めたのだ。
しかし、ダマスカスブレード使いのザパンや
白熱掌のマスター・クライヴ・リー、犬使いマクティーグ
といった歴戦のハンターたちは取り合わず、
ザパンの挑発にアリータが乗ったことをきっかけに
大乱闘が始まってしまう。そして慌てて駆けつけた
イドの眼の前で、乱入してきたグリュシカを追って
アリータはクズ鉄町の地下へと飛び込んでしまう。
他の選手から強奪したグラインドカッターで
武装したグリュシカを前に、アリータは手も足も出ず
切り刻まれ、イド、ヒューゴ、そしてマクティーグの
援護によって辛うじて一命を取り留める。
そしてアリータの無残な姿を目の当たりにしたイドは、
彼女に新たなボディとしてバーサーカーを与えることを決意する。

バーサーカーボディを手に入れたアリータは、
グリュシカへの再戦に備える一方、ヒューゴとの
交流を重ねてどんどん彼に心惹かれていく自分に気づく。
やがてヒューゴがザレムに行くため、がむしゃらに
貯金をしていると知ったアリータは、彼と共に
ザレムに行く資金を手に入れようと、モーターボールの
トライアルテストに挑むことを決意する。
しかしそれは、アリータのボディを狙うベクターの
仕掛けた罠だった。そして一方では、アリータを
逆恨みするザパンの魔の手が、ヒューゴへと
伸びつつあった。窮地に陥ったアリータは、
ヒューゴを救うために走り出す。
さて、その結末やいかに。

実写なのかCGなのか分からないが、
素晴らしい映像と痛快なお話しに引き込まれます。
アリータの正義感につい、応援したくなります。
ストーリーが分かりやすく、感情移入しやすいのも良いです。
最後は、次回作もあるかなと思わせぶりです。

素晴らしい映像の映画を見たいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月11日

映画「翔んで埼玉」

10月3日(木)、映画「翔んで埼玉」を
レンタルDVDで見ました。
監督:武内英樹(千葉県出身)
原作:魔夜峰央(新潟県出身)「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)
脚本:徳永友一(神奈川県出身)
音楽:Face 2 fAKE(Achilles Damigosギリシャ出身 実家埼玉県、Oh!Be千葉県出身)
主題歌:はなわ(埼玉県出生・佐賀県育ち)「埼玉県のうた」(ビクターエンタテインメント)
挿入歌:さいたまんぞう「なぜか埼玉」
キャスト
伝説パート
壇ノ浦百美:二階堂ふみ(沖縄県出身)
麻実麗:GACKT(沖縄県出身)
阿久津翔:伊勢谷友介(東京都出身)
壇ノ浦建造:中尾彬(千葉県出身)
壇ノ浦恵子:武田久美子(東京都出身)
埼玉デューク:京本政樹(大阪府出身)
西園寺宗十郎:麿赤兒(奈良県出身)
おかよ:益若つばさ(埼玉県出身)
下川信男:加藤諒(静岡県出身)
埼玉県人の青年:間宮祥太朗(神奈川県出身)
神奈川県知事:竹中直人(神奈川県出身)
山田昌子:宮澤竹美
東郷修:鈴木勝大
岩村智史:福山翔大
浜野さざえ:小沢真珠
浜野あわび:中原翔子
A組女子:高月彩良・秋月三佳・田中明・搗宮姫奈
浦和支部長:勝矢
与野支部長:水野智則
東松山支部長:江戸川じゅん兵
草加支部長:竹森千人
深谷支部長:廻飛呂男
川口支部長:沖田裕樹
新座支部長:市川刺身(そいつどいつ)
上尾支部長:佐野泰臣
熊谷支部長:西岡ゆん
川越支部長:川口直人
ふなっしー(千葉県出身)
ふっかちゃん(埼玉県出身)
チーバくん(千葉県出身)
現代パート
菅原好海:ブラザートム(埼玉県出身)
菅原真紀:麻生久美子(千葉県出身)
菅原愛海:島崎遥香(埼玉県出身)
五十嵐春翔:成田凌(友情出演)(埼玉県出身)
Special Thanks(写真出演)
YOSHIKI(千葉県出身)
高見沢俊彦(埼玉県出身)
真木よう子(千葉県出身)
桐谷美玲(千葉県出身)
反町隆史(埼玉県出身)
竹野内豊(東京都出身・埼玉県育ち)
小倉優子(千葉県出身)
小島よしお(沖縄県出身・千葉県育ち)
市原悦子(千葉県出身)
阿久津学 / エンペラー千葉:JAGUAR(千葉県出身)
翔んで埼玉
ストーリー
夏のある日、埼玉県熊谷市に住む菅原家の一家は、
娘の愛海の結納のため、父の運転する車で
東京都内に向かっていた。結婚を機に、
東京都民になりたいと愛海がはしゃいでいると、
カーラジオのNACK5で、都市伝説を題材にした
ラジオドラマが始まった。
それは「埼玉解放の伝説の人物・麻実麗」の物語。
19XX年、東京では埼玉への迫害が続いていた。
埼玉県人は通行手形なしでは都内に入ることもできず、
過度に虐げられた生活を余儀なくされている。
代々東京都知事を生み出してきた超名門校・白鵬堂学院に、
海外から麻実麗という美少年が転校してきた。
差別を受けるZ組の生徒をなぜか庇い立てする麗に
不快感を抱く生徒会長・壇ノ浦百美は、
全校生徒の前で東京各地の空気の匂いを
当てさせるという無理難題を吹っかけて
麗に恥をかかせようとするが、麗はそれを見事クリア。
逆に百美は麗に心惹かれるようになってゆく。
しかしある日、麗が実は埼玉県人だと発覚してしまう。
埼玉に対する激しい拒絶反応に苦しみながらも、
愛する麗と共に逃避行を続ける百美。
そしてこの騒動の陰では、埼玉より先に
通行手形制度の撤廃を狙う「千葉解放戦線」が
蠢いており、やがて事態は埼玉対千葉の
全面戦争へと発展してゆく。
埼玉解放戦線、千葉解放戦線は流山橋付近の
江戸川を挟んで対峙するが、実は百美が赤城山で
歴代の東京都知事が不正に蓄財した金塊を
発見したことなどにより事前に両解放戦線の
共闘が成立しており、両解放戦線が東京都内に
攻め込むとともに百美が不正蓄財を暴露した
ことにより壇ノ浦建造は失脚する。
百美と麗は埼玉デュークが計画していた
これといった特色のない埼玉の文化を秘密裏に
日本全国に広める「日本埼玉化計画」を開始する。
愛海の婚約者は結納を行う会場に向かう自動車で
同じラジオドラマを聞いていて埼玉愛に目覚め、
都内ではなく春日部に新居を構えることを決意する。

漫画らしいばかばかしいお話しだが、
埼玉愛、千葉愛、にあふれ、分かりやすく
面白い。
こんな単純に感動できる話だからこそ面白い。
出演者も楽しんでいるように見え、とても共感できる。
ヒットしたのも頷ける。

郷土愛にあふれた映画を支持するなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月 9日

映画「七つの会議」

10月1日(火)、映画「七つの会議」を
レンタルDVDで見ました。
監督 福澤克雄
原作 池井戸潤
脚本 丑尾健太郎 、 李正美
音楽 服部隆之
主題歌 ボブ・ディラン
キャスト
八角民夫 野村萬斎
北川誠 香川照之
原島万二 及川光博
坂戸宣彦 片岡愛之助
三沢逸郎 音尾琢真
新田雄介 藤森慎吾
浜本優衣 朝倉あき
佐野健一郎 岡田浩暉
田部 木下ほうか
淑子 吉田羊
三沢奈々子 土屋太鳳
奈倉翔平 小泉孝太郎
星野 溝端淳平
飯山孝実 春風亭昇太
江木恒彦 立川談春
加茂田久司 勝村政信
村西京助 世良公則
梨田元就 鹿賀丈史
宮野和広 橋爪功
徳山郁夫 北大路欣也
七つの会議
ストーリーは、
中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の
八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。
トップセールスマンで、八角の年下である課長の
坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、
営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、
部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした
毎日を送っていた。そんなある日、社内で
パワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。
坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた
原島が新しい課長として一課に着任するが、
そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

