映画の感想アーカイブ: あいの日々徒然

2020年1月17日

映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」

1月10日(金)、映画「コンフィデンスマンJPロマンス編
をレンタルDVDで見ました。
監督:田中亮
脚本:古沢良太
音楽:fox capture plan
主題歌:Official髭男dism「Pretender」
製作:石原隆、市川南
企画・プロデュース:成河広明
プロデューサー:梶本圭、草ヶ谷大輔、古郡真也
キャスト
ダー子:長澤まさみ
ボクちゃん:東出昌大
五十嵐:小手伸也
リチャード:小日向文世
モナコ:織田梨沙
ちょび髭:瀧川英次
バトラー:Michael Keida
鈴木さん:前田敦子
矢島理花:佐津川愛美
与論祐弥(キンタ):岡田義徳
与論弥栄(ギンコ):桜井ユキ
ホー・ナムシェン:生瀬勝久
高松千鶴:山口紗弥加
除:葉山ヒロ
桂公彦:小池徹平
半原敦:和田聰宏
志村庄一:小澤亮太
志村庄二:伊島空
志村庄三:玉川蓮
ジェームズ:MORDIO R
一双麻希
翁華栄
遠山俊也
大河内浩
芳本美代子
鈴木拓
David H
黄実
ジャッキーちゃん
菊地麻衣
生田竜聖
小栗旬
鉢巻秀男:佐藤隆太
桜田しず子:吉瀬美智子
城ヶ崎善三:石黒賢
ラン・リウ:竹内結子
ジェシー:三浦春馬
赤星栄介:江口洋介
コンフィデンスマンJPロマンス編
人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。
天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、
彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、
百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャード
の3人の信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが
持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。
3人がランに取り入るべく様々な策を講じる中、
天才詐欺師ジェシーも彼女を狙っていることが判明。
さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星
の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ展開していく。

古沢良太さんの脚本とは知らず、テレビドラマは見ていませんでした。
古沢さんらしい二転三転させる展開に面白さがありました。
また役者の方々も楽しんで演技しているようで
舞台かと思えるほど熱烈な演技で
非常に楽しめました。
春には、第2弾の映画も作られるそうで
それも楽しみです。
また、テレビドラマも借りて見ようと思いました。

コンフィデンスマンJPのテレビドラマを見ているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2020年1月10日

映画「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」

1月3日(金)、妻と二人で上越市富岡のJMAX THEATER 上越
映画「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け
を見てきました。
JMAX THEATER 上越

映画「スターウォーズスカイウォーカーの夜明け」
監督:J・J・エイブラムス
製作:キャスリーン・ケネディ
    J・J・エイブラムス
    ミシェル・レイワン
脚本:J・J・エイブラムス
   クリス・テリオ
撮影:ダン・ミンデル
美術:リック・カーター
   ケビン・ジェンキンス
音楽:ジョン・ウィリアムズ
キャスト:()は日本語吹き替え

レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー(アーカイブ出演)(高島雅羅)
ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル(島田敏)
カイロ・レン: アダム・ドライバー(津田健次郎)
レイ:デイジー・リドリー(永宝千晶)
フィン:ジョン・ボイエガ(杉村憲司)
ポー・ダメロン:オスカー・アイザック(小松史法])
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ(岩崎ひろし)
ジャナ:ナオミ・アッキー(平野夏那子)
ハックス将軍:ドーナル・グリーソン(川本克彦)
プライド将軍:リチャード・E・グラント(金子由之)
マズ・カナタ:ルピタ・ニョンゴ(杉本ゆう)
ゾーリ・ブリス:ケリー・ラッセル(甲斐田裕子)
チューバッカ : ヨーナス・スオタモ
ローズ・ティコ:ケリー・マリー・トラン(冠野智美)
パルパティーン皇帝:イアン・マクダーミド(青森伸)
ランド・カルリジアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ(若本規夫)
テミン・"スナップ"・ウェクスリー:グレッグ・グランバーグ
バブ・フリック:シャーリー・ヘンダーソン
コニックス中尉:ビリー・ラード
BB-8: ブライアン・ヘーリング&デイブ・チャップマン
D-O(声): J・J・エイブラムス
クロード: ニック・ケリントン
ダーシー中佐:アマンダ・ローレンス(磯西真喜)
ブーリオ: エイダン・クック
ブーリオ: マーク・ハミル
ナイン・ナン:マイク・クィン
ナイン・ナン(声):キプサン・ロティッチ
ウィケット・W・ウォリック:ワーウィック・デイヴィス
ウェッジ・アンティリーズ:デニス・ローソン
カイ・スレナリ:ポール・ケイシー
カイ・スレナリ(声):マシュー・ウッド
スノーク(声): アンディ・サーキス(壤晴彦)
ダース・ベイダー(声): ジェームズ・アール・ジョーンズ(楠大典)
R2-D2 : ジミー・ヴィー
ボーモント・キン:ドミニク・モナハン
ハン・ソロ :ハリソン・フォード(磯部勉)
スターウォーズスカイウォーカーの夜明け
「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした
2015年の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」
2017年の「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の3作目。
「スター・ウォーズ」のエピソード9にあたり、
1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきた
スカイウォーカー家の物語がこの映画で完結した。
ストーリー
今は亡き銀河帝国の皇帝だったパルパティーンの言葉に従い、ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは火山の惑星ムスタファーで古代の科学技術を駆使して作られたウェイファインダーと呼ばれるシスのナビゲーターを手に入れた。これは彼を星図に載ってない銀河系の未知領域の奥深くにある惑星エクセゴルへと導く物であった。

やがて黒い岩が一面に広がる惑星エクセゴルに辿り着いた彼は、古いシスの寺院で約30年前のエンドアの戦いで死んだはずのパルパティーンと出会う。パルパティーンは自分が死んだことを特に否定せず多くを語らない。パルパティーンは裏でファースト・オーダーを操り、彼をダークサイドへと誘うための操り人形としてスノークを作り上げていたのである。またパルパティーンは、長い年月を掛けて極秘に建造を進めていた改良型スター・デストロイヤーの大艦隊「ファイナル・オーダー」の存在を明らかにし、それをカイロ・レンに授ける代わりとして彼にレイを探し出して殺すように命じた。

その頃レイは、レジスタンスの指導者であるレイア・オーガナ将軍の下でジェダイとしての修業を続けていた。フィンとポー・ダメロンは、ファースト・オーダー内部のレジスタンス側スパイから受け取った「パルパティーンが生きている」という情報をレジスタンスに伝えた。レイはルーク・スカイウォーカーが残した古代の書物によりシスのウェイファインダーがあれば惑星エクセゴルに行くことができると知らされていた。レイアは「惑星パサーナの協力者が手助けをしてくれるだろう」と打ち明け、レイ、フィン、ポー、チューバッカ、BB-8、C-3POの6人はミレニアム・ファルコンで出発した。

一行はランド・カルリジアンに出会い、ランドはシスのウェイファインダーがありそうな場所を指摘した。カイロはフォースのつながりを通じてレイの居場所を突き止めレン騎士団とともにそこへ出向いた。レイとその一行は殺人者オーチの残した彼の宇宙船とドロイド (D-O)、そしてシスの言葉で何かが書かれているダガーナイフを見つけた。ナイフに書かれた文章はウェイファインダーのありかで、C-3POには理解できたがシスの言語の翻訳はプログラムでブロックされていた。カイロがそばにいることを察したレイは彼と対決することにした。一方で、ミレニアム・ファルコンとチューバッカ、シスの言葉で何かが書かれたナイフがファースト・オーダーの手に落ちた。レイはチューバッカを救おうとしたが、結果としてチューバッカが乗っていると思われるファースト・オーダーの輸送船をフォースライトニングで破壊してしまった。レイたちはその輸送船もろともチューバッカが亡くなったものと考えていたが、とにかくオーチの宇宙船で逃げ出した。

ポーはC-3POの記憶装置に残っているシスの言葉で書かれた文章を引き出すため、惑星キジミーへ行くことを提案する。C-3POの過去の記憶は全て消去されてしまったものの、シスのウェイファインダーのある場所の座標を引き出すことができた。これはエンドア星系の惑星ケフ・ビァにあった。その後レイはチューバッカが生きていることを感じ、一行はチューバッカを助ける作戦を開始した。カイロが街の中でレイを探している間に一行は上空のファースト・オーダーのスター・デストロイヤーに侵入していた。侵入にはポーの古い知り合いの女性ゾーリ・ブリスが協力してくれた。レイはダガーナイフを取り戻したが、過去のビジョンを見てそのナイフで両親が殺されてしまったことを悟る。またカイロは、レイに「お前の本当の正体はパルパティーンの孫娘だ」と衝撃の事実を告げる。過去にパルパティーンは、自分の部下であるシス・エターナルと呼ばれるカルト組織に入信している部下に命じてレイを連れ戻そうとしたが、レイの両親は娘のレイを守るため惑星ジャクーに隠したのだ。ポーとフィンとチューバッカはファースト・オーダーに捕まり処刑されかけているところをハックス将軍に助けられる。ハックス将軍は「自分こそがレジスタンスのスパイである」と明かす。ポーらのミレニアム・ファルコンでの脱出を見届けたのち、ハックス将軍自身はスパイとしてプライド元帥に処刑される。

レイらはケフ・ビァに到着し、ジャナと出会う。ジャナはフィンと同じ元ストームトルーパーで、今はレジスタンスの同調者である。レイは海に横たわるデス・スターの残骸にウェイファインダーがあるとし、ジャナはその残骸へ渡る船を提供するという。カイロはレイらを追ってやはりケフ・ビァにやってきた。カイロはレイの見つけたウェイファインダーを壊し、パルパティーンに彼がとって代わる手助けをしてほしいと頼む。その時、レイアは死にかけていた。カイロはレイと闘いはじめたのだったのだが、レイアはフォースの力でカイロを呼び、それに気を取られたすきにカイロはレイに刺された。レイアの死を知ったレイはフォースでカイロの傷を治し、自分はカイロの戦闘機を使って一人で惑星オク=トーへ逃れる。そこで、ルークの霊体はレイにパルパティーンとの対決を勧め、レイアのライトセーバーを渡して自身のライトセーバーとレイアのライトセーバーの2つを携えてパルパティーンと戦うように言った。そしてルークは自身がオク=トーへ乗って来たXウイングを海からフォースで引き上げて提供する。レイはカイロの持っていたウェイファインダーを使いエクセゴルに向かった。カイロは父親、ハン・ソロの記憶と語り合い、結局自らのライトセーバーを海に投げ捨てる。ベン・ソロとしての自分を取り戻したのである。同じ頃、パルパティーンは惑星キジミーを武力のデモンストレーションとしてスター・デストロイヤーに破壊させた。

レジスタンスの基地ではR2-D2がC-3POの記憶を回復させようとしており、レジスタンスはレイの残した座標をたどってエクセゴルへ向かっていた。そこではレイがパルパティーンと対決しており、パルパティーンは彼女を乗っ取ろうと企み、自分を殺すようにけしかけた。上空ではレジスタンスがファースト・オーダーの大艦隊と戦闘していたところにランドが援軍を引き連れてやってきた。ベンもまたレイを助けるためにやってきて、レイからライトセーバーを受け取りレン騎士団の抵抗も排除した。レイとベンが類まれなるフォースの対であることを認識し、パルパティーンは彼らの力を吸い取り活力を取り戻した。レジスタンスの艦隊をフォースの稲妻で攻撃し、なおも抵抗を試みたベンを地の底へ叩き落した。レイもまた弱っていたが、過去のジェダイたちの声を聴き、彼らはレイに力を貸した。立ち上がったレイにパルパティーンはフォースの稲妻で攻撃をかけるが、レイはルークとレイアのスカイウォーカー兄妹のライトセーバーで攻撃を避け、ついにパルパティーンを倒すも、レイも命を落としてしまった。地の底から這いあがってきたベンは自分のフォースを使ってレイを蘇生する。レイはベンを認めると、抱きしめてキスをしたが、今度はベンがそのまま絶命し、姿を消してしまった。レジスタンスの艦隊はパルパティーンの艦隊を壊滅させた。

レジスタンスと勝利を喜んだあと、レイは惑星タトゥイーンにあるラーズ夫妻の住居跡を訪れる。ルーク・スカイウォーカーが育った場所である。レイは自分のライトセーバーを持ち、レイアとルークのライトセーバーは住居跡の敷地に埋めた。通りがかりの老婆に名を聞かれた彼女は「レイ・スカイウォーカー」と名乗る。

懐かしいキャラクターや戦闘機も多数出てきて
第1作を劇場で見たものには、懐かしさと感動を覚える。
一方、内容は、最後にこれでいいのかと思う事もある。
一つの世界観が終わり、ほっとした気分です。

超大作が終わる寂しさを感じているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年12月23日

映画「ライオンキング」

12月17日(火)、映画「ライオンキング」を
レンタルDVDで見ました。

監督:ジョン・ファブロー
製作:ジョン・ファブロー
   ジェフリー・シルバー
   カレン・ギルクリスト
製作総指揮:トム・ペイツマン
      ジュリー・テイモア
      トーマス・シューマッハ
脚本:ジェフ・ナサンソン
撮影:ケイレブ・デシャネル
美術:ジェームズ・チンランド
編集:マーク・リボルシー
   アダム・ガーステル
音楽:ハンス・ジマー
歌曲:ティム・ライス
   エルトン・ジョン
声の出演
役名 :原語版声優:日本語吹替
シンバ:ドナルド・グローヴァー:賀来賢人
幼いシンバ:JD・マックラリー:熊谷俊輝
ナラ:ビヨンセ・ノウルズ=カーター:門山葉子
幼いナラ:シャハディ・ライト・ジョセフ:小林星蘭
ムファサ:ジェームズ・アール・ジョーンズ:大和田伸也
スカー:キウェテル・イジョフォー:江口洋介
ティモン:ビリー・アイクナー:亜生(ミキ)
プンバァ:セス・ローゲン:佐藤二朗
サラビ:アルフレ・ウッダード:駒塚由衣
ラフィキ:ジョン・カニ:駒谷昌男
ザズー:ジョン・オリバー:根本泰彦
サフィナ:ペニー・ジョンソン・ジェラルド:伊沢磨紀
シェンジ:フローレンス・カサンバ:沢城みゆき
アジジ:エリック・アンドレ:白熊寛嗣
カマリ:キーガン=マイケル・キー:加瀬康之
ライオンキング
ディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を
フルCGで新たに映画化した作品。
アフリカの広大なサバンナで、動物たちの王である
ライオンのムファサの子として生まれたシンバは、
いつか父のような偉大な王になることを夢見ながら
成長していく。しかし、ある時、王位を狙う
叔父スカーの策略によって父の命を奪われ、
シンバ自身もサバンナを追われてしまう。
やがてたどりついた緑豊かなジャングルで、
イボイノシシのプンバァとミーアキャットの
ティモンといった新たな仲間との出会いを得た
シンバは、過去を忘れて穏やかに時を過ごしていく。
一方、スカーが支配するサバンナは次第に荒れ果て、
存続の危機が迫っていた。
そして父の姿を思い出し、故郷へ帰って
叔父との戦いに挑む。

フルCGの映像に驚かされる。
本当にCGなのかと思うほどです。
綺麗な映像だけでも見る価値はあるのだが、
それに加えドナルド・グローバーとビヨンセの歌が
映画を盛り上げ、楽しみ九を加えます。
また歌唱に参加したエルトン・ジョンによる「愛を感じて」ほか、
「サークル・オブ・ライフ」「ハクナ・マタタ」など名曲が
映画に色どりを加えます。

楽しい映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年12月11日

映画「家(うち)へ帰ろう」

12月5日(木)、映画「家(うち)へ帰ろう
をレンタルDVDで見ました。
監督:パブロ・ソラルス
製作:ヘラルド・エレーロ アントニオ・サウラ マリエラ・ベスイェフシ
製作総指揮:ハビエル・ロペス・ブランコ
脚本:パブロ・ソラルス
撮影:フアン・カルロス・ゴメス
編集:アントニオ・フルトス
音楽:フェデリコ・フシド
キャスト
ブルスティン・アブラハム:ミゲル・アンヘル・ソラ
マリア:アンヘラ・モリーナ
レオナルド: マルティン・ピロヤンスキー
ゴーシャ:オルガ・ボラズ
イングリッド:ユリア・ベアホルト
レオナルド:マルティン・ピロヤンスキー
家(うち)へ帰ろう
ストーリー
アルゼンチン・ブエノスアイレスに住む
仕立て屋のアブラハムは足を悪くし、
娘達に老人ホームに入れられることになる。
しかし、アブラハムはそれを嫌い、
最後のスーツを70年以上会っていない
ポーランドの親友に渡す旅に出る。
ユダヤ人であるアブラハムは、ホロコーストの
際に親友に命を助けられていた。
途中、飛行機の機内の青年や
マドリードのホテルの女主人、
ドイツ人の人類学者と出会い、
助けられながら旅を続けるが、
アブラハムの病状は悪化していく。
最後は...

命を助けられたことを忘れず、その恩を返すお話し。
わがままに見える老人をいろんな人が助ける。
それは、この老人の優しさにふれたから。
私たちが忘れてしまっている
心の交流があるように思える。
私の心の琴線に触れた映画です。

2017年釜山国際映画祭 World Cinema 部門に正式出品。
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018国際コンペティション部門に出品。
ミゲル・アンヘラ・ソラが
2018年第44回シアトル国際映画祭最優秀男優賞を受賞


人間の優しさを描いた映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年12月 1日

高田世界館で井浦新さんが「こはく」舞台あいさつ

11月23日(土・祝)、上越市本町の
今年で108歳、現存する日本最古級の映画館
高田世界館で映画「こはく」を見てきました。
高田世界館

映画「こはく」
監督:横尾初喜
原案:横尾初喜
脚本:守口悠介
エグゼクティブプロデューサー:相羽浩行
プロデューサー:小関道幸 兼田仁 森田篤
脚本:守口悠介
撮影:根岸憲一

キャスト
広中亮太(弟)- 井浦新
広中章一(兄)- 大橋彰
広中友里恵(亮太の妻)- 遠藤久美子
佐久本 - 嶋田久作
宮本優希(宮本哲郎の孫)- 塩田みう
越野啓介(ガラス細工会社社員)- 寿大聡
小形晃子 - 鶴田真由
宮本哲郎(ガラス細工職人) - 石倉三郎
三田崇之(亮太・章一の父) - 鶴見辰吾
広中元子(亮太・章一の母)- 木内みどり
広永亮太(幼少期)- 城下弘貴
広永章一(幼少期)- 城下弘哉
長崎県に住む広永亮太(井浦新)は35歳。幼い頃に別れた父のことはほとんど覚えていないが、父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、どうにか経営を立て直しつつある。その一方で、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子とずっと会っていない亮太。現在の妻の友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、友里恵から妊娠を告げられ、喜びながらも父親になることへの一抹の不安を覚える。  そんな折、母の元子(木内みどり)と暮らす兄の章一(大橋彰)が、街で父を見かけたと言い出した。いい加減なことばかり言って仕事もせずにぶらぶらしている兄が、いつになく真剣な面持ちで父への恨みも口にしたため、亮太は衝撃を受ける。
 兄に付き合って父を捜し始めた亮太は、自分たちと別れた後の父の人生に思いを馳せる。忘れかけていた子供時代の記憶が蘇り、若き日の母が垣間見せた孤独な姿も思い出すようになる。母は今でも父のことを話すのを嫌がり、亮太が理由を訊いても教えてくれない。  そんな母に内緒で父を捜し続けた亮太と章一は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の女性の住所を手に入れるが、その住所を訪ねると、女性はすでに転居してしまっていた。父親捜しは暗礁に乗り上げた。そもそも兄が父を見たというのは本当なのか? 亮太は章一を疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れた。  病床で初めて、「お父さんは優しかったとよ」と語る母。友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後に、母はこの世を去った。そして葬儀の日、ついに亮太と章一は父に関する有力な情報を得る――。
全編、長崎弁で家族愛と情緒たっぷりです。
映画「こはく」

この日は、180席の高田世界館が満席。
それもそのはず、監督の横尾初喜さん、
エグゼクティブプロデューサーの相羽浩行さん、
主演の 井浦新さんが舞台挨拶
に来てくれたのですから。
映画上映後、1時間ほどトークや質問コーナーで
お客さんと交流しました。
映画に対しての真摯な向き合い方が分かりました。
監督の横尾初喜さん、エグゼクティブプロデューサーの相羽浩行さん、主演の 井浦新さんが舞台挨拶

舞台挨拶後は、サイン会が開催され
気さくで素晴らしい井浦さんの姿が印象的でした。
モデル出身らしく、着こなしも格好良かったです。
井浦さん
今回の舞台挨拶は、写真撮影OKで
どんどん映画「こはく」の宣伝してほしいとのことでした。


映画「こはく」見たくなったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月30日

映画「12か月の未来図」

11月22日(金)、映画「12か月の未来図」
をレンタルDVDで見ました。
監督:オリビエ・アヤシュ=ビダル
製作:アラン・ベンギーギ マチュー・ベルアエジュ トマ・ベルアエジュ
原案:リュドビク・デュ・クラリー
脚本:オリビエ・アヤシュ=ビダル
撮影:ダビ・カイエ
キャスト
フランソワ・フーコー:ドゥニ・ポダリデス
セドゥ:アブドゥライエ・ディアロ
クロエ:ポリーヌ・ユリュゲン
ギャスパール:アレクシス・モンコルジェ
マヤ:タボノ・タンディア
校長:エマニュエル・バルイエ
キャロリーヌ:レア・ドリュッケール
アガト:ジネブ・トリキ
レミ:フランソワ・プティ=ペラン
カミーユ:マリー・レモン
セバスチャン:シャルル・タンプロン
生活指導専門員:ジャンヌ・ロザ
ラン:マグディ・ファヒーム
マルヴァン:シェイク・シラ
フランスの映画です。
12か月の未来図
ストーリー
問題だらけのさまざまな生徒とエリート教師の交流から、
移民や貧困などフランスが抱える社会問題を
ユーモアを交えて描いたドラマ。
ベテラン教師のフランソワは名門高校から
パリ郊外の教育困難中学へ転任することとなった。
移民などさまざまなルーツを持つ生徒たちを前に、
これまでは生粋のフランス人の生徒たちを相手に
していたフランソワは、生徒の名前を読み上げる
だけでも一苦労というありさま。勝手の違う環境
の中で日常的に巻き起こるさまざまな問題を
ベテラン教師のプライドをもって格闘していた。
そんな中、遠足で訪れたベルサイユ宮殿で
お調子者のセドゥがトラブルを起こし、
退学処分をくだされてしまう。
長い教師生活で感じたことのない使命感を
抱いたフランソワはセドゥの将来を守るために
戦いを挑む。

フランスも移民が沢山いると感じた。
その中で、いろんな問題が起こっている。
それを、ユーモア交えて描いている映画です。
杓子定規な教育現場で、人間愛にあふれ、
生徒のことをに親身に成り、自分の立場も忘れ
奮闘する主人公の姿には、感動しました。
問題児の男の子も愛嬌があり、愛らしい表情が良い。
最後の別れのシーンが印象的です。