さすが池井戸潤作品。
練られた筋は、面白さ満点で、
役者も揃って言うこと無し。
ただ映画では短すぎた感じは否めません。

池井戸潤作品が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月14日

映画「こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話」

9月6日(金)、映画「こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話」を
レンタルDVDで見ました。
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
主題歌:ポルノグラフィティ「フラワー」(SMEレコーズ)
製作代表:大角正、今村司
エグゼクティブ・プロデューサー:吉田繁暁、伊藤響
キャスト
鹿野靖明:大泉洋
安堂美咲:高畑充希
田中久:三浦春馬
高村大助:萩原聖人
前木貴子:渡辺真起子
塚田心平:宇野祥平
泉芳恵:韓英恵
鹿野清:竜雷太
鹿野光枝:綾戸智恵
田中猛:佐藤浩市
野原博子:原田美枝子
こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話
あらすじ
札幌で暮らす鹿野靖明(大泉洋)は
幼少から難病の筋ジストロフィーを患い、
車いす生活。体で動かせるのは首と手だけで、
介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、
ボランティアたちと自立生活を送っていた。
夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出す
ワガママな彼に、医大生ボラの田中(三浦春馬)は
振り回される日々。しかも恋人の美咲(高畑充希)に
一目ぼれした鹿野から、
代わりに愛の告白まで頼まれる始末!
最初は面食らう美咲だが、
鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、
自分に素直になること、夢を追うことの
大切さを知っていく。そんなある日、
鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう。

え、こんなわがままな人の介護、出来ないと思うが、
人間はみんなわがままだと思う。
身体が動く人は、出来ることが多いだけ。
身体が動かない人は、手伝ってもらうしか無い。
将来のことを考えると、家族で無く、
他の人に手伝ってもらうのが良い。
ボランティアに頼るのは、難しいと思うが、
ボランティアに好かれる人であれば、
協力者も多くなる。
いろいろ考えさせられた映画です。
大泉洋さんと高畑充希さんの演技が良かった。


介護のボランティアをしたことあるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月12日

映画「フォルトゥナの瞳」

9月5日(木)、映画「フォルトゥナの瞳」を
レンタルDVDで見ました。
原作:百田尚樹『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)
監督:三木孝浩
脚本:坂口理子、三木孝浩
音楽:林ゆうき
主題歌・挿入歌:ONE OK ROCK「In the Stars(feat. Kiiara)」
製作:市川南
キャスト
木山慎一郎: 神木隆之介
桐生葵: 有村架純
金田大輝: 志尊淳
宇津井和幸: DAIGO
植松真理子: 松井愛莉
黒川武雄: 北村有起哉
遠藤美津子: 斉藤由貴
遠藤哲也: 時任三郎
フォルトゥナの瞳
あらすじ
幼少期に飛行機事故で家族を失い、
友人も恋人もなく仕事にのみ生きてきた木山慎一郎。
しかし、慎一郎が「死を目前にした人間が透けて見える能力」
=「フォルトゥナの瞳」を持っていることに
気づいてしまったことから、生活が一変。
なぜこのような力を持ってしまったのかを
自問自答する苦悩の日々が続く。
そんな日々の中で慎一郎は桐生葵という女性に出会い、
互いに惹かれあった2人は幸せな日々を過ごす。
慎一郎の孤独な人生に彩りを与えてくれた葵という存在。
しかし、葵の身体が突然透け始めてしまう。
葵を助けるために行動を起こす。
それが自分の命を縮めることと知りながら。

この映画を見ながら、落語「死神」の事を思い出していた。
うーん、死神だなあと思った。


映画の中に浸れるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月11日

映画「マスカレード・ホテル」

9月4日(水)、映画「マスカレード・ホテル」を
レンタルDVDで見ました。

原作:東野圭吾『マスカレード・ホテル』(集英社文庫刊)
監督:鈴木雅之
脚本:岡田道尚
音楽:佐藤直紀
製作:石原隆、木下暢起、藤島ジュリーK.、市川南
キャスト
新田浩介:木村拓哉
山岸尚美:長澤まさみ
能勢:小日向文世
本宮:梶原善
関根:泉澤祐希
久我:東根作寿英
川本:石川恋
綾部貴彦:濱田岳
高山佳子:前田敦子
大野浩一:笹野高史
古橋:髙嶋政宏
安野絵里子:菜々緒
栗原健治:生瀬勝久
館林:宇梶剛士
森川寛子:橋本マナミ
片桐瑶子 / 長倉麻貴:松たか子
大竹:明石家さんま(友情出演)
田倉:鶴見辰吾
尾崎:篠井英介
藤木:石橋凌
稲垣:渡部篤郎
政治評論家:田口浩正
女装した男:勝地涼
マスカレード・ホテル
あらすじ
東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。
数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができる帰国子女であることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。
立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。

なかなか難しい推理ドラマでした。
展開が早くて、話も難しく、
ついていけないところ多数ありましたが、
最後は、まとまりのある話になり、
さすが東野圭吾さんの原作と納得しました。
小日向さん、好きですね。
絡みが少ないのに勝地涼さんと
前田敦子さんの結婚には、ビックリしました。


映画好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月10日

映画「愛唄-約束のナクヒト-」

9月3日(火)、映画「愛唄-約束のナクヒト-」を
レンタルDVDで見ました。
監督:川村泰祐
脚本:GReeeeN、清水匡
音楽:GReeeeN
主題歌:GReeeeN「約束×No title」(ユニバーサル ミュージック)
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
キャスト
野宮透(のみや とおる):横浜流星
伊藤凪(いとう なぎ):清原果耶
坂本龍也(さかもと たつや):飯島寛騎
小池妙子(こいけ たえこ):中村ゆり
副島浩一(そえじま こういち):野間口徹
相川比呂乃(あいかわ ひろの):成海璃子
橋野冴子(はしの さえこ):中山美穂(特別出演)
タコス屋オーナー:奥野瑛太
伊藤佐和(いとう さわ):富田靖子
野宮美智子(のみや みちこ):財前直見
2017年に公開された「キセキ -あの日のソビト-」に続く、
GReeeeの映画プロジェクト第2弾。
脚本と音楽全般を担当したGReeeeNのメンバーが
実際に体験した出来事が基となっている。
愛唄-約束のナクヒト-
あらすじは、
ごく平凡な若手サラリーマン透は、ある日、
自分が病に侵され残り3か月の命であることを突き付けられます。
思い余ってビルの屋上から身を投げようとしたとき、
チャラい風貌の男が突然声をかけてきます。
高校時代の同窓生龍也でした。
龍也に事情をぶつけると、透のスマホの
カウントダウンアプリを起動させ、
残り時間は短いかもしれないけれど、
今はまだ生きていると言います。
夜の帰り道、伊藤凪という少女が書いた詩集が縁で、
元子役の相川比呂乃と出会い、
初めての恋かもしれない感情を透は抱き始めます。
比呂乃はとの出会いは、透の人生に輝きを与えますが、
比呂乃は元の演技の道へ進むべきだと思い、
透は身を引きます。
恋愛未満で終わったものの、透の人生に予期せぬ
イベントが起きたことを見ていた龍也は、
最後まで生きる抜けと励まします。
ある日、透は一人の少女と出会います。
その少女こそ、死んだはずの詩人伊藤凪でした。
透は、運命の少女凪の言葉に生きる意味を教えられる
のですが、凪も余命が長くありませんでした。
それでも今を懸命に生きる二人の姿が描かれた映画です。

この展開だと、どちらかが助かったりするのでしょうが、
現実的に死を迎える物語です。
生きるとはどんな事か考えさせられる映画でした。

今を懸命に生きているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年8月16日

映画「愛唄」

8月8日(木)、映画「愛唄」をレンタルDVDで見ました。
監督:川村泰祐
脚本:GReeeeN 清水匡
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
キャスト
横浜流星:野宮透
清原果耶:伊藤凪
飯島寛騎:坂本龍也
中村ゆり:小池妙子
野間口徹:副島浩一
成海璃子:相川比呂乃
中山美穂:橋野冴子
清水葉月
二階堂智
渡部秀
西銘駿:マサオ
奥野瑛太:タコス屋の店長
富田靖子:伊藤佐和
財前直見:野宮美智子
愛唄
内容は、
「キセキ あの日のソビト」に続くGReeeeN楽曲
映画化プロジェクト第2弾で、名曲「愛唄」を
モチーフに送る青春ラブストーリー。
「GReeeeN」自ら脚本に参加し、
彼らの実話エピソードをもとにした
オリジナルストーリー。
恋する勇気を持てないまま大人になってしまった
トオルは、元バンドマンの旧友龍也との再会や、
運命を変える詩との偶然の出会いを通し、
全力で恋と向き合う勇気を得る。
ようやく巡り会えた運命の少女凪の言葉に
生きる意味を教えられるトオルだったが、
凪にはある秘密があった。