人間愛の見られるヒューマンドラマが好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月28日

映画「ある船頭の話」高田世界館でのオダギリジョーさん舞台挨拶予約

11月19日(火)に高田世界館で12月1日(日)午後2時40分
上映の映画「ある船頭の話」の上映後、
監督のオダギリジョーさん舞台挨拶あると知りました。
オダギリジョーさん舞台挨拶

11月20日(水)正午からメールによるチケット予約をすると知り、
Gmailで時間指定メールをセットしました。
11月20日(水)正午からメールによるチケット予約

11月20日(水)正午、Gmailの時間指定メールが作動し、
メールが無事に送られたことを確認しました。
その後、高田世界館のホームページ、facebook、Twitterを確認していました。
なかなか振り込み案内の通知が来ないので
不思議に思っていたら、午後6時過ぎに
高田世界館からメールが来ました
「予約多数につきお客様の分のチケットを確保することができませんでした。」
とのことでした。
ショックでした。
私は、正午丁度に送信したのですが、
高田世界館にメールが届いたのが12時01分。
1分の間に180席完売でした。
恐るべしオダギリジョーさんの人気。
高田世界館からメールが来ました
その後、12月1日(日)18時15分の上映前にも
オダギリジョーさんの舞台あいさつが追加されました。
その応募が同じようにメール応募で
11月25日正午にありましたが、
それには応募しませんでした。
それもすぐに完売だったようです。
当日は、高田世界館前で、
オダギリジョーさんを出待ちしようかな。

オダギリジョーさんのを見たいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月26日

映画「泣くな赤鬼」

11月18日(月)、映画「泣くな赤鬼」
をレンタルDVDで見ました。

原作:重松清『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重淳
脚本:上平満、兼重淳
音楽:Di'll(北城和美・北城浩志)
主題歌:竹原ピストル「おーい! おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
企画・プロデュース:長澤昌子
プロデューサー:橋口一成、関根真吾、東島真一郎
ラインプロデューサー:吉見拓真
撮影:向後光徳
照明:斉藤徹

キャスト
小渕隆(赤鬼先生):堤真一
斎藤智之(ゴルゴ):柳楽優弥
斎藤雪乃:川栄李奈
和田圭吾:竜星涼
高校時代の斎藤智之(ゴルゴ):堀家一希
高校時代の和田圭吾:武藤潤
小渕佐知:佐藤玲
斎藤智美:キムラ緑子
小渕陽子:麻生祐未
溝口遥:田島芽瑠
泣くな赤鬼
ストーリー
日に焼けた赤い顔、鬼のような熱血指導から、
かつては「赤鬼」と呼ばれていた城南工業
野球部監督の小渕隆。しかし、甲子園出場の夢は
かなうことなく、10年の歳月が流れた。
あの頃のような野球への熱い思いは衰え、
身体にもガタがきている50代の疲れた中年と
なった赤鬼は、診察を受けた病院でかつての
教え子、斎藤智之(ゴルゴ)と偶然、病院で再会する。
類まれなる野球センスを持ちながら、
努力もせずに途中で挫折し、高校を中退した
ゴルゴも、今では20代半ばとなり、
妻と息子の3人で幸せな家庭を築く、
一人前の大人に成長していた。
しかし、ゴルゴが若くして末期がんにより
余命半年であることを知った赤鬼は、
ゴルゴのために野球することを行う。

重松清さんらしい、野球を絡めての人情の話。
話も分かりやすく、泣ける映画になっています。
年をとると、分かっているけど泣けました。
友情とか人情とか、今の時代は
失われつつあるのかと思います。

人情話が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月25日

映画「ジョーカー」

11月17日(日)、新潟市中央区のユナイテッド・シネマ新潟
第79回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で
金獅子賞を受賞したことで話題の
映画「ジョーカー」を見ました。
ユナイテッド・シネマ新潟

映画「ジョーカー
監督:トッド・フィリップス
製作:トッド・フィリップス ブラッドリー・クーパー エマ・ティリンガー・コスコフ
製作総指揮:マイケル・E・ウスラン ウォルター・ハマダ アーロン・L・ギルバート ジョセフ・ガーナー リチャード・バラッタ ブルース・バーマン
脚本:トッド・フィリップス スコット・シルバー
撮影:ローレンス・シャー
美術:マーク・フリードバーグ
編集:ジェフ・グロス
衣装:マーク・ブリッジス
音楽:ヒドゥル・グドナドッティル
音楽監修:ランドール・ポスター ジョージ・ドレイコリアス
キャスト
アーサー・フレック/ジョーカー:ホアキン・フェニックス
レー・フランクリン:ロバート・デ・ニーロ
ソフィー・デュモンド:ザジー・ビーツ
ペニー・フレック:フランセス・コンロイ
ギャリティ刑事:ビル・キャンプ
バーク刑事:シェー・ウィガム
トーマス・ウェイン:ブレット・カレン
ランダル:グレン・フレシュラー
ゲイリー:リー・ギル
アルフレッド・ペニーワース:ダグラス・ホッジ
ジョーカー

ストーリー
ゴッサム・シティでピエロの派遣業で働いてる
アーサー・フレック。認知症の母を介護する傍ら
スタンダップコメディアンを目指しながら
ピエロの仕事をして下積みをしている。
幼い頃からトゥレット障害により感情が高ぶると
反射的に笑いだす障害を持っていた。
福祉サービスによって薬が提供され症状は
抑えられていたが、トーマス・ウェインによる
政策で医療福祉の解体によって、薬の服用が
出来なくなり悪化する事になる。
ゴッサムの治安の悪さから、仕事中に路上で
チンピラによる暴行等を受けても耐えてきたが、
同僚が防犯のためと渡した銃がきっかけとなり
事態が一転する。
医療施設でピエロを演じている際、
しまっていた銃を落とした事が
きっかけで解雇される。その帰宅中に地下鉄内で
ナンパをしていたウェイン産業の社員の前で
笑いの発作を起こした為に勘違いで暴行され、
感情が昂り銃を発砲し全員を殺害してしまう。
更に母親がかつてトーマス・ウェイン邸で
働いていた事から支援の手紙を書いていたのを
偶然目撃し、愛人であったという文面から
自分がトーマスの息子ではないのかという
疑惑が高まり独自に調査をする。結果、
母親は若い頃から精神に異常をきたし、一方的に
トーマス・ウェインを恋人だと思い込んでいた
だけでなく、自分は養子で、母親の元恋人に
虐待を受け障害を患った事を知る。
マンションの隣人と恋仲となり、わずかながら
幸せを感じていたが、それもまた自分が苦境の
中から作り上げた妄想だと知る。
自分が目標とするコメディアンのマレー・フランクリンに
自分が発作を起こしながらネタを披露する姿を
テレビで笑い物にされるなどの不幸が重なり、
完全な狂気に追い込まれる。
狂気に追い込まれてからは、母親をはじめ自分を
陥れた身近な友人を殺害し、出演依頼を受けた
マレーの番組で拳銃自殺をしようと考えていた。
警察に追われている際、自分が起こした地下鉄銃撃の
反響が大きな暴動に変わって行く様を観て
次第に社会が混沌をきたしていることに
快感を感じるようになる。

普通の人間の中にある悪が、きっかけさえ有れば、
簡単に豹変し、表に出る様を上手く描き出している。
現代にある犯罪もこんなことから
起こっているように想像できる。
面白い映画では無いが、心に残る映画である。


映画に欠かせないキャラメルポップコーン
いつもなら、映画終わるまでに食べきるのですが、
今回は、映画に夢中で少し残りました。
キャラメルポップコーン
夫婦で映画館で映画を見たのは1年ぶり。
やはり、良い映画館で見る映画は、心地よい。
また、良い映画館で映画を見たいと思う。

椅子が大きくて座り心地が良い映画館が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月24日

映画「ハンターキラー潜航せよ」

11月16日(土)、映画「ハンターキラー潜航せよ
をレンタルDVDで見ました。
監督:ドノバン・マーシュ
製作:ニール・H・モリッツ
トビー・ジャッフェ
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル
タッカー・トゥーリー
マーク・ギル
ジョン・トンプソン
マット・オトゥール
レス・ウェルドン
製作総指揮:アビ・ラーナー
トレバー・ショート
ボアズ・デビッドソン
ヤリフ・ラーナー
ダグラス・アーバンスキー
ラティ・グロブマン
クリスタ・キャンベル
アーン・L・シュミット
ライアン・カバナー
ケン・ハルスバンド
ケビン・キング
クリスティーン・オタール
共同製作総指揮:サミュエル・ハディダ
ビクター・ハディダ
原作:ジョージ・ウォレス
ドン・キース
脚本:アーン・L・シュミット
ジェイミー・モス

キャスト
ジョー・グラス: ジェラルド・バトラー
ブライアン・エドワーズ: カーター・マッキンタイア
チャールズ・ドネガン: ゲイリー・オールドマン
ジョン・フィスク: コモン
ジェイン・ノルクィスト: リンダ・カーデリーニ
ビル・ビーマン: トビー・スティーブンス
ポール・マルティネリ: ゼイン・ホルツ
デヴィン・ホール: マイケル・トルッコ
マット・ジョンストン: ライアン・マクパートリン
アイリーン・ドーヴァー: キャロライン・グッドール
ザカリン: アレクサンドル・ディアチェンコ(
セルゲイ・アンドロポフ: ミカエル・ニクヴィスト
オレグ: ユーリー・コロコリニコフ
ウラジミール・ストレフ: イリア・ヴォロック
ドミトリー・ドゥロフ: ミハイル・ゴア
トレチャク: イゴール・ジジキン
ロサンゼルス級原子力潜水艦タンパベイ艦長: コーリィ・ジョンソン
海軍の士官: デヴィッド・ギャーシー
海兵隊員: ガブリエル・チャバリア
ベルフォード: テイラー・ジョン・スミス
ターナー:シェーン・テイラー
メディック・ジョーンズ: リチャード・ヒルズ
ハンターキラー潜航せよ
ストーリー
ロシア領バレンツ海にてアメリカ合衆国海軍
潜水艦USSタンパベイが何者かに撃沈され、
消息を絶つ。軍上層部は詳細を調べるために
ジョー・グラス艦長の指揮する
潜水艦USSアーカンソーの派遣を決定する。
一方、ロシア連邦のザカリン大統領は
北海にあるポリャルヌイ海軍基地を訪れていたが、
ドゥロフ国防大臣率いるタカ派がクーデターを
起こし、身柄を拘束されてしまった。
事態を察知したアメリカは4名のNavy SEALsを
現地に派遣し、情報収集を行いつつ、状況の打開を
模索する。ジョン・フィスク海軍少将は
ザカリン大統領を救出する作戦を立案し、
ドーヴァー米大統領は世界の秩序を
守るべく作戦を承認する。
任務を受けた潜水艦USSアーカンソーは
死地へと潜入していった。
そして...

最近は、あまり見ない潜水艦アクション映画。
現代において潜水艦は、重要な武器なのか良く分からない。
外の様子は、音とソナーだけで判断する。
なんとも恐ろしい世界だと思った。
その恐ろしさを感じさせてくれる映画です。
最後は、ハッピーエンド?なのだで
安心してみられるお話しです。


潜水艦の世界を経験したいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月23日

映画「居眠り磐音」

11月15日(金)、映画「居眠り磐音」
をレンタルDVDで見ました。
監督:本木克英
原作:佐伯泰英
脚本:藤本有紀
企画:藤村直人
プロデュース:藤村直人
キャスト
坂崎磐音:松坂桃李
おこん:木村文乃
奈緒:芳根京子
小林琴平:柄本佑
河出慎之輔:杉野遥亮
佐々木玲圓:佐々木蔵之介
宍戸文六:ピエール瀧 → 奥田瑛二
由蔵:佐戸井けん太
毘沙門の統五郎:比留間由哲
東源之丞:和田聰宏
竹村武左衛門:高橋努
品川柳次郎:荒井敦史
坂崎伊代:南沙良
鉄五郎:ベンガル
川合久敬:桜木健一
蔵持十三:水澤紳吾
黒岩十三郎:阿部亮平
上野伊織:永瀬匡
さよ:川村ゆきえ
河出舞:宮下かな子
松吉:山本浩司
佐兵衛:有福正志
日村綱道:菅原大吉
三浦屋庄右衛門:陣内孝則(特別出演)
甚兵衛:橋本じゅん
邦右衛門:早乙女太一
高尾太夫:中村ゆり
天童赤児:波岡一喜
坂崎正睦:石丸謙二郎
坂崎照埜:財前直見(友情出演)
田沼意次:西村まさ彦(友情出演)
今津屋吉右衛門:谷原章介
金兵衛:中村梅雀
阿波屋有楽斎:柄本明

3年間の江戸勤番を終えた坂崎磐音は
幼なじみの小林琴平、河井慎之輔とともに
九州・豊後関前藩に戻った。
琴平の妹の舞は慎之輔に嫁ぎ、
磐音もまた、琴平と舞の妹である奈緒との
祝言を控えていた。しかし、妻の舞が
不貞を犯したという噂を耳にした慎之輔が
舞を斬ってしまい、それに激高した琴平が
慎之輔に噂を吹き込んだ人物と慎之助本人をも
斬るという事態に発展。磐音は罰せられた
琴平を討ち取るよう命じられてしまう。
2人の友を1日にして失う悲劇に
見舞われた磐音は、許婚の小林奈緒を
残したまま関前を後にし、たどり着いた
江戸の長屋で浪人に身をやつすこととなる。
昼は鰻割きとして働き、夜は両替商今津屋で
用心棒稼業を始めた磐音だったが、
そこで事件が起きる。

佐伯泰英の人気時代劇小説「居眠り磐音 決定版」
の話なので、面白いに決まっているのだが、
映画しててまとめたので、いささか慌ただしい。
各役者の演技で場を盛り上げてある。
最初の友人を切ってしまうのは、いかがと思うが、
それが無いと話が始まらない。
最後の花魁道中の芳根京子さんは、美しい。


時代劇映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月22日

映画「愛がなんだ」

11月14日(木)、映画「愛がなんだ
をレンタルDVDで見ました。
監督:今泉力哉
原作:角田光代
脚本:澤井香織 今泉力哉
音楽:ゲイリー芦屋
主題歌:Homecomings「Cakes」
キャスト
テルコ:岸井ゆきの
マモル:成田凌
葉子:深川麻衣
ナカハラ:若葉竜也
     穂志もえか
     中島歩
テルコの上司:片岡礼子
葉子の母:筒井真理子
すみれ:江口のりこ
愛がなんだ
28歳のOL山田テルコ。
マモルに一目ぼれした5カ月前から、
テルコの生活はマモル中心となってしまった。
仕事中、真夜中と、どんな状況でも
マモルが最優先。仕事を失いかけても、
友だちから冷ややかな目で見られても、
とにかくマモル一筋の毎日を送っていた。
しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、
マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、
マモルにとってテルコは単なる都合のいい
女でしかなかった。テルコがマモルの部屋に
泊まったことをきっかけに、
2人は急接近したかに思えたが、
ある日を境にマモルからの連絡が
突然途絶えてしまう。

普通では、良く分からない恋愛映画です。
坦々と描かれていて、その世界に引き込まれていきます。
出演者がその役にあってる気がして、
現実世界を感じます。
岸井ゆきのさんと江口のりこさんが良いですね。

恋愛映画も見るなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月21日

映画「ドント・ウォーリー」

11月13日(水)、映画「ドント・ウォーリー
をレンタルDVDで見ました。

監督:ガス・バン・サント
製作:シャルル=マリー・アントニオーズ
   モーラ・ベルケダール
   スティーブ・ゴリン
   ニコラ・レルミット
製作総指揮:ブレット・J・クランフォード
脚本:ガス・バン・サント

キャスト
ジョン・キャラハン: ホアキン・フェニックス
ドニー: ジョナ・ヒル
アンヌ: ルーニー・マーラ
デクスター: ジャック・ブラック
マイク: マーク・ウェバー
ジョージ: ウド・キア
テリー・アルバート: アンジェリーク・リヴェラ
リリー看護婦: オリヴィア・ハミルトン
スザンネ: キャリー・ブラウンスタイン
シャノン: ヘザー・マタラッツォ
ボニー: レベッカ・リッテンハウス
モートン・キンブル: ロン・パーキンス
マーギー: レベッカ・フィールド
コーキー: キム・ゴードン
イエス・アルバラード: エミリオ・リヴェラ
ドント・ウォーリー
風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を描いた映画。
オレゴン州ポートランドで酒びたりの毎日を送る
キャラハンは自動車事故により胸から下が麻痺し、
車いすでの生活を余儀なくされる。
これまで以上に酒に溺れるキャラハンは
周囲の人びととも衝突し、自暴自棄な日々を
送っていたが、あるきっかけにより自分を
憐れむことをやめるようになる。
持ち前の皮肉と辛辣なユーモアを発揮し、
不自由な手で絵を描く風刺漫画家として、
キャラハンは第2の人生をスタートさせる。
そんな彼の周囲にはいつもキャラハンを
見守るかけがえのない人たちの存在があった。

題名の通り、気にせず楽しく生きれば良いと思いました。
過去を振り返っても仕方有りません。
事故を起こした親友に会い、
その人を責めないで、仲良くした場面が印象的です。

人生は困難なつきものと思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月19日

映画「心と体と」

11月11日(月)、映画「心と体と」を
レンタルDVDで見ました。

監督:イルディコー・エニェディ
製作:モニカ・メーチ
アンドラーシュ・ムヒ
エルヌー・メシュテルハーディ
脚本:イルディコー・エニェディ

キャスト
エンドレ: ゲーザ・モルチャーニ
マーリア: アレクサンドラ・ボルベーイ
クラーラ: レーカ・テンキ
シャーンドル: エルヴィン・ナジ

2017年第67回ベルリン国際映画祭で
最高賞の金熊賞をはじめ4部門に輝いた映画。
心と体と
ブダペストの郊外にある食肉工場で
品質検査官の産休代理として派遣された
女性ラーツ・マーリアは、内向的な性格で、
職場になじめない。中年男性エンドレは、
財務部長の役職ではあるものの、左腕が
不自由のため引け目を感じ、職場では消極的で、
人並みの幸せを求めることは諦めていた。
そんな二人がカウンセラーの問診によって、
毎晩二人は同じ夢の中でそれぞれメス鹿とオス鹿
となって交流していたことを知り、現実世界で
二人の気持ちに変化が生まれ、
お互い気になる存在になってくる。

普通では、考えられない展開だが、
そんなこともあるんだなあと思わせる映画です。
取り立ててすごいことが起きるわけでもなく、
二人の関係が徐々に変化するのを
たんたんと描いてあり、それに引き込まれる不思議な映画です。
対して面白さを感じない人も居ると思います。
好みが分かれる映画のようです。


映画も人それぞれ好みは違うと思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年11月16日

映画「僕たちのラストステージ」

11月8日(金)、映画「僕たちのラストステージ
をレンタルDVDで見ました。

監督:ジョン・S・ベアード
製作:フェイ・ウォード
製作総指揮:ザビエル・マーチャンド
      ケイト・ファスロ
      ジョー・オッペンハイマー
      ニコラ・マーティン
       エウヘニオ・ペレス
       ガブリエル・タナ
       クリスティーン・ランガン
脚本:ジェフ・ポープ
キャスト
スタン・ローレル(スタン): スティーヴ・クーガン
オリヴァー・ハーディ(オーリー): ジョン・C・ライリー
ルシル・ハーディ: シャーリー・ヘンダーソン
ハル・ローチ: ダニー・ヒューストン
イーダ・ローレル: ニナ・アリアンダ
バーナード・デルフォント: ルーファス・ジョーンズ
シンシア・クラーク: スージー・ケイン
僕たちのラストステージ
ストーリー
1953年、アメリカの伝説的お笑いコンビの
ローレル&ハーディはイギリスでライブツアーを
行うことになった。1920年代後半から
1930年代にかけて、2人はハリウッドで
黄金時代を築き上げたが、ハル・ローチと
決裂してから徐々に落ち目になっていった。
そんな2人にとって、このツアーは復活を賭けた
最後の大勝負であった。2人は経済的にも
苦しい状態にあったが、芸の腕前は
一切衰えておらず、ツアーは大成功に終わった。
かつての人気を取り戻せるかに見えた矢先、
オリヴァーに病魔が襲いかかった。
それでも二人は、お互いを支え合い、
励まし合って生きた。
ポチっとして頂けるとありがたいです。
コメディアンとしての姿も、良く描かれていて
笑えました。コメディ映画と思いきや、
お互いを信頼しあい、認めて、支え合う姿に
涙してしまいました。
お笑い映画とヒューマン映画が混ざった素晴らしい映画でした。

泣ける映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月23日

映画「アラジン」

10月16日(水)、映画「アラジン」を
レンタルDVDで見ました。
監督 ガイ・リッチー
脚本 ジョン・オーガスト
原作 『アラジンと魔法のランプ』
製作 ダン・リン(英語版)
ジョナサン・アイリヒ
製作総指揮 マーク・プラット
ケヴィン・デラノイ
音楽 アラン・メンケン
主題歌 日本語訳詞 もりちよこ
キャスト
役名 俳優 日本語吹替
アラジン:メナ・マスード:中村倫也
ジャスミン:ナオミ・スコット:木下晴香
ジーニー:ウィル・スミス:山寺宏一
ジャファー:マーワン・ケンザリ:北村一輝
サルタン:ナヴィド・ネガーバン:菅生隆之
ダリア:ナシム・ペドラド:沢城みゆき
アンダース王子:ビリー・マグヌッセン:平川大輔
イアーゴ:アラン・テュディック(声):多田野曜平
ハキーム:ヌーマン・アジャル:宮内敦士
ラズール:ロビー・ハインズ
オマール:ジョーダン・A・ナッシュ:鈴木柊真
リアン:タリア・ブレア:稲葉菜月
ジャマル:アミール・ブートゥロス:山本兼平
魔法の洞窟:フランク・ウェルカー(声):掛川裕彦
アラジン
ストーリー
アグラバーの町で猿のアブーとともに
暮らす貧しい青年アラジン。
市場へ繰り出しては盗みを働いていた
彼は、ある日、変装した王女ジャスミンと
出会う。アラジンは侍女のふりをした
ジャスミンと心を通わせるが、アブーが
彼女の母の形見である腕輪を
盗んだことで幻滅されてしまう。
アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、
ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に
捕らえられる。国務大臣のジャファーは、
ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、
チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に
入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。
アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、
岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、
ランプを取ることに成功するが、
アブーが「ランプ以外の財宝に触っては
いけない」という掟を破って宝石に触れた
ことで、洞窟に閉じ込められてしまう。
途方に暮れたアラジンだったが、
絨毯の指示でランプをこすったところ、
ランプの中から魔人ジーニーが出現。
ジーニーはランプをこすりながら願い事を
言えば3つかなえると言う。アラジンは
ジーニーの目をごまかして願い事を言った
ふりをして魔法を使わせて洞窟から脱出すると、
1つめの願いで架空の国「アバブワ」の
王子・アリとして名前と服装を変え、
ジャスミンのもとへと向かう。
そして試練が待ち構えている。