良くある病と戦いながら出会い、恋が繰り広げられるドラマ。
ただ空想的な話ではなく、
現実的な話で共感できる。

運命と闘うことがあるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年8月15日

映画「ダンボ」

8月7日(水)、映画「ダンボ」をレンタルDVDで見ました。
監督:ティム・バートン
製作:ジャスティン・スプリンガー
    アーレン・クルーガー
    カッテルリ・フラウエンフェルダー
    デレク・フライ
製作総指揮:ティム・バートン
       ナイジェル・ゴステロウ
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:ベン・デイビス
美術:リック・ハインリクス
衣装:コリーン・アトウッド

キャスト
ホルト・ファリア:コリン・ファレル
V・A・ヴァンデバー:マイケル・キートン
マックス・メディチ:ダニー・デビート
コレット・マーチャント:エバ・グリーン
J・グリフィン・レミントン:アラン・アーキン
ミリー・ファリア:ニコ・パーカー
ジョー・ファリア:フィンリー・ホビンス
:ジョセフ・ギャット
:デオビア・オパレイ
:シャロン・ルーニー
:マイケル・バッファー
:ラース・アイディンガー
ダンボ
ストーリーは、
1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」を、
実写化したファンタジーアドベンチャー。
サーカス団に飼われ、大きな耳を使って
空を飛ぶことができる小さなゾウの子ども
ダンボが、引き離された母親を助けるため、
サーカス団の家族の力を借りて
新たな一歩を踏み出す姿を描いている。
ティムバートンの美しい世界観が
随所に有り、それだけでも楽しい映画で、
一番の魅力は、ダンボの愛くるしい様子。
うるうるな可愛らしい瞳で見つめられたら
抱きしめたくなります。

ダンボに癒されたいなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月22日

映画「夢は牛のお医者さん」

7月15日(月・祝)、上越市立三郷小学校
映画「夢は牛のお医者さん」の上映会+
主人公丸山知美さんの講演会
があり
見に行ってきました。
上越市立三郷小学校

あらすじ
1987年──新潟県松代町莇平地区、
山あいにある小さな小学校に3頭の子牛が入学した。
当時、小学3年生だった少女が
牛の世話をするなかで抱いた夢が
「牛のお医者さん」。
親しんだ牛との辛い別れを経て、
夢を追いかけるため、家族や周囲の支えられ、
13.5倍の難関大学へ挑戦し、獣医師になる。
ペットではない「家畜」のお医者さんとなった
かつての少女は、やがて母となり、
かけがえのない「いのち」と向き合いながら
今日も闘っている。
新潟ローカル放送から日本テレビ系列「ズームイン!!朝!」
「NNNドキュメント」の全国放送で大きな反響を得た番組の映画化。
映画「夢は牛のお医者さん」の上映会+主人公丸山知美さんの講演会
以前見た事があるので、内容は分かっているのに
大学受験の結果通知の場面では、目頭が熱くなりました。

映画鑑賞後の主人公丸山知美さんの講演会では、
映画の内容の補足説明があり、
家畜の獣医師として、頑張っている事が分かりました。
その後いろんな方が質問しました。
私は、質問しそびれてしまいましたが、
次回機会があったら、
「牛とのお別れの際に歌っていた歌を覚えているか?
あの歌は、だれが作ったのか?」を質問したいです。

感動のドキュメンタリー映画を知っているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月19日

映画「TAXi ダイヤモンド・ミッション」

7月13日(土)、映画「TAXi ダイヤモンド・ミッション」を
レンタルDVDで見ました。
監督:フランク・ガスタンビド
製作:リュック・ベッソン
   ミッシェル・ペタン
   ロラン・ペタン
脚本:リュック・ベッソン
   フランク・ガスタンビド
   ステファーヌ・カザンジャン
撮影:バンサン・リシャール
衣装:クレール・ラカーズ
編集:ジュリアン・レイ
キャスト
フランク・ガスタンビド:シルヴァン・マロ
マリク・ベンタルハ:エディ・マクルー
ベルナール・ファルシー:ジベール市長
サブリナ・ウアザニ:サミア
エドゥアルド・モントート:アラン
ムッシュ・プルベ:メナール
アヌアル・トゥバリ:ミシェル
リオネル・ラジェ:レジス
シシ・デュバルク:サンドリーヌ
サンド・バン・ロイ:サンディ
ロマン・ランクリー:ビション副市長
サルバトーレ・エスポジート:トニードッグ
ファブリツィオ・ネボラ:ロッコ
ルドゥアン・ブゲラバ:マルコ
イシェム・ブゲラバ:イシェム
ラムジー・ベディア
TAXi ダイヤモンド・ミッション
あらすじ
最高のドライビングテクニックを持ちながら、
問題だらけの警官マロはパリ警察から
地方都市マルセイユへ左遷されてしまう。
赴任先のマルセイユ警察は、フェラーリなどの
高級車を使ったイタリアの宝石強盗団に頭を悩ませていた。
強盗団に対抗するため、時速300キロ超えの
伝説のタクシー・プジョー407を手に入れようとする
マロは、タクシーの持ち主ダニエルの甥で、
間抜けなタクシー運転手エディとタッグを組むはめに。
そんな中、世界最大級のダイヤモンド「カシオペア」が
5日後に到着するという知らせが入る。
強盗団は用意周到な完璧な作戦で
ダイヤモンドを盗み出そうとしていた。

分かりやすく、笑えて気楽に見られる映画です。
マルセイユの美しい景色と明るい絵柄がとても素敵です。
単純明快で、笑える映画が好きです。

分かりやすいが好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月18日

映画「ウスケボーイズ」

7月12日(金)、映画「ウスケボーイズ」を
レンタルDVDで見ました。
監督:柿崎ゆうじ
原作:河合香織
脚本:中村雅
エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ
プロデューサー:古谷謙一
        前田茂司
キャスト
渡辺大:岡村
出合正幸:城山
内野謙太:高山
竹島由夏:上村
金子昇
寿大聡:伊藤
須田邦裕
上野なつひ
升毅
萩尾みどり
清水章吾
岩本多代
柴俊夫
田島令子
小田島渚
大鶴義丹
柳憂怜
伊吹剛
和泉元彌:ソムリエ
伊藤つかさ:麻井沙織
安達祐実:稲田美樹
橋爪功:麻井宇介
ウスケボーイズ
日本のワインを世界レベルにまで引き上げた
ワインコンサルタント・麻井宇介の思想を
受け継いだ若者たちの姿を描き、
第16回小学館ノンフィクション大賞を受賞した
河合香織の「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」
を映画化。
ワインを楽しみながら、そのうんちくを語り合っていた
岡村ら「ワイン友の会」のメンバーは、
フランスと日本のワインでブラインドの
テイスティング会を開催する。
日本のぶどうで作られたワインがフランスワインより
おいしいはずがないという先入観で岡村たちは
テイスティングに臨むが、彼らの予想は外れてしまう。
そこで岡村たちは麻井宇介が生んだ
ワイン「桔梗ヶ原メルロー」の存在を知り、
常識を覆すワイン作りに没頭していく。
だが、そんなに簡単には、美味しいワインは造れない。
苦労の末、美味しい日本ワインを造れるようになる。

映画の中で麻井宇介さんの言葉からワイン造りが想像できます。
「問題は『人』である。気候や土壌の問題ではない」
「ワインを知るにはワインだけじゃダメ」
「まずは志において彼らと同じ場所に立つ」
「みんなで失敗を共有してやっていかなければ、時間が無駄になってしまう」