よく知ったアラジンを実写映画化し
インド風の音楽でミュージカル映画しました。
さすがディズニー映画です。
最初から最後まで音楽も映像もストーリーも
楽しみ満載で飽きません。

ディズニー映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月22日

映画「チア男子!!」

10月15日(火)、映画「チア男子!!」を
レンタルDVDで見ました。

原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
監督:風間太樹
脚本:登米裕一
音楽:野崎良太 & Musilogue
主題歌:阿部真央「君の唄(キミノウタ)」(PONY CANYON)
出演
坂東 晴希(ばんどう はるき):横浜流星
橋本 一馬(はしもと かずま):中尾暢樹
溝口 渉(みぞぐち わたる):浅香航大
徳川 翔(とくがわ しょう):瀬戸利樹
遠野 浩司(とおの こうじ):小平大智
鈴木 総一郎(すずき そういちろう):菅原健
長谷川 弦(はせがわ げん):岩谷翔吾
高城 さつき(たかぎ さつき):伊藤歩
坂東 晴子(ばんどう はるこ):清水くるみ
高城 さくら(たかぎ さくら):唐田えりか
チア男子!!
ストーリー
柔道一家に生まれながら、やさしすぎる性格から
強くなれずにいた晴希は、試合で肩を負傷してしまう。
晴希が柔道を続けるべきか迷っていると、
柔道仲間で無二の親友である一馬が
「やりたいことがある」と、突然柔道を
やめると宣言する。一馬が晴希と一緒に
やりたいこと、それは男子チアリーディング部の
創設だった。些細なことから大ケガに
つながってしまうため「仲間を信頼すること」
というチアの基本を守りながら、男子チア部
「BREAKERS」は練習に打ち込んでいた。
仲間を集め練習に励むうちにチアの楽しさに
目覚め、学園祭での初舞台も決まる。しかし、
メンバー間の歯車が徐々におかしくなり、
やがて決定的ともいえる亀裂を生んでしまう。
学園祭での初舞台はどうなってしまうのか?

原作が良いのでストーリーが分かりやすく
やりたいことに打ち込む青春物語。
共感できることが多くなり、楽しく見られました。
娯楽として楽しく見られる映画は、
私好みです。

一生懸命打ち込む青春物語が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月12日

映画「アリータバトルエンジェル」

10月4日(金)、映画「アリータバトルエンジェル」を
レンタルDVDで見ました。
監督:ロバート・ロドリゲス
製作:ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー
製作総指揮:デビッド・バルデス
原作:木城ゆきと
脚本:ジェームズ・キャメロン レータ・カログリディス ロバート・ロドリゲス
撮影:ビル・ポープ
編集:スティーブン・リフキン アイアン・シルバースタイン
音楽:トム・ホルケンボルフ
主題歌:デュア・リパ
キャスト
アリータ: ローサ・サラザール、日本語吹替 - 上白石萌音
ダイソン・イド: クリストフ・ヴァルツ、日本語吹替 - 森川智之
チレン: ジェニファー・コネリー、日本語吹替 - 山像かおり
ベクター: マハーシャラ・アリ、日本語吹替 - 鶴岡聡
ザパン:エド・スクライン、日本語吹替 - 神谷浩史
グリュシカ: ジャッキー・アール・ヘイリー、日本語吹替 - 木村雅史
ヒューゴ: キーアン・ジョンソン、日本語吹替 - 島﨑信長
タンジ: ジョージ・レンデボーグ・Jr、日本語吹替 - 榎木淳弥
コヨミ: ラナ・コンドル、日本語吹替 - 村中知
ガーハード: アイダラ・ヴィクター、日本語吹替 - 中村千絵
マクティーグ: ジェフ・フェイヒー、日本語吹替 - 魚建
ニシアナ: エイザ・ゴンザレス、日本語吹替 - 志田有彩
ロモ: デレク・ミアーズ、日本語吹替 - 佐藤せつじ
キヌバ: レナード・ウー、日本語吹替 - 櫻井トオル
マスター・クライヴ・リー: リック・ユーン、日本語吹替 - 藤翔平
モーターボール・アナウンサー:声 - ジェフ・ボトムズ、日本語吹替 - 古舘伊知郎

ストーリー
地球と火星連邦共和国の間で
繰り広げられた没落戦争から300年。
地球最後の空中都市ザレムと、
ザレムから排出された廃棄物が積み上がる
地上のクズ鉄町アイアンシティに
世界は分断されていた。クズ鉄町に暮らす
サイバネ医師のイドは、ある日クズ鉄の山から
300年前の少女サイボーグの頭部を発見する。
修復された彼女は過去の記憶を失っており、
イドによってアリータと名付けられ、
イドのもとで暮らすようになる。
イドの手伝いをする少年ヒューゴに連れられて町を見て回り、
チョコレートやモーターボールに興味を持つアリータだが、
毎晩密かに出かけるイドが隠し事をしているのが
気にかかって尾行したことで、イドが犯罪者を
殺して治安を守る賞金稼ぎハンター・ウォリアーで
あることを知る。そしてイドを襲った賞金首グリュシカ
に立ち向かったその時、アリータは自分の中に
恐るべき格闘術パンツァークンストと、
かつて月面で戦った兵士としての記憶があることに気づく。

クズ鉄町で流行するモーターボールのオーナーの
ベクターは、レースのオッズを操作するため
最強のモーターボーラーを製造しようと目論んでいた。
ベクターの計画から逸脱したモーターボーラーを
密かに排除し、また天空都市ザレムの求める人体サンプルを
供給するため、連続殺人を行う手駒となっていたのが
グリュシカだった。グリュシカの報告によってアリータが
未知の技術で作られたサイボーグだと知ったベクターは、
アリータのボディを手に入れようと暗躍を始める。
イドの妻チレンも、故郷ザレムに帰るために
ベクターと手を結ぶ。そしてザレムに行く金を貯めるため、
ヒューゴもまたベクターの下でパーツ強盗を繰り返していた。

ヒューゴに導かれてURMの墜落した宇宙戦闘艇を
調べたアリータは、格納されていたサイボーグボディ
バーサーカーを発見したことで自分がかつて
戦士だったという確信を深める。しかしアリータを、
モーターボーラーによって殺された実の娘と重ねて
見ていたイドは、アリータが戦うことを決して許さない。
イドに反発したアリータは、こっそりと
ハンター・ウォリアーの登録を済ませ、
ヒューゴと共にBARカンザスを訪れる。
そこはハンター・ウォリアーの溜まり場で、
共にグリュシカと戦ってくれる仲間を求めたのだ。
しかし、ダマスカスブレード使いのザパンや
白熱掌のマスター・クライヴ・リー、犬使いマクティーグ
といった歴戦のハンターたちは取り合わず、
ザパンの挑発にアリータが乗ったことをきっかけに
大乱闘が始まってしまう。そして慌てて駆けつけた
イドの眼の前で、乱入してきたグリュシカを追って
アリータはクズ鉄町の地下へと飛び込んでしまう。
他の選手から強奪したグラインドカッターで
武装したグリュシカを前に、アリータは手も足も出ず
切り刻まれ、イド、ヒューゴ、そしてマクティーグの
援護によって辛うじて一命を取り留める。
そしてアリータの無残な姿を目の当たりにしたイドは、
彼女に新たなボディとしてバーサーカーを与えることを決意する。

バーサーカーボディを手に入れたアリータは、
グリュシカへの再戦に備える一方、ヒューゴとの
交流を重ねてどんどん彼に心惹かれていく自分に気づく。
やがてヒューゴがザレムに行くため、がむしゃらに
貯金をしていると知ったアリータは、彼と共に
ザレムに行く資金を手に入れようと、モーターボールの
トライアルテストに挑むことを決意する。
しかしそれは、アリータのボディを狙うベクターの
仕掛けた罠だった。そして一方では、アリータを
逆恨みするザパンの魔の手が、ヒューゴへと
伸びつつあった。窮地に陥ったアリータは、
ヒューゴを救うために走り出す。
さて、その結末やいかに。

実写なのかCGなのか分からないが、
素晴らしい映像と痛快なお話しに引き込まれます。
アリータの正義感につい、応援したくなります。
ストーリーが分かりやすく、感情移入しやすいのも良いです。
最後は、次回作もあるかなと思わせぶりです。

素晴らしい映像の映画を見たいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月11日

映画「翔んで埼玉」

10月3日(木)、映画「翔んで埼玉」を
レンタルDVDで見ました。
監督:武内英樹(千葉県出身)
原作:魔夜峰央(新潟県出身)「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」(宝島社)
脚本:徳永友一(神奈川県出身)
音楽:Face 2 fAKE(Achilles Damigosギリシャ出身 実家埼玉県、Oh!Be千葉県出身)
主題歌:はなわ(埼玉県出生・佐賀県育ち)「埼玉県のうた」(ビクターエンタテインメント)
挿入歌:さいたまんぞう「なぜか埼玉」
キャスト
伝説パート
壇ノ浦百美:二階堂ふみ(沖縄県出身)
麻実麗:GACKT(沖縄県出身)
阿久津翔:伊勢谷友介(東京都出身)
壇ノ浦建造:中尾彬(千葉県出身)
壇ノ浦恵子:武田久美子(東京都出身)
埼玉デューク:京本政樹(大阪府出身)
西園寺宗十郎:麿赤兒(奈良県出身)
おかよ:益若つばさ(埼玉県出身)
下川信男:加藤諒(静岡県出身)
埼玉県人の青年:間宮祥太朗(神奈川県出身)
神奈川県知事:竹中直人(神奈川県出身)
山田昌子:宮澤竹美
東郷修:鈴木勝大
岩村智史:福山翔大
浜野さざえ:小沢真珠
浜野あわび:中原翔子
A組女子:高月彩良・秋月三佳・田中明・搗宮姫奈
浦和支部長:勝矢
与野支部長:水野智則
東松山支部長:江戸川じゅん兵
草加支部長:竹森千人
深谷支部長:廻飛呂男
川口支部長:沖田裕樹
新座支部長:市川刺身(そいつどいつ)
上尾支部長:佐野泰臣
熊谷支部長:西岡ゆん
川越支部長:川口直人
ふなっしー(千葉県出身)
ふっかちゃん(埼玉県出身)
チーバくん(千葉県出身)
現代パート
菅原好海:ブラザートム(埼玉県出身)
菅原真紀:麻生久美子(千葉県出身)
菅原愛海:島崎遥香(埼玉県出身)
五十嵐春翔:成田凌(友情出演)(埼玉県出身)
Special Thanks(写真出演)
YOSHIKI(千葉県出身)
高見沢俊彦(埼玉県出身)
真木よう子(千葉県出身)
桐谷美玲(千葉県出身)
反町隆史(埼玉県出身)
竹野内豊(東京都出身・埼玉県育ち)
小倉優子(千葉県出身)
小島よしお(沖縄県出身・千葉県育ち)
市原悦子(千葉県出身)
阿久津学 / エンペラー千葉:JAGUAR(千葉県出身)
翔んで埼玉
ストーリー
夏のある日、埼玉県熊谷市に住む菅原家の一家は、
娘の愛海の結納のため、父の運転する車で
東京都内に向かっていた。結婚を機に、
東京都民になりたいと愛海がはしゃいでいると、
カーラジオのNACK5で、都市伝説を題材にした
ラジオドラマが始まった。
それは「埼玉解放の伝説の人物・麻実麗」の物語。
19XX年、東京では埼玉への迫害が続いていた。
埼玉県人は通行手形なしでは都内に入ることもできず、
過度に虐げられた生活を余儀なくされている。
代々東京都知事を生み出してきた超名門校・白鵬堂学院に、
海外から麻実麗という美少年が転校してきた。
差別を受けるZ組の生徒をなぜか庇い立てする麗に
不快感を抱く生徒会長・壇ノ浦百美は、
全校生徒の前で東京各地の空気の匂いを
当てさせるという無理難題を吹っかけて
麗に恥をかかせようとするが、麗はそれを見事クリア。
逆に百美は麗に心惹かれるようになってゆく。
しかしある日、麗が実は埼玉県人だと発覚してしまう。
埼玉に対する激しい拒絶反応に苦しみながらも、
愛する麗と共に逃避行を続ける百美。
そしてこの騒動の陰では、埼玉より先に
通行手形制度の撤廃を狙う「千葉解放戦線」が
蠢いており、やがて事態は埼玉対千葉の
全面戦争へと発展してゆく。
埼玉解放戦線、千葉解放戦線は流山橋付近の
江戸川を挟んで対峙するが、実は百美が赤城山で
歴代の東京都知事が不正に蓄財した金塊を
発見したことなどにより事前に両解放戦線の
共闘が成立しており、両解放戦線が東京都内に
攻め込むとともに百美が不正蓄財を暴露した
ことにより壇ノ浦建造は失脚する。
百美と麗は埼玉デュークが計画していた
これといった特色のない埼玉の文化を秘密裏に
日本全国に広める「日本埼玉化計画」を開始する。
愛海の婚約者は結納を行う会場に向かう自動車で
同じラジオドラマを聞いていて埼玉愛に目覚め、
都内ではなく春日部に新居を構えることを決意する。

漫画らしいばかばかしいお話しだが、
埼玉愛、千葉愛、にあふれ、分かりやすく
面白い。
こんな単純に感動できる話だからこそ面白い。
出演者も楽しんでいるように見え、とても共感できる。
ヒットしたのも頷ける。

郷土愛にあふれた映画を支持するなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年10月 9日

映画「七つの会議」

10月1日(火)、映画「七つの会議」を
レンタルDVDで見ました。
監督 福澤克雄
原作 池井戸潤
脚本 丑尾健太郎 、 李正美
音楽 服部隆之
主題歌 ボブ・ディラン
キャスト
八角民夫 野村萬斎
北川誠 香川照之
原島万二 及川光博
坂戸宣彦 片岡愛之助
三沢逸郎 音尾琢真
新田雄介 藤森慎吾
浜本優衣 朝倉あき
佐野健一郎 岡田浩暉
田部 木下ほうか
淑子 吉田羊
三沢奈々子 土屋太鳳
奈倉翔平 小泉孝太郎
星野 溝端淳平
飯山孝実 春風亭昇太
江木恒彦 立川談春
加茂田久司 勝村政信
村西京助 世良公則
梨田元就 鹿賀丈史
宮野和広 橋爪功
徳山郁夫 北大路欣也
七つの会議
ストーリーは、
中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の
八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。
トップセールスマンで、八角の年下である課長の
坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、
営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、
部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした
毎日を送っていた。そんなある日、社内で
パワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。
坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた
原島が新しい課長として一課に着任するが、
そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

さすが池井戸潤作品。
練られた筋は、面白さ満点で、
役者も揃って言うこと無し。
ただ映画では短すぎた感じは否めません。

池井戸潤作品が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月14日

映画「こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話」

9月6日(金)、映画「こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話」を
レンタルDVDで見ました。
原作:渡辺一史「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」(文春文庫刊)
監督:前田哲
脚本:橋本裕志
音楽:富貴晴美
主題歌:ポルノグラフィティ「フラワー」(SMEレコーズ)
製作代表:大角正、今村司
エグゼクティブ・プロデューサー:吉田繁暁、伊藤響
キャスト
鹿野靖明:大泉洋
安堂美咲:高畑充希
田中久:三浦春馬
高村大助:萩原聖人
前木貴子:渡辺真起子
塚田心平:宇野祥平
泉芳恵:韓英恵
鹿野清:竜雷太
鹿野光枝:綾戸智恵
田中猛:佐藤浩市
野原博子:原田美枝子
こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話
あらすじ
札幌で暮らす鹿野靖明(大泉洋)は
幼少から難病の筋ジストロフィーを患い、
車いす生活。体で動かせるのは首と手だけで、
介助なしでは生きられないのに病院を飛び出し、
ボランティアたちと自立生活を送っていた。
夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出す
ワガママな彼に、医大生ボラの田中(三浦春馬)は
振り回される日々。しかも恋人の美咲(高畑充希)に
一目ぼれした鹿野から、
代わりに愛の告白まで頼まれる始末!
最初は面食らう美咲だが、
鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、
自分に素直になること、夢を追うことの
大切さを知っていく。そんなある日、
鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう。

え、こんなわがままな人の介護、出来ないと思うが、
人間はみんなわがままだと思う。
身体が動く人は、出来ることが多いだけ。
身体が動かない人は、手伝ってもらうしか無い。
将来のことを考えると、家族で無く、
他の人に手伝ってもらうのが良い。
ボランティアに頼るのは、難しいと思うが、
ボランティアに好かれる人であれば、
協力者も多くなる。
いろいろ考えさせられた映画です。
大泉洋さんと高畑充希さんの演技が良かった。


介護のボランティアをしたことあるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月12日

映画「フォルトゥナの瞳」

9月5日(木)、映画「フォルトゥナの瞳」を
レンタルDVDで見ました。
原作:百田尚樹『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)
監督:三木孝浩
脚本:坂口理子、三木孝浩
音楽:林ゆうき
主題歌・挿入歌:ONE OK ROCK「In the Stars(feat. Kiiara)」
製作:市川南
キャスト
木山慎一郎: 神木隆之介
桐生葵: 有村架純
金田大輝: 志尊淳
宇津井和幸: DAIGO
植松真理子: 松井愛莉
黒川武雄: 北村有起哉
遠藤美津子: 斉藤由貴
遠藤哲也: 時任三郎
フォルトゥナの瞳
あらすじ
幼少期に飛行機事故で家族を失い、
友人も恋人もなく仕事にのみ生きてきた木山慎一郎。
しかし、慎一郎が「死を目前にした人間が透けて見える能力」
=「フォルトゥナの瞳」を持っていることに
気づいてしまったことから、生活が一変。
なぜこのような力を持ってしまったのかを
自問自答する苦悩の日々が続く。
そんな日々の中で慎一郎は桐生葵という女性に出会い、
互いに惹かれあった2人は幸せな日々を過ごす。
慎一郎の孤独な人生に彩りを与えてくれた葵という存在。
しかし、葵の身体が突然透け始めてしまう。
葵を助けるために行動を起こす。
それが自分の命を縮めることと知りながら。

この映画を見ながら、落語「死神」の事を思い出していた。
うーん、死神だなあと思った。


映画の中に浸れるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月11日

映画「マスカレード・ホテル」

9月4日(水)、映画「マスカレード・ホテル」を
レンタルDVDで見ました。

原作:東野圭吾『マスカレード・ホテル』(集英社文庫刊)
監督:鈴木雅之
脚本:岡田道尚
音楽:佐藤直紀
製作:石原隆、木下暢起、藤島ジュリーK.、市川南
キャスト
新田浩介:木村拓哉
山岸尚美:長澤まさみ
能勢:小日向文世
本宮:梶原善
関根:泉澤祐希
久我:東根作寿英
川本:石川恋
綾部貴彦:濱田岳
高山佳子:前田敦子
大野浩一:笹野高史
古橋:髙嶋政宏
安野絵里子:菜々緒
栗原健治:生瀬勝久
館林:宇梶剛士
森川寛子:橋本マナミ
片桐瑶子 / 長倉麻貴:松たか子
大竹:明石家さんま(友情出演)
田倉:鶴見辰吾
尾崎:篠井英介
藤木:石橋凌
稲垣:渡部篤郎
政治評論家:田口浩正
女装した男:勝地涼
マスカレード・ホテル
あらすじ
東京都内で3件の予告殺人事件が起きた。事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、第4の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する。
数名の捜査員が、第4の事件を未然に防ぐ為フロントスタッフやベルボーイに扮してホテルに配置され、不慣れなホテルマンとしてのホテル業務に悪戦苦闘しつつ、不審な宿泊客を監視する事を強いられる。捜査一課の刑事・新田浩介は、英語ができる帰国子女であることから、同ホテルのフロントスタッフに扮することになり、新田の補佐・教育係には、優秀なフロントクラークの山岸尚美が任命された。
立場も職業倫理も異なることから、潜入捜査が始まった段階では衝突の多い2人だったが、共にホテルマンとして、時には捜査員としての目線を互いに共有しながら、日常起こるホテル内での悲喜交々の出来事に対峙していくうち、二人の間には信頼と共闘意識が生まれる。そして、捜査本部がこれまでにない厳戒体制を敷いた、ある特別な1日が始まった。

なかなか難しい推理ドラマでした。
展開が早くて、話も難しく、
ついていけないところ多数ありましたが、
最後は、まとまりのある話になり、
さすが東野圭吾さんの原作と納得しました。
小日向さん、好きですね。
絡みが少ないのに勝地涼さんと
前田敦子さんの結婚には、ビックリしました。


映画好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年9月10日

映画「愛唄-約束のナクヒト-」

9月3日(火)、映画「愛唄-約束のナクヒト-」を
レンタルDVDで見ました。
監督:川村泰祐
脚本:GReeeeN、清水匡
音楽:GReeeeN
主題歌:GReeeeN「約束×No title」(ユニバーサル ミュージック)
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
キャスト
野宮透(のみや とおる):横浜流星
伊藤凪(いとう なぎ):清原果耶
坂本龍也(さかもと たつや):飯島寛騎
小池妙子(こいけ たえこ):中村ゆり
副島浩一(そえじま こういち):野間口徹
相川比呂乃(あいかわ ひろの):成海璃子
橋野冴子(はしの さえこ):中山美穂(特別出演)
タコス屋オーナー:奥野瑛太
伊藤佐和(いとう さわ):富田靖子
野宮美智子(のみや みちこ):財前直見
2017年に公開された「キセキ -あの日のソビト-」に続く、
GReeeeの映画プロジェクト第2弾。
脚本と音楽全般を担当したGReeeeNのメンバーが
実際に体験した出来事が基となっている。
愛唄-約束のナクヒト-
あらすじは、
ごく平凡な若手サラリーマン透は、ある日、
自分が病に侵され残り3か月の命であることを突き付けられます。
思い余ってビルの屋上から身を投げようとしたとき、
チャラい風貌の男が突然声をかけてきます。
高校時代の同窓生龍也でした。
龍也に事情をぶつけると、透のスマホの
カウントダウンアプリを起動させ、
残り時間は短いかもしれないけれど、
今はまだ生きていると言います。
夜の帰り道、伊藤凪という少女が書いた詩集が縁で、
元子役の相川比呂乃と出会い、
初めての恋かもしれない感情を透は抱き始めます。
比呂乃はとの出会いは、透の人生に輝きを与えますが、
比呂乃は元の演技の道へ進むべきだと思い、
透は身を引きます。
恋愛未満で終わったものの、透の人生に予期せぬ
イベントが起きたことを見ていた龍也は、
最後まで生きる抜けと励まします。
ある日、透は一人の少女と出会います。
その少女こそ、死んだはずの詩人伊藤凪でした。
透は、運命の少女凪の言葉に生きる意味を教えられる
のですが、凪も余命が長くありませんでした。
それでも今を懸命に生きる二人の姿が描かれた映画です。