飲んでみたい日本ワインがたくさん出来ました。
一つ一つ飲んでみたいと思います。

日本ワインを好んで飲むなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月 4日

映画「女王陛下のお気に入り」

6月26日(水)、映画「女王陛下のお気に入り」を
レンタルDVDで見ました。
監督:ヨルゴス・ランティモス
製作:セシ・デンプシー
   エド・ギニー
   リー・マジデイ
   ヨルゴス・ランティモス
脚本:デボラ・デイビス
   トニー・マクナマラ
撮影:ロビー・ライアン
美術:フィオナ・クロンビー
衣装:サンディ・パウエル
編集:ヨルゴス・モブロプサリディス
キャスト
オリビア・コールマン:アン女王
エマ・ストーン:アビゲイル・ヒル
レイチェル・ワイズ:レディ・サラ(サラ・チャーチル)
ニコラス・ホルト:ロバート・ハーリー
ジョー・アルウィン:サミュエル・マシャム
ジェームズ・スミス:ゴドルフィン
マーク・ゲイティス:モールバラ卿(ジョン・チャーチル)
ジェニー・レインスフォード:メイ
受賞歴
2018年・第75回ベネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞
    オリビア・コールマン女優賞受賞。
第91回アカデミー賞、作品賞を含む9部門10ノミネート
    オリビア・コールマン主演女優賞受賞。
女王陛下のお気に入り
ストーリー
18世紀初頭、英国はスペイン継承戦争で
フランス王国との戦争の渦中にあった。
アン女王は健康状態が思わしくなく、
親友である側近のマールバラ公爵夫人サラを
公私にわたって頼っていた。
そんな中、没落貴族の娘アビゲイル・メイシャムは
サラの縁故を頼って宮廷へ上がり、女中となる。
ある夜、女王は痛風の症状に苦しんで錯乱していた。
アビゲイルは、薬草を摘み、サラに無断で女王の足に塗った。
女王は足の痛みが良くなったとつぶやくと、
サラはアビゲイルへの処罰を撤回して女官に格上げする。
女王の寝室には、偶然アビゲイルがおり、
彼女は女王とサラが同性愛関係であることを目撃してしまう。
サラの専横的な姿勢が目立ってきたため、
女王は徐々にサラを疎ましく思うようになった。
ある夜、アビゲイルは女王の『足を揉む』際、
同性愛関係となり、サラはそれを目撃したが
無言で立ち去る。
翌日、女王はアビゲイルが『口でしてくれた』ことも理由に、
寝室付の女官に任命していた。
サラとアビゲイルの間で女王の寵愛をめぐる激しい闘争が始まった。
ついに、アビゲイルはサラの紅茶に毒を盛る。
大奥のような女の争いが続く。

何と言っても映像が綺麗だ。
広角レンズでの映像は、臨場感あふれ、
衣装やセットがすごいので絵画を見ているようだ。
女の争いを感情豊かな演技者が
より一層映像にすごみを与えています。
最後は、結末の無い終わり方でしたが、
引き込まれる映画でした。


映像美を見たいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月 3日

映画「運び屋」

6月25日(火)、映画「運び屋」を
レンタルDVDで見ました。
監督クリント・イーストウッド
製作クリント・イーストウッド
  ティム・ムーア
  クリスティーナ・リベラ
  ジェシカ・マイヤー
  ダン・フリードキン
  ブラッドリー・トーマス
製作総指揮アーロン・L・ギルバート
原案サム・ドルニック
脚本ニック・シェンク
撮影イブ・ベランジェ
美術ケビン・イシオカ
キャスト
クリント・イーストウッド:アール・ストーン
ブラッドリー・クーパー:コリン・ベイツ捜査官
ローレンス・フィッシュ:バーン主任特別捜査官
マイケル・ペーニャ:トレビノ捜査官
ダイアン・ウィースト:メアリー
アンディ・ガルシア:ラトン
イグナシオ・セリッチオ:フリオ
アリソン・イーストウッド:アイリス
タイッサ・ファーミガ:ジェニー
ユージン・コルデロ:ルイス・ロカ
ローレン・ディーン:ブラウン捜査官
運び屋
原案は「ニューヨーク・タイムズ」のサム・ドルニックの記事
「The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule」
事実に基づいて作られた映画です。
あらすじ
家族をないがしろに仕事一筋で生きてきた
アール・ストーンだったが、いまは金もなく、
孤独な90歳の老人になっていた。
商売に失敗して自宅も差し押さえられて
途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいい
という仕事を持ちかけられたアールは、
簡単な仕事だと思って依頼を引き受けたが、
実はその仕事は、メキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だった。
麻薬取締局のコリン・ベイツに追われながらも、
家族との壊れた関係を修復しようとして
妻の看病に駆けつける。

クリントイーストウッドらしい
ヒューマニティあふれる映画です。
少しのユーモアと人生の苦悩が描かれています。

どんなふうに生きたいか時々考えるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月27日

映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~」

6月19日(水)、映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~」を
レンタルDVDで見ました。
監督:児玉宜久
脚本:児玉宜久
   村川康敏
プロデューサー:河合広栄
撮影:岸本正人
照明:桑原伸也
録音:林昭一
美術:岡島はるか
編集:阿部裕生
音響効果:橋本正明
助監督:川口浩史
テーマ曲:植田薫
キャスト
横澤夏子:山咲いづみ
萩原みのり:藤本奈緒
山崎銀之丞:黒川鉄也
笹野高史:越智圭祐
松原智恵子:笠羽和子
緒形直人:山咲吉兵
辻本祐樹:南部信也
坂本三佳:酒井美由紀
安川まり:鰐淵聡美
古田耕子
かなで:アカネ

福井県のえちぜん鉄道を舞台にした鉄道映画で、
2度の鉄道事故(京福電気鉄道越前本線列車衝突事故)を
起こし2003年にえちぜん鉄道として再出発する
実話を元に同社のアテンダントとして
働く女性の人間ドラマが描かれている
原作は、えちぜん鉄道でアテンダントをしていた
嶋田郁美によるノンフィクション『ローカル線ガールズ』が
元になっており、この映画のプロデューサーを務めた
河合広栄の出身地である福井県勝山市が主な舞台となっている。
また、映画の製作資金には、勝山市が国の
「地方創生推進交付金」を活用して援助している。
あらすじ
「人を笑顔にしたい」という夢を抱き、
お笑いタレントを目指し福井から上京した山咲いづみ。
しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。
そんな心が折れそうな時、友人の結婚式で帰郷し、
披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智から
アテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。
血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で
居候を始めるが、いづみは自分が養女だという
心のわだかまりを抱き続けていて、
吉兵との関係はギクシャクしたまま。
職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く。
そんな中、列車内である出来事が起きる。
その時、いづみがとった行動は・・・
人生の行き先に迷ういづみは、
自分の居場所を見つけられるのか?
家族の絆は取り戻せるのか・・・?

内容は、分かりやすく単純。
横澤さんの演技も素人っぽい。
でもそこが私には、良かったりする。
とてもハートフルで福井を舞台にして
ローカル色いっぱいの映画は、私好みだった。


人の繋がりを描いた映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月18日

映画「アリー スター誕生」

6月10日(月)、映画「アリー スター誕生」を
レンタルDVDで見ました。
監督:ブラッドリー・クーパー
製作:ビル・ガーバー
ジョン・ピータース
ブラッドリー・クーパー
トッド・フィリップス
リネット・ハウエル・テイラー
製作総指揮:ラビ・メータ
ベイジル・イバニク
ニーハ・カイケンダール
スー・クロール
マイケル・ラピーノ
ヘザー・パリー
脚本:エリック・ロス
ウィル・フェッターズ
ブラッドリー・クーパー
キャスト
レディー・ガガ:アリー
ブラッドリー・クーパー:ジャクソン・メイン
アンドリュー・ダイス・クレイ:ロレンツォ
デイブ・チャペル:ジョージ・"ヌードルス"・ストーン
サム・エリオット:ボビー
アンソニー・ラモス:ラモン
ラフィ・ガブロン:レズ・ガヴロン
ルーカス・ネルソン:ギタリスト
昨年、映画館で見たにもかかわらずまたレンタルDVDで見ました。
2回見て、より素晴らしさが分かったような気がします。
アリー スター誕生
あらすじは、
音楽業界でスターになることを夢見ながらも、
自分に自信がなく、周囲からは容姿も
否定されるアリーは、小さなバーで
細々と歌いながら日々を過ごしていた。
そんな彼女はある日、世界的ロックスターの
ジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままで
ショービジネスの世界に飛び込んでいく。
そしてスターになっていく。
それとは、反対にジャクソンは、酒、ドラッグにおぼれ
落ちぶれていき、アリーの授賞式で失態をさらす。
そして悲劇が起こる。
第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネート
主題歌賞を受賞した。
第76回 ゴールデングローブ賞(2019)ノミネート

旧作品をより一層良くしたリメイク作品。
旧作品と比べて洗練されている。
話の内容は単純なのでリメイクしやすいと思う。
改めてレンタルDVDで本作を見て思ったのは、
レディガガの存在感がすごすぎる。
歌が良すぎる。
画面に出てきた時にすでにスターのオーラがあった。
ジャクソンの落ちぶれ加減が今一。
もっと、悲惨なほど落ちぶれた方が、映画的には見栄えがする。
素晴らしい歌満載で136分にまとめてあると思います。