この展開だと、どちらかが助かったりするのでしょうが、
現実的に死を迎える物語です。
生きるとはどんな事か考えさせられる映画でした。

今を懸命に生きているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年8月16日

映画「愛唄」

8月8日(木)、映画「愛唄」をレンタルDVDで見ました。
監督:川村泰祐
脚本:GReeeeN 清水匡
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
キャスト
横浜流星:野宮透
清原果耶:伊藤凪
飯島寛騎:坂本龍也
中村ゆり:小池妙子
野間口徹:副島浩一
成海璃子:相川比呂乃
中山美穂:橋野冴子
清水葉月
二階堂智
渡部秀
西銘駿:マサオ
奥野瑛太:タコス屋の店長
富田靖子:伊藤佐和
財前直見:野宮美智子
愛唄
内容は、
「キセキ あの日のソビト」に続くGReeeeN楽曲
映画化プロジェクト第2弾で、名曲「愛唄」を
モチーフに送る青春ラブストーリー。
「GReeeeN」自ら脚本に参加し、
彼らの実話エピソードをもとにした
オリジナルストーリー。
恋する勇気を持てないまま大人になってしまった
トオルは、元バンドマンの旧友龍也との再会や、
運命を変える詩との偶然の出会いを通し、
全力で恋と向き合う勇気を得る。
ようやく巡り会えた運命の少女凪の言葉に
生きる意味を教えられるトオルだったが、
凪にはある秘密があった。

良くある病と戦いながら出会い、恋が繰り広げられるドラマ。
ただ空想的な話ではなく、
現実的な話で共感できる。

運命と闘うことがあるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年8月15日

映画「ダンボ」

8月7日(水)、映画「ダンボ」をレンタルDVDで見ました。
監督:ティム・バートン
製作:ジャスティン・スプリンガー
    アーレン・クルーガー
    カッテルリ・フラウエンフェルダー
    デレク・フライ
製作総指揮:ティム・バートン
       ナイジェル・ゴステロウ
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:ベン・デイビス
美術:リック・ハインリクス
衣装:コリーン・アトウッド

キャスト
ホルト・ファリア:コリン・ファレル
V・A・ヴァンデバー:マイケル・キートン
マックス・メディチ:ダニー・デビート
コレット・マーチャント:エバ・グリーン
J・グリフィン・レミントン:アラン・アーキン
ミリー・ファリア:ニコ・パーカー
ジョー・ファリア:フィンリー・ホビンス
:ジョセフ・ギャット
:デオビア・オパレイ
:シャロン・ルーニー
:マイケル・バッファー
:ラース・アイディンガー
ダンボ
ストーリーは、
1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作「ダンボ」を、
実写化したファンタジーアドベンチャー。
サーカス団に飼われ、大きな耳を使って
空を飛ぶことができる小さなゾウの子ども
ダンボが、引き離された母親を助けるため、
サーカス団の家族の力を借りて
新たな一歩を踏み出す姿を描いている。
ティムバートンの美しい世界観が
随所に有り、それだけでも楽しい映画で、
一番の魅力は、ダンボの愛くるしい様子。
うるうるな可愛らしい瞳で見つめられたら
抱きしめたくなります。

ダンボに癒されたいなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月22日

映画「夢は牛のお医者さん」

7月15日(月・祝)、上越市立三郷小学校
映画「夢は牛のお医者さん」の上映会+
主人公丸山知美さんの講演会
があり
見に行ってきました。
上越市立三郷小学校

あらすじ
1987年──新潟県松代町莇平地区、
山あいにある小さな小学校に3頭の子牛が入学した。
当時、小学3年生だった少女が
牛の世話をするなかで抱いた夢が
「牛のお医者さん」。
親しんだ牛との辛い別れを経て、
夢を追いかけるため、家族や周囲の支えられ、
13.5倍の難関大学へ挑戦し、獣医師になる。
ペットではない「家畜」のお医者さんとなった
かつての少女は、やがて母となり、
かけがえのない「いのち」と向き合いながら
今日も闘っている。
新潟ローカル放送から日本テレビ系列「ズームイン!!朝!」
「NNNドキュメント」の全国放送で大きな反響を得た番組の映画化。
映画「夢は牛のお医者さん」の上映会+主人公丸山知美さんの講演会
以前見た事があるので、内容は分かっているのに
大学受験の結果通知の場面では、目頭が熱くなりました。

映画鑑賞後の主人公丸山知美さんの講演会では、
映画の内容の補足説明があり、
家畜の獣医師として、頑張っている事が分かりました。
その後いろんな方が質問しました。
私は、質問しそびれてしまいましたが、
次回機会があったら、
「牛とのお別れの際に歌っていた歌を覚えているか?
あの歌は、だれが作ったのか?」を質問したいです。

感動のドキュメンタリー映画を知っているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月19日

映画「TAXi ダイヤモンド・ミッション」

7月13日(土)、映画「TAXi ダイヤモンド・ミッション」を
レンタルDVDで見ました。
監督:フランク・ガスタンビド
製作:リュック・ベッソン
   ミッシェル・ペタン
   ロラン・ペタン
脚本:リュック・ベッソン
   フランク・ガスタンビド
   ステファーヌ・カザンジャン
撮影:バンサン・リシャール
衣装:クレール・ラカーズ
編集:ジュリアン・レイ
キャスト
フランク・ガスタンビド:シルヴァン・マロ
マリク・ベンタルハ:エディ・マクルー
ベルナール・ファルシー:ジベール市長
サブリナ・ウアザニ:サミア
エドゥアルド・モントート:アラン
ムッシュ・プルベ:メナール
アヌアル・トゥバリ:ミシェル
リオネル・ラジェ:レジス
シシ・デュバルク:サンドリーヌ
サンド・バン・ロイ:サンディ
ロマン・ランクリー:ビション副市長
サルバトーレ・エスポジート:トニードッグ
ファブリツィオ・ネボラ:ロッコ
ルドゥアン・ブゲラバ:マルコ
イシェム・ブゲラバ:イシェム
ラムジー・ベディア
TAXi ダイヤモンド・ミッション
あらすじ
最高のドライビングテクニックを持ちながら、
問題だらけの警官マロはパリ警察から
地方都市マルセイユへ左遷されてしまう。
赴任先のマルセイユ警察は、フェラーリなどの
高級車を使ったイタリアの宝石強盗団に頭を悩ませていた。
強盗団に対抗するため、時速300キロ超えの
伝説のタクシー・プジョー407を手に入れようとする
マロは、タクシーの持ち主ダニエルの甥で、
間抜けなタクシー運転手エディとタッグを組むはめに。
そんな中、世界最大級のダイヤモンド「カシオペア」が
5日後に到着するという知らせが入る。
強盗団は用意周到な完璧な作戦で
ダイヤモンドを盗み出そうとしていた。

分かりやすく、笑えて気楽に見られる映画です。
マルセイユの美しい景色と明るい絵柄がとても素敵です。
単純明快で、笑える映画が好きです。

分かりやすいが好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月18日

映画「ウスケボーイズ」

7月12日(金)、映画「ウスケボーイズ」を
レンタルDVDで見ました。
監督:柿崎ゆうじ
原作:河合香織
脚本:中村雅
エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ
プロデューサー:古谷謙一
        前田茂司
キャスト
渡辺大:岡村
出合正幸:城山
内野謙太:高山
竹島由夏:上村
金子昇
寿大聡:伊藤
須田邦裕
上野なつひ
升毅
萩尾みどり
清水章吾
岩本多代
柴俊夫
田島令子
小田島渚
大鶴義丹
柳憂怜
伊吹剛
和泉元彌:ソムリエ
伊藤つかさ:麻井沙織
安達祐実:稲田美樹
橋爪功:麻井宇介
ウスケボーイズ
日本のワインを世界レベルにまで引き上げた
ワインコンサルタント・麻井宇介の思想を
受け継いだ若者たちの姿を描き、
第16回小学館ノンフィクション大賞を受賞した
河合香織の「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」
を映画化。
ワインを楽しみながら、そのうんちくを語り合っていた
岡村ら「ワイン友の会」のメンバーは、
フランスと日本のワインでブラインドの
テイスティング会を開催する。
日本のぶどうで作られたワインがフランスワインより
おいしいはずがないという先入観で岡村たちは
テイスティングに臨むが、彼らの予想は外れてしまう。
そこで岡村たちは麻井宇介が生んだ
ワイン「桔梗ヶ原メルロー」の存在を知り、
常識を覆すワイン作りに没頭していく。
だが、そんなに簡単には、美味しいワインは造れない。
苦労の末、美味しい日本ワインを造れるようになる。

映画の中で麻井宇介さんの言葉からワイン造りが想像できます。
「問題は『人』である。気候や土壌の問題ではない」
「ワインを知るにはワインだけじゃダメ」
「まずは志において彼らと同じ場所に立つ」
「みんなで失敗を共有してやっていかなければ、時間が無駄になってしまう」

飲んでみたい日本ワインがたくさん出来ました。
一つ一つ飲んでみたいと思います。

日本ワインを好んで飲むなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月 4日

映画「女王陛下のお気に入り」

6月26日(水)、映画「女王陛下のお気に入り」を
レンタルDVDで見ました。
監督:ヨルゴス・ランティモス
製作:セシ・デンプシー
   エド・ギニー
   リー・マジデイ
   ヨルゴス・ランティモス
脚本:デボラ・デイビス
   トニー・マクナマラ
撮影:ロビー・ライアン
美術:フィオナ・クロンビー
衣装:サンディ・パウエル
編集:ヨルゴス・モブロプサリディス
キャスト
オリビア・コールマン:アン女王
エマ・ストーン:アビゲイル・ヒル
レイチェル・ワイズ:レディ・サラ(サラ・チャーチル)
ニコラス・ホルト:ロバート・ハーリー
ジョー・アルウィン:サミュエル・マシャム
ジェームズ・スミス:ゴドルフィン
マーク・ゲイティス:モールバラ卿(ジョン・チャーチル)
ジェニー・レインスフォード:メイ
受賞歴
2018年・第75回ベネチア国際映画祭審査員グランプリ受賞
    オリビア・コールマン女優賞受賞。
第91回アカデミー賞、作品賞を含む9部門10ノミネート
    オリビア・コールマン主演女優賞受賞。
女王陛下のお気に入り
ストーリー
18世紀初頭、英国はスペイン継承戦争で
フランス王国との戦争の渦中にあった。
アン女王は健康状態が思わしくなく、
親友である側近のマールバラ公爵夫人サラを
公私にわたって頼っていた。
そんな中、没落貴族の娘アビゲイル・メイシャムは
サラの縁故を頼って宮廷へ上がり、女中となる。
ある夜、女王は痛風の症状に苦しんで錯乱していた。
アビゲイルは、薬草を摘み、サラに無断で女王の足に塗った。
女王は足の痛みが良くなったとつぶやくと、
サラはアビゲイルへの処罰を撤回して女官に格上げする。
女王の寝室には、偶然アビゲイルがおり、
彼女は女王とサラが同性愛関係であることを目撃してしまう。
サラの専横的な姿勢が目立ってきたため、
女王は徐々にサラを疎ましく思うようになった。
ある夜、アビゲイルは女王の『足を揉む』際、
同性愛関係となり、サラはそれを目撃したが
無言で立ち去る。
翌日、女王はアビゲイルが『口でしてくれた』ことも理由に、
寝室付の女官に任命していた。
サラとアビゲイルの間で女王の寵愛をめぐる激しい闘争が始まった。
ついに、アビゲイルはサラの紅茶に毒を盛る。
大奥のような女の争いが続く。

何と言っても映像が綺麗だ。
広角レンズでの映像は、臨場感あふれ、
衣装やセットがすごいので絵画を見ているようだ。
女の争いを感情豊かな演技者が
より一層映像にすごみを与えています。
最後は、結末の無い終わり方でしたが、
引き込まれる映画でした。