レディガガの歌が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月12日

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

6月4日(火)、映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」をレンタルDVDで見ました。
監督:御法川修
原作:歌川たいじ
脚本:大谷洋介
主題歌:ゴスペラーズ
キャスト
太賀:タイジ
吉田羊:光子
森崎ウィン:キミツ
白石隼也:大将
秋月三佳:カナ
小山春朋:タイジ(幼少期)
斉藤陽一郎:タイジの父親
おかやまはじめ:婆ちゃんの弟
木野花:婆ちゃん
小説家・漫画家の歌川たいじによるコミックエッセイを映画化。
母さんがどんなに僕を嫌いでも
あらすじ
タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられた。
母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、
17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択した
タイジだったが、友人の言葉に動かされて
母ときちんと向き合う覚悟をする。
大人になってもタイジを拒絶する母。
そんな母からの愛を取り戻すため、
タイジは母に立ち向かっていく。

普通なら、こんなに強く生きられないと思う。
児童虐待、家庭内DVなど問題のある家庭は少なくない。
考えさせられることが多くあった。
誰かが救いの手をさしのべて、それに応じられる勇気があるなら、
人生が楽しく変わるかもしれない。

生きることの難しさ、大切さを知っているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月11日

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

6月3日(月)、映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」をレンタルDVDで見ました。
監督:大根仁
脚本:大根仁
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
企画:川村元気
プロデュース:川村元気
音楽:小室哲哉
キャスト
篠原涼子:奈美
広瀬すず:奈美(高校生時代)
小池栄子:裕子
ともさかりえ:心
渡辺直美:梅
池田エライザ:奈々
山本舞香:芹香(高校生時代)
野田美桜:裕子(高校生時代)
田辺桃子:心(高校生時代)
富田望生:梅(高校生時代)
三浦春馬:藤井渉
リリー・フランキー:中川
板谷由夏:芹香
新井浩文:新井
矢本悠馬:梅の兄
2011年に製作され、日本でもヒットした
韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を
リメイクした青春音楽映画。
SUNNY 強い気持ち・強い愛
あらすじ
かつて青春を謳歌した女子高校生の
仲良しグループ 「サニー」のメンバー6人は、
約22年の時を経て、それぞれ問題を抱える
大人になっていた。
何不自由ない生活を送っていた専業主婦の奈美は、
ある日、久しぶりにかつての親友芹香と
再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。
芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。
裕子、心、梅、そして奈々、 かつての仲間は無事、
芹香の前に再集結できるのか?
夢と刺激で溢れていた高校時代と、
かつての輝きを失った現在の 二つの時代が
交差して紡がれる物語が描かれています。

昔懐かしの音楽と共に青春時代を思い出す映画です。
最後は、なんとなくハッピーな気持ちになれます。

青春時代が素敵だったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月10日

映画「人魚の眠る家」

6月2日(日)、映画「人魚の眠る家」をレンタルDVDで見ました。
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾
脚本:篠崎絵里子
主題歌:絢香
キャスト
篠原涼子:播磨薫子
西島秀俊:播磨和昌
坂口健太郎:星野祐也
川栄李奈:川嶋真緒
山口紗弥:加美晴
田中哲司:進藤
斉木しげる
大倉孝二
駿河太郎
ミスターちん
遠藤雄弥
利重剛
稲垣来泉:播磨瑞穂
斎藤汰鷹:播磨生人
荒川梨杏:若葉
荒木飛羽
田中泯:播磨多津朗
松坂慶子:千鶴子

東野圭吾のベストセラーを映画化した作品。
人魚の眠る家
あらすじ
夫の浮気で別居状態にあった和昌と薫子の夫婦は、
娘の瑞穂の有名私立小学校の受験が終わったら
離婚するつもりでいた。
円満な関係をアピールするため、
面接試験の予行演習を待っていたある日、
薫子の母や妹たちとプールに行った瑞穂が
プールの排水溝の網に指を突っ込んで
抜けずに溺れてしまう。
和昌と薫子は病院に駆けつけるが、
集中治療室に運ばれた娘が脳死状態
であることを告げられ医師から
厳しい選択を迫られてしまう。
もう二度と目を覚まさない瑞穂の臓器を
提供するかどうか。
他人を思いやれる心優しい我が子を思い
2人は一度は臓器提供を決断するが、
最期の日、瑞穂の手がかすかに動くのを
薫子は目撃してしまう。
薫子は判断を覆し臓器提供を拒み、
そこから心臓は動き続けるが眠り続ける
瑞穂を家族の協力のもと介護しつづける。
和昌はIT系機器メーカーのハリマテクスを
経営しており、人工呼吸器を外し
人工知能呼吸コントロールシステムを
装着する手術を瑞穂に受けさせる。
さらに社員の協力で瑞穂の筋肉に電気信号を
流し手足が動かせるようになり筋肉量も維持していく。
そこから瑞穂の体調は良くなり、
普通の子がただ眠っているような
姿のまま成長していくが、脳死したはずの
瑞穂が動くことに気持ち悪がる人間もおり、
その偏見の目は瑞穂の弟・生人にまで及ぶ。
家族は薫子を思い今まで違和感を口に出せずにいたが、
瑞穂の死を受け入れなければならないと
考えるようになる。そして瑞穂の体調も急激に悪化し始める。

このような事に遭遇したら、どうすれば良いのか?
いろいろ考えさせられる映画です。
東野圭吾さんの小説の内容をコンパクトに上手くまとめた映画です。
家族とは何か?
生きるとは?
死とは?
死を受け入れるには、時間が必要だと思いました。

死について考えたことがあるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月31日

映画「食べる女」

5月24日(金)、映画「食べる女」をレンタルDVDで見ました。
監督:生野慈朗
企画:筒井ともみ
原作:筒井ともみ
脚本:筒井ともみ
プロデュース:筒井ともみ
       片岡公生
主題歌:Leola
キャスト
小泉今日子:餅月敦子
沢尻エリカ:小麦田圭子
前田敦子:白子多実子
広瀬アリス:本津あかり
山田優:茄子田珠美
壇蜜:米坂ツヤコ
シャーロット・ケイト・フォックス:豆乃・リサ・マチルダ
鈴木京香:鴨舌美冬
ユースケ・サンタマリア:タナベ
池内博之:豆乃修治
勝地涼:白石
小池徹平:友太
笠原秀幸:矢々田
間宮祥太朗:シノザキ
遠藤史也:哲太
RYO:米坂トキヲ
PANTA:お客さん
眞木蔵人:淳
小島聖:桃井はる
宇田琴音:桃井由有羅
鈴木優菜:米坂ミドリ
瀧福之助:米坂リュージ
食べる女
「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を
描いた筒井ともみの短編小説集
「食べる女 決定版」を映画化しました。
雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、
古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人。
料理をこよなく愛する彼女の家に
恋や人生に迷える女たちが夜な夜な集まってくる。
トン子を担当する編集者で男を寄せつけないドドこと小麦田圭子、
ドドの飲み仲間であるドラマ制作会社の白子多実子、
求められると断れない古着屋店員の本津あかり、
いけない魅力を振りまくごはんやの女将・鴨舌美冬など。
年齢も職業も価値観もバラバラな彼女たちを、
おいしい料理を作って迎え入れるトン子。
それぞれに悩みを抱え、恋をし、美味しいものを食べると
それぞれの気持ちも変わっていく。
美味しいものが出てくるだけで、見ている方も気持ちよくなる。
そして、それを美味しそうに食べる映像が
見る人にも幸福を与えてくれる。
食べるって幸せだと感じさせてくれる映画です。

美味しいものを食べると幸せになると思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月30日

映画「生きてるだけで、愛。」

5月23日(木)、映画「生きてるだけで、愛。」をレンタルDVDで見ました。
監督:関根光才
原作:本谷有希子
脚本:関根光才
製作:甲斐真樹
キャスト
趣里:寧子
菅田将暉:津奈木
田中哲司:村田
西田尚美:真紀
松重豊:磯山
石橋静河:美里
織田梨沙:莉奈
仲里依紗:安堂
生きてるだけで、愛。
映画の内容
 同棲して三年になる寧子と津奈木。
もともと精神に問題を抱えていた寧子は鬱状態に入り、
バイトも満足に続かない。おまけに過眠症のため、
家にいても家事ひとつするわけでなく、
敷きっぱなしの布団の上で寝てばかり。
姉との電話やメールでのやり取りだけが
世間との唯一のつながりだった。
 一方の津奈木も、文学に夢を抱いて
出版社に入ったものの、週刊誌の編集部で
ゴシップ記事の執筆に甘んじる日々。
仕事にやり甲斐を感じることもできず、
職場での人間関係にも期待しなくなっていた。
それでも毎日会社に通い、家から出ることも
ほとんどない寧子のためにお弁当を買って帰る。
 津奈木は寧子がどんなに理不尽な感情を
ぶつけても静かにやり過ごし、怒りもしなければ
喧嘩にすらならない。それは優しさであるかに
見えて、何事にも正面から向き合うことを
避けているような態度がむしろ寧子を
苛立たせるが、お互いに自分の思いを
言葉にして相手に伝える術は持っていなかった。
 ある日、いつものように寧子が一人で
寝ていると、部屋に安堂が訪ねてくる。
かつて津奈木とつき合っていた安堂は
彼に未練を残しており、寧子と別れさせて
彼を取り戻したいと言う。
まるで納得のいかない話ではあったが、
寧子が津奈木から離れても生きていけるように、
なぜか安堂は寧子の社会復帰と自立を
手助けすることになる。こうして寧子は
安堂の紹介で半ば強制的にカフェバーのバイトを始める。
そして、またいろいろな事件が起きる。

話の内容自体は、どうでも良い他人事であるが、
趣里さんの演技が尋常じゃ無い。
精神的に止んでいる寧子を神がかったように演じている。
その姿に愛おしささえ感じてしいます。


趣里さんに興味を頂いたなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月29日

映画「判決、ふたつの希望」

5月22日(水)、映画「判決、ふたつの希望」をレンタルDVDで見ました。
監督:ジアド・ドゥエイリ
脚本:ジアド・ドゥエイリ
   ジョエル・トゥーマ
撮影:トマソ・フィオリッリ
キャスト
アデル・カラム:トニー・ハンナ
カメル・エル・バシャ:ヤーセル・サラーメ
リタ・ハーエク:シリーン・ハンナ
クリスティーン・シュウェイリー:マナール・サラーメ
カミール・サラーメ:ワジュディー・ワハビー
ディアマンド・アブ・アブード:ナディーン・ワハビー
第90回アカデミー賞でレバノン映画として初めて外国語映画賞にノミネート。
第74回ベネチア国際映画祭で主演カエル・エル・バシャが最優秀男優賞を受賞。
判決、ふたつの希望
映画の内容は、
 レバノンの首都ベイルートの一角で
住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人の
現場監督ヤーセルと、キリスト教徒の
レバノン人男性トニーが、アパートの
バルコニーからの水漏れをめぐって争いを起こす。
このときヤーセルがふと漏らした悪態は
トニーの猛烈な怒りを買い、ヤーセルもまた
トニーのタブーに触れる 「ある一言」に
尊厳を深く傷つけられ、ふたりの対立は法廷へ持ち込まれる。
やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、
この裁判に飛びついたメディアが両陣営の
衝突を大々的に報じたことから裁判は
巨大な政治問題となる。水漏れをめぐるささいな口論が
レバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していった。

最初のいざこざも、トニーが悪いだけだと思うし、
タブーの一言も、良く分からない。
あまり面白みに無い映画に思えたのだが、
いざこざが本人達の意に反して大きくなっていく様が
その土地ならではなのか、人間的なのか興味深かった。
最後に張本人達は、心の中で和解したようだったので、
これもありかと思った。

世界の人々の考え方の違う所も理解するなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月28日

映画「パーフェクトワールド君といる奇跡」

5月21日(火)、映画「パーフェクトワールド君といる奇跡
をレンタルDVDで見ました。
監督:柴山健次
原作:有賀リエ
脚本:鹿目けい子
製作総指揮:大角正
エグゼクティブプロデューサー:吉田繁暁
         森広貴
         津嶋敬介
プロデューサー:古久保宏子
        西麻美
主題歌:E-girls
キャスト
岩田剛典:鮎川樹
杉咲花:川奈つぐみ
須賀健太:是枝洋貴
芦名星:長沢葵
マギー:渡辺剛
大政絢:雪村美姫
伊藤かずえ:川奈咲子
小市慢太郎:川奈元久
財前直見:鮎川文乃
有賀リエによる恋愛漫画「パーフェクトワールド」を、実写映画化。
パーフェクトワールド君といる奇跡
インテリアデザイン会社に就職した川奈つぐみは、
仕事先の飲み会で高校時代の先輩で初恋の人である
鮎川樹と偶然再会する。
建築士として活躍する樹との再会に
つぐみは心を躍らせるが、樹は事故で
車イスでの生活を余儀なくされる障がい者になっていた。
その姿を見たつぐみは樹との恋愛を無理だと悟るが、
昔と変わらないまっすぐな樹の姿に
かつての感情があふれだし、樹に惹かれていく。
樹もつぐみの素直でやさしい性格に惹かれていくが、
「自分は誰かを幸せにすることができない」
との思い込みから、女性と付き合うことをあきらめていた。
そんな樹の思いを知ったつぐみは、
樹との恋をあきらめようとするが
樹の具合が悪くなったと知ると、
いても立ってもいられなくなる。

現実は、これほど甘くは無いと思う。
大変な事がたくさんあるし、支えるのも容易ではない。
自分一人では、支えきれないだろう。
そこを割と簡単に考えている映画だが、
明るく考えなければ、困難はのりきれないと思った。


ポジティブに考え行動しているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月27日

映画「教誨師」

5月20日(月)、映画「教誨師」をレンタルDVDで見ました。

監督:佐向大
脚本:佐向大
エグゼクティブプロデューサー:大杉漣
       狩野洋平
       押田興将
キャスト
大杉漣:佐伯
玉置玲央:高宮
烏丸せつこ:野口
五頭岳夫:進藤
小川登:小川
古舘寛治:鈴木
光石研:吉田
2018年2月に急逝した大杉漣さん最後の主演作
初プロデュース作で、
6人の死刑囚と対話する教誨師を描いた人間ドラマ。
教誨師
主役は、プロテスタント牧師の佐伯保(大杉漣)。
彼は教誨師として月に2回拘置所を訪れ、
一癖も二癖もある死刑囚と面会する。
無言を貫き、佐伯の問いにも
一切応えようとしない鈴木(古舘寛治)。
気のよいヤクザの組長、吉田(光石研)。
年老いたホームレス、進藤(五頭岳夫)。
よくしゃべる関西出身の中年女性、野口(烏丸せつこ)。
面会にも来ない我が子を
思い続ける気弱な小川(小川登)。
そして大量殺人者の若者、高宮(玉置玲央)。
佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、
悔い改めることで残り少ない命、生を
充実したものにできるよう、そして心安らかに
死を迎えられるように親身になって彼らの話を聞き、
聖書の言葉を伝える。
しかしなかなか思い通りにはいかず、
意図せずして相手を怒らせてしまったり、
いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、
苦難の日々が繰り返される。
それでも少しずつ死刑囚の心に変化が見られるものの、
高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、
佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。
死刑囚たちと真剣に向き合うことで、
長い間封印してきた過去に思いを馳せ、
自分の人生とも向き合うようになる佐伯。
そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される。
教誨師とは、
刑務所や少年院等の矯正施設において、
被収容者の宗教上の希望に応じ、
所属する宗教・宗派の教義に基づいた宗教教誨活動
(宗教行事、礼拝、面接、講話等)を行う
民間の篤志の宗教家です。
平成29年末現在の矯正施設における教誨師の人数は
約2,000名であり、そのうち仏教系が約66パーセント、
キリスト教系が約14パーセント、神道系が約11パーセント、
諸教が約8パーセント。

坦々と進む映画です。
ドキュメンタリー映画のようでもあるが、
役者の演技のうまさから、フィクションであると思う。
なぜ大杉漣さんがこの映画を作ろうと思ったのかは分からないが、
人間の本質を描き出しているような気がする。
囚人ひとりひとりの人間性に引き込まれる。
考えさせられる映画でした。


生きる事について深く考えた事があるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月26日

映画「億男」

5月19日(日)、映画「億男」をレンタルDVDで見ました。

監督:大友啓史
原作:川村元気
脚本:渡部辰城
   大友啓史
製作:市川南
音楽:佐藤直紀
主題歌:BUMP OF CHICKEN
キャスト
佐藤健:一男
高橋一生:九十九
黒木華:万佐子
池田エライザ:あきら
沢尻エリカ:十和子
北村一輝:百瀬
藤原竜也:千住
億男
川村元気さんの同名ベストセラー小説を映画化したもの。
本を持っているのだが、まだ読んでいない。
3000万円の借金を残して失踪した兄に代わり、
借金返済に追われる主人公の一男。
借金苦の日常に愛想を尽かした妻は娘とともに家を出てしまった。
そんな不幸続きの一男に宝くじ3億円当選という幸運が舞い込む。
この大金で借金返済、家族の修復と、
一発逆転を夢想するが、
ネットで悲惨な人生を送る高額当選者の記事ばかりが
飛び込んでくる。不安になった一男は、
起業して億万長者となった大学時代の
親友・九十九にアドバイスをもらうため、
九十九を訪ねるが、酔いつぶれて目が覚めると、
九十九は3億円とともに姿を消していた。
そしていろんな伝をたどり九十九を捜す。
お金の価値、お金とはなんなのかを考えるようになる。
そして...