映像美を見たいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年7月 3日

映画「運び屋」

6月25日(火)、映画「運び屋」を
レンタルDVDで見ました。
監督クリント・イーストウッド
製作クリント・イーストウッド
  ティム・ムーア
  クリスティーナ・リベラ
  ジェシカ・マイヤー
  ダン・フリードキン
  ブラッドリー・トーマス
製作総指揮アーロン・L・ギルバート
原案サム・ドルニック
脚本ニック・シェンク
撮影イブ・ベランジェ
美術ケビン・イシオカ
キャスト
クリント・イーストウッド:アール・ストーン
ブラッドリー・クーパー:コリン・ベイツ捜査官
ローレンス・フィッシュ:バーン主任特別捜査官
マイケル・ペーニャ:トレビノ捜査官
ダイアン・ウィースト:メアリー
アンディ・ガルシア:ラトン
イグナシオ・セリッチオ:フリオ
アリソン・イーストウッド:アイリス
タイッサ・ファーミガ:ジェニー
ユージン・コルデロ:ルイス・ロカ
ローレン・ディーン:ブラウン捜査官
運び屋
原案は「ニューヨーク・タイムズ」のサム・ドルニックの記事
「The Sinaloa Cartel's 90-Year-Old Drug Mule」
事実に基づいて作られた映画です。
あらすじ
家族をないがしろに仕事一筋で生きてきた
アール・ストーンだったが、いまは金もなく、
孤独な90歳の老人になっていた。
商売に失敗して自宅も差し押さえられて
途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいい
という仕事を持ちかけられたアールは、
簡単な仕事だと思って依頼を引き受けたが、
実はその仕事は、メキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だった。
麻薬取締局のコリン・ベイツに追われながらも、
家族との壊れた関係を修復しようとして
妻の看病に駆けつける。

クリントイーストウッドらしい
ヒューマニティあふれる映画です。
少しのユーモアと人生の苦悩が描かれています。

どんなふうに生きたいか時々考えるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月27日

映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~」

6月19日(水)、映画「えちてつ物語~わたし、故郷に帰ってきました。~」を
レンタルDVDで見ました。
監督:児玉宜久
脚本:児玉宜久
   村川康敏
プロデューサー:河合広栄
撮影:岸本正人
照明:桑原伸也
録音:林昭一
美術:岡島はるか
編集:阿部裕生
音響効果:橋本正明
助監督:川口浩史
テーマ曲:植田薫
キャスト
横澤夏子:山咲いづみ
萩原みのり:藤本奈緒
山崎銀之丞:黒川鉄也
笹野高史:越智圭祐
松原智恵子:笠羽和子
緒形直人:山咲吉兵
辻本祐樹:南部信也
坂本三佳:酒井美由紀
安川まり:鰐淵聡美
古田耕子
かなで:アカネ

福井県のえちぜん鉄道を舞台にした鉄道映画で、
2度の鉄道事故(京福電気鉄道越前本線列車衝突事故)を
起こし2003年にえちぜん鉄道として再出発する
実話を元に同社のアテンダントとして
働く女性の人間ドラマが描かれている
原作は、えちぜん鉄道でアテンダントをしていた
嶋田郁美によるノンフィクション『ローカル線ガールズ』が
元になっており、この映画のプロデューサーを務めた
河合広栄の出身地である福井県勝山市が主な舞台となっている。
また、映画の製作資金には、勝山市が国の
「地方創生推進交付金」を活用して援助している。
あらすじ
「人を笑顔にしたい」という夢を抱き、
お笑いタレントを目指し福井から上京した山咲いづみ。
しかし、コンビを結成するも全く売れず解散寸前に。
そんな心が折れそうな時、友人の結婚式で帰郷し、
披露宴で出会ったえちぜん鉄道の社長・越智から
アテンダントにスカウトされ、新しい道を歩みだす。
血の繋がらない兄・吉兵の家族が住む実家で
居候を始めるが、いづみは自分が養女だという
心のわだかまりを抱き続けていて、
吉兵との関係はギクシャクしたまま。
職場では、腰掛け的な態度が出てしまい空回りが続く。
そんな中、列車内である出来事が起きる。
その時、いづみがとった行動は・・・
人生の行き先に迷ういづみは、
自分の居場所を見つけられるのか?
家族の絆は取り戻せるのか・・・?

内容は、分かりやすく単純。
横澤さんの演技も素人っぽい。
でもそこが私には、良かったりする。
とてもハートフルで福井を舞台にして
ローカル色いっぱいの映画は、私好みだった。


人の繋がりを描いた映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月18日

映画「アリー スター誕生」

6月10日(月)、映画「アリー スター誕生」を
レンタルDVDで見ました。
監督:ブラッドリー・クーパー
製作:ビル・ガーバー
ジョン・ピータース
ブラッドリー・クーパー
トッド・フィリップス
リネット・ハウエル・テイラー
製作総指揮:ラビ・メータ
ベイジル・イバニク
ニーハ・カイケンダール
スー・クロール
マイケル・ラピーノ
ヘザー・パリー
脚本:エリック・ロス
ウィル・フェッターズ
ブラッドリー・クーパー
キャスト
レディー・ガガ:アリー
ブラッドリー・クーパー:ジャクソン・メイン
アンドリュー・ダイス・クレイ:ロレンツォ
デイブ・チャペル:ジョージ・"ヌードルス"・ストーン
サム・エリオット:ボビー
アンソニー・ラモス:ラモン
ラフィ・ガブロン:レズ・ガヴロン
ルーカス・ネルソン:ギタリスト
昨年、映画館で見たにもかかわらずまたレンタルDVDで見ました。
2回見て、より素晴らしさが分かったような気がします。
アリー スター誕生
あらすじは、
音楽業界でスターになることを夢見ながらも、
自分に自信がなく、周囲からは容姿も
否定されるアリーは、小さなバーで
細々と歌いながら日々を過ごしていた。
そんな彼女はある日、世界的ロックスターの
ジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままで
ショービジネスの世界に飛び込んでいく。
そしてスターになっていく。
それとは、反対にジャクソンは、酒、ドラッグにおぼれ
落ちぶれていき、アリーの授賞式で失態をさらす。
そして悲劇が起こる。
第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネート
主題歌賞を受賞した。
第76回 ゴールデングローブ賞(2019)ノミネート

旧作品をより一層良くしたリメイク作品。
旧作品と比べて洗練されている。
話の内容は単純なのでリメイクしやすいと思う。
改めてレンタルDVDで本作を見て思ったのは、
レディガガの存在感がすごすぎる。
歌が良すぎる。
画面に出てきた時にすでにスターのオーラがあった。
ジャクソンの落ちぶれ加減が今一。
もっと、悲惨なほど落ちぶれた方が、映画的には見栄えがする。
素晴らしい歌満載で136分にまとめてあると思います。

レディガガの歌が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月12日

映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

6月4日(火)、映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」をレンタルDVDで見ました。
監督:御法川修
原作:歌川たいじ
脚本:大谷洋介
主題歌:ゴスペラーズ
キャスト
太賀:タイジ
吉田羊:光子
森崎ウィン:キミツ
白石隼也:大将
秋月三佳:カナ
小山春朋:タイジ(幼少期)
斉藤陽一郎:タイジの父親
おかやまはじめ:婆ちゃんの弟
木野花:婆ちゃん
小説家・漫画家の歌川たいじによるコミックエッセイを映画化。
母さんがどんなに僕を嫌いでも
あらすじ
タイジは幼い頃から大好きな母に愛されることなく育てられた。
母からの愛の欠乏、さらに壮絶な家庭環境に耐えかね、
17歳で家を飛び出し、1人で生きることを選択した
タイジだったが、友人の言葉に動かされて
母ときちんと向き合う覚悟をする。
大人になってもタイジを拒絶する母。
そんな母からの愛を取り戻すため、
タイジは母に立ち向かっていく。

普通なら、こんなに強く生きられないと思う。
児童虐待、家庭内DVなど問題のある家庭は少なくない。
考えさせられることが多くあった。
誰かが救いの手をさしのべて、それに応じられる勇気があるなら、
人生が楽しく変わるかもしれない。

生きることの難しさ、大切さを知っているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月11日

映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

6月3日(月)、映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」をレンタルDVDで見ました。
監督:大根仁
脚本:大根仁
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
企画:川村元気
プロデュース:川村元気
音楽:小室哲哉
キャスト
篠原涼子:奈美
広瀬すず:奈美(高校生時代)
小池栄子:裕子
ともさかりえ:心
渡辺直美:梅
池田エライザ:奈々
山本舞香:芹香(高校生時代)
野田美桜:裕子(高校生時代)
田辺桃子:心(高校生時代)
富田望生:梅(高校生時代)
三浦春馬:藤井渉
リリー・フランキー:中川
板谷由夏:芹香
新井浩文:新井
矢本悠馬:梅の兄
2011年に製作され、日本でもヒットした
韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」を
リメイクした青春音楽映画。
SUNNY 強い気持ち・強い愛
あらすじ
かつて青春を謳歌した女子高校生の
仲良しグループ 「サニー」のメンバー6人は、
約22年の時を経て、それぞれ問題を抱える
大人になっていた。
何不自由ない生活を送っていた専業主婦の奈美は、
ある日、久しぶりにかつての親友芹香と
再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた。
「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。
芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す。
裕子、心、梅、そして奈々、 かつての仲間は無事、
芹香の前に再集結できるのか?
夢と刺激で溢れていた高校時代と、
かつての輝きを失った現在の 二つの時代が
交差して紡がれる物語が描かれています。

昔懐かしの音楽と共に青春時代を思い出す映画です。
最後は、なんとなくハッピーな気持ちになれます。

青春時代が素敵だったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年6月10日

映画「人魚の眠る家」

6月2日(日)、映画「人魚の眠る家」をレンタルDVDで見ました。
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾
脚本:篠崎絵里子
主題歌:絢香
キャスト
篠原涼子:播磨薫子
西島秀俊:播磨和昌
坂口健太郎:星野祐也
川栄李奈:川嶋真緒
山口紗弥:加美晴
田中哲司:進藤
斉木しげる
大倉孝二
駿河太郎
ミスターちん
遠藤雄弥
利重剛
稲垣来泉:播磨瑞穂
斎藤汰鷹:播磨生人
荒川梨杏:若葉
荒木飛羽
田中泯:播磨多津朗
松坂慶子:千鶴子

東野圭吾のベストセラーを映画化した作品。
人魚の眠る家
あらすじ
夫の浮気で別居状態にあった和昌と薫子の夫婦は、
娘の瑞穂の有名私立小学校の受験が終わったら
離婚するつもりでいた。
円満な関係をアピールするため、
面接試験の予行演習を待っていたある日、
薫子の母や妹たちとプールに行った瑞穂が
プールの排水溝の網に指を突っ込んで
抜けずに溺れてしまう。
和昌と薫子は病院に駆けつけるが、
集中治療室に運ばれた娘が脳死状態
であることを告げられ医師から
厳しい選択を迫られてしまう。
もう二度と目を覚まさない瑞穂の臓器を
提供するかどうか。
他人を思いやれる心優しい我が子を思い
2人は一度は臓器提供を決断するが、
最期の日、瑞穂の手がかすかに動くのを
薫子は目撃してしまう。
薫子は判断を覆し臓器提供を拒み、
そこから心臓は動き続けるが眠り続ける
瑞穂を家族の協力のもと介護しつづける。
和昌はIT系機器メーカーのハリマテクスを
経営しており、人工呼吸器を外し
人工知能呼吸コントロールシステムを
装着する手術を瑞穂に受けさせる。
さらに社員の協力で瑞穂の筋肉に電気信号を
流し手足が動かせるようになり筋肉量も維持していく。
そこから瑞穂の体調は良くなり、
普通の子がただ眠っているような
姿のまま成長していくが、脳死したはずの
瑞穂が動くことに気持ち悪がる人間もおり、
その偏見の目は瑞