序盤に落語芝浜の振りが有り、終わってみれば、
億男は、現代版芝浜だと思った。
映画は、少し乱暴な作り方だったが、
本筋に納得出来たので記憶に残る映画となりました。

落語芝浜を知っているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月25日

映画「私の人生なのに」

5月18日(土)、映画「私の人生なのに」を
レンタルDVDで見ました。
監督:原桂之介
原作:清智英
東きゆう
脚本:原桂之介
製作:瀬井哲也
主題歌:JY
キャスト
知英:金城瑞穂
稲葉友:柏原淳之介
落合モトキ:誉田哲二
蜷川みほ
江田友莉亜
深沢敦
野中隆光
飯田孝男
根岸季衣
高橋洋
赤間麻里子
私の人生なのに
新体操のスター選手として将来を期待されていた
金城瑞穂は、練習中に脊髄梗塞で倒れ
下半身麻痺となってしまう。
競技人生を絶たれた彼女には、
両親やアスレティックトレーナーの誉田哲二の
思いやりを受け入れることができず、
絶望と孤独に苛まれる。
塞ぎ込む日々の中、
ストリートミュージシャンの幼なじみ柏原淳之介
と数年ぶりに再会し、「一緒に歌おう」
と誘われるが戸惑いを隠せない。
瑞穂はギターを手にすることで少しずつ音楽に惹かれていき
新しい夢を持って生きて行く。
内容も分かりやすく、展開も読める王道の人情話。
年齢とともに、このような物語が好きです。
自然に涙します。
安心して見られて、心も満たされました。


泣ける人情話が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月24日

映画「ヘイト・ユー・ギブ」The Hate U Give

5月17日(金)、映画「ヘイト・ユー・ギブ」The Hate U Giveを
レンタルDVDで鑑賞した。
監督:ジョージ・ティルマンJr.
脚本:オードリー・ウェルズ
プロデューサー:ロバート・テイテル
        ジョージ・ティルマンJr.
        マーティ・ボーウェン
        ウィク・ゴッド
キャスト
スター・カーター:アマンドラ・ステンバーグ/若山詩音
リサ・カーター:レジーナ・ホール/林りんこ
マーベリック・マブ・カーター:ラッセル・ホーンズビー/白熊寛嗣
クリス:K・J・アパ/榎木淳弥
カルロス:コモン/乃村健次
キング:アンソニー・マッキー/田村 真
ヘイト・ユー・ギブ
2009年カルフォルニアで起こった
無抵抗の黒人青年を警官が射殺した
「オスカー・グラント事件」をヒントに
書かれたベストセラー小説
『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ』
の映画化。
白人社会と共存していくようにと
幼い頃から教え込まれてきた黒人の女子高生スター。
白人ばかりの学校に通い、
白人のボーイフレンドと付き合う彼女。
白人と同じような毎日を送っていた。
そんなある日、幼なじみの黒人が
彼女の目の前で白人警官に射殺されてしまう。
しかも警察はその警官の行為を正当化し、
事件は事実と異なった報道をされていく。
衝撃を受けたスターは、亡き親友のため
社会の矛盾に立ち向かうことを決意する。
戦い、自分らしさを発見していく。
代償はあったが、飾らないで生きる道を選んだ。


自分らしく生きているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月 2日

映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」

4月24日(水)、
映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」を
レンタルDVDで見ました。
監督R・バールキ
脚本R・バールキ
撮影P・C・スリーラム
音楽アミット・トリベディ
キャスト※括弧内は日本語吹替[9]
ラクシュミカント・チャウハン - アクシャイ・クマール(志村知幸)
パリー・ワリア - ソーナム・カプール(下田屋有依)
ガヤトリ・チャウハン - ラーディカー・アープテー(英語版)(濱口綾乃)
ラクシュミの母 - ジョーティ・スバーシュ(英語版)
ティンクの母 - リヴァ・バッバール(英語版)
サヴィトリ - ウルミラ・マハンタ(英語版)
ガヤトリの兄 - アビマニュ・サルカール
パリーの父 - スニール・シンハ
本人役 - アミターブ・バッチャン(カメオ出演)(ボルケーノ太田)
2000年以降の現代のインドで、
安全で安価な生理用品の普及に
奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。
パッドマン 5億人の女性を救った男
インドの町工場に務めるラクシュミは、
妻が生理中にぼろ布を使っていると知り、
衝撃を受ける。
というのも、当時のナプキンの値段は
外食の2倍以上の超高級品だった。
そこで彼は、ナプキンの構造を独自に研究した。
教育を受けていない"逆境"を、努力と明るさで乗り切っていく。
妻への愛でラクシュミは、生理用品開発にあらゆる情熱を傾けた。
しかし、ラクシュミを待っていたのは、
インドでの、いわれのない偏見や容赦ない差別。
インドでは生理は口に出してはならない禁忌で、
生理中の妻は隔離されるのが常識だった。
ましてや男性が生理用品を研究するなど、
言語道断だったのだ。
世界では、生理用品が使われていて、
インドでも上流階級では、使用されていたにもかかわらず。
ラクシュミの度重なる失態に村を追われる事態になた。
そこから、逆転人生が始まる。
ラクシュミの諦めず、努力しつづけ、斬新なアイデアをうみ、
助けてくれる友人もいて、
さらに思わぬ出会いが、彼を助けていきます。
インド映画特有の歌と踊りもありますが、
最後は、納得の内容となっています。

事実は小説よりも奇なりと思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年4月30日

映画「嘘を愛する女」

4月22日(月)、レンタルDVDで映画「嘘を愛する女」を見ました。
監督:中江和仁
脚本:中江和仁
   近藤希実
製作:市川南
キャスト
長澤まさみ:川原由加利
高橋一生:小出桔平
DAIGO:木村(キム)
川栄李奈:心葉
野波麻帆
初音映莉子
嶋田久作
奥貫薫:海原の妻
津嘉山正種
黒木瞳:マサコ
吉田鋼太郎:海原匠
オリジナルの優れた映画企画を募集する
「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」の
第1回でグランプリを受賞した企画を映画化した。
食品メーカーに勤める川原由加利は、
世話好きな研究医である優しい恋人
小出桔平と同棲5年目を迎え、
公私ともに充実した日々を送っていた。
そんなある日、自宅で桔平の帰りを待つ由加利のもとに、
警察が訪ねてくる。
桔平がくも膜下出血で意識を失っているところを
発見されたのだが、桔平の所持していた運転免許証や
医師免許証はすべて偽造されたもので、
職業も名前も全てが嘘であると判明したのだ。
ショックを受けた由加利は桔平の正体を突き止めるべく、
私立探偵の海原匠と彼の助手キムに調査を依頼。
やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ
未完成の小説が見つかる。
その内容をもとに、いまだ病院で眠り続ける
桔平の秘密を探るため瀬戸内海へと向かう由加利だった。
そして、徐々に真実に近づいていく。
嘘を愛する女
こんなことあり得ないと思えるドラマだが、
長澤まさみと吉田鋼太郎の演技に最後まで
面白く見られた。
過去は変えられない、今を未来を一生懸命
人を信じて生きれば、良いのかなと思う。
最後も悲しさで終わらなかったので、良かった。

あなたの傍にも愛する人が居るなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年4月28日

映画「華氏119」

4月20日(土)、映画「華氏119」をレンタルDVDで見ました。
監督マイケル・ムーア
製作マイケル・ムーア
  カール・ディール
  メーガン・オハラ
キャスト
 マイケル・ムーア
 ドナルド・トランプ
 バーニー・サンダース

巨大な権力に対してもアポなし突撃取材を敢行するスタイルで知られる
ドキュメンタリー監督のマイケル・ムーアが、
アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・トランプを
題材に手がけたドキュメンタリー映画。
タイトルの「華氏119(原題:Fahrenheit 11/9)」は、
トランプの大統領当選が確定し、勝利宣言をした2016年11月9日に由来。
ムーア監督の代表作であり、当時のジョージ・W・ブッシュ政権を
痛烈に批判した「華氏911(Fahrenheit 9/11)」に呼応するものになっている。
16年の大統領選の最中からトランプ当選の警告を発していたムーア監督は、
トランプ大統領を取材するうちに、どんなスキャンダルが起こっても
トランプが大統領の座から降りなくてもすむように
仕組まれているということを確信し、
トランプ大統領を「悪の天才」と称する。
今作では、トランプ・ファミリー崩壊に
つながるというネタも暴露しながら、
トランプを当選させたアメリカ社会にメスを入れる。
華氏119
アメリカ社会の痛烈批判ドキュメンタリー。
本当かと思うような事実の出来事。
もうなんだか笑うしか無い。
この映画を見て、アメリカには住みたくないと思いました。


ドキュメンタリー映画もよく見るなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年4月26日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」レンタルDVD鑑賞

4月18日(木)、映画館で見たにもかかわらず、
映画「ボヘミアン・ラプソディ」をレンタルDVDで見ました。
監督ブライアン・シンガー
製作グレアム・キング
ジム・ビーチ
キャスト
ラミ・マレック:フレディ・マーキュリー
ルーシー・ボーイントン:メアリー・オースティン
グウィリム・リー:ブライアン・メイ
ベン・ハーディ:ロジャー・テイラー
ジョセフ・マッゼロ:ジョン・ディーコン
エイダン・ギレン:ジョン・リード
アレン・リーチ:ポール・プレンター
トム・ホランダー:ジム・ビーチ
マイク・マイヤーズ:レイ・フォスター
アーロン・マカスカー:ジム・ハットン
マックス・ベネット:デヴィッド
世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカルで、
1991年に45歳の若さでこの世を去った
フレディ・マーキュリーを描いた伝記ドラマ。
クイーンの現メンバーであるブライアン・メイと
ロジャー・テイラーが音楽総指揮を手がけ、
劇中の楽曲には主にフレディ自身の歌声を使用。
「ナイト ミュージアム」のラミ・マレックがフレディを熱演。
「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガーが
メガホンをとったものの完成前に降板するなど
製作トラブルも伝えられたが、公開されると
世界中で観客に受け入れられ、
日本でも2018年公開映画でトップとなる興行収入127億円を突破。
社会現象とも呼べる大ヒットとなった。
第76回ゴールデングローブ賞では
最優秀作品賞(ドラマ部門)、最優秀男優賞(ドラマ部門)を受賞。
第91回アカデミー賞でも
作品賞を含む5部門にノミネートされ、
主演男優賞ほか4部門を受賞した。
ボヘミアン・ラプソディ
じっくり見ると、歌も物語も素晴らしい。
ラミ・マレックの演技が素晴らしすぎます。
クイーンの音楽を聴くとその頃の自分を思い出し、
青春を感じて泣けてきます。
世間からの偏見や虐めから孤独を感じることが多かったでしょう。
一人の人間の生き様が上手くまとめられていた映画です。

人生について考える映画と思って頂けたなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年4月18日

映画「オズランド笑顔の魔法おしえます。」

4月10日(水)、映画「オズランド笑顔の魔法おしえます。
をレンタルDVDで見ました。

監督:波多野貴文
原作:小森陽一
脚本:吉田恵里香
主題歌:Dream Ami
キャスト
波瑠:波平久瑠美
西島秀俊:小塚慶彦
岡山天音:吉村豪太郎
深水元基:上園龍
中村倫也:小西俊郎
濱田マリ:南原カツヨ
橋本愛:玉地弥生
柄本明:園長
「海猿」や「S 最後の警官」の原作者としても知られる
小森陽一の人気小説「オズの世界」を映画化。
超一流ホテルチェーンに就職しながら
系列の地方遊園地への配属という
不本意な辞令を受けてしまった波平久瑠美。
落胆する彼女を迎える広大な田園風景と
そこに突如出現する遊園地。
そして遊園地で彼女を待っていたのは、
これまでに数々の企画を成功させ、
「魔法使い」の異名をとる天才社員・小塚慶彦と
個性的過ぎる従業員たちだった。
憂鬱な気持ちで遊園地での業務にあたる
久瑠美だったが、各支社で目覚しい成果を上げた
MVP社員は、好きな部署への異動希望を出せることを知り、
MVP社員を目指して仕事に邁進するが、
小塚と仕事をする内に考え方が変わっていく。
オズランド笑顔の魔法おしえます。
小塚の明るさが、とても素敵に思える映画です。
こんな遊園地があるなら行って見たいと思いました。
よそお通りの展開に、納得できます。
気楽に笑えて、楽しく、ちょっとセンチメンタル。
私好みの安心して楽しめる映画でした。


王道の内容の映画も好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

映画「散り椿」

4月10日(水)、映画「散り椿」をレンタルDVDで見ました。

監督:木村大作
原作:葉室麟
脚本:小泉堯史
ナレーター:豊川悦司

キャスト
岡田准一:瓜生新兵衛
西島秀俊:榊原采女
黒木華:坂下里美
池松壮亮:坂下藤吾
麻生久美子:瓜生篠
緒形直人:篠原三右衛門
新井浩文:宇野十蔵
柳楽優弥:平山十五郎
芳根京子:篠原美鈴
駿河太郎:坂下源之進
渡辺大:千賀谷政家
石橋蓮司:田中屋惣兵衛
富司純子:榊原滋野
奥田瑛二:石田玄蕃
柄本時生:
矢島健一:
螢雪次朗:
カメラマン木村大作が、「劔岳 点の記」「春を背負って」に
続く映画監督第3作として手がけた時代劇。
「雨あがる」などの監督・小泉堯史を脚本に迎え、
直木賞作家・葉室麟の同名小説を実写映画化した。
享保15年。藩の不正を訴え出たために藩を追われた瓜生新兵衛。
追放後も連れ添い続け、病に倒れた妻・篠は、
死の床で最期の願いを新兵衛に託す。
それは、新兵衛のかつての友にしてライバルであり、
藩追放に関しても大きな因縁を持つ人物・榊原采女を
助けてほしいというものだった。
妻の願いをかなえるため故郷へ戻った新兵衛は、
やがてある確証を得て采女と対峙する。
そして過去の事件の真相や
篠が託した言葉の本意を突き止めていく。

話の内容は、映画に収まりきれず、
すこし薄まってしまったようだ。
だが、木村大作の絵作りを見るだけでも
この映画は価値があると思う。
暗さ、雪の降らせ方、殺陣さばき。
なかなか見られない、とても貴重な映像だと思う。
エンドロールが自筆の縦書きの字が左から右へ動く。
とても貴重な映画見た気分です。


映画の価値観は人それぞれと思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年4月13日

映画「響HIBIKI」

4月4日(木)、映画「響HIBIKI」をレンタルDVDで見ました。
監督:月川翔
原作:柳本光晴
脚本:西田征史
スーパーバイザー:秋元康
キャスト
平手友梨奈:鮎喰響
北川景子:花井ふみ
アヤカ・ウィルソン:祖父江凛夏
高嶋政伸:神田正則
柳楽優弥:田中康平
北村有起哉:鬼島仁
野間口徹:矢野浩明
小松和重:藤野弘
黒田大輔:大坪正人
板垣瑞生:椿涼太郎
吉田栄作:祖父江秋人
小栗旬:山本春平
主題歌 角を曲がる
作詞:秋元康 作曲:ナスカ 編曲:the Third
歌:平手友梨奈
響HIBIKI
文芸の世界を舞台に15歳の天才女子高生小説家を主人公にした
柳本光晴の人気漫画「響 小説家になる方法」を映画化。
出版不況が叫ばれる文芸界で
文芸雑誌「木蓮」編集部に一編の新人賞応募作が届く。
応募要項を一切無視した手書き作品のため、
破棄されるはずだったその作品を
編集者の花井ふみが目を留めたことから、
状況は大きくは変わり始める。
15歳の女子高生・鮎喰響によって書かれた「お伽の庭」
発表されたら評価され、芥川賞、直木賞とWノミネートされた。
文芸部の仲間との友情ふれあいも、おかしくハートフル。
主人公鮎喰響の自分の感情考えを曲げない
正義感にも似た生き方は、格好いい。
原作漫画は読んでいないが、読んでみたくなった。
最後、山本春平との話は、予想とは違ったが、
あれもありかと思う。

世の中にたてついても自分らしく生きているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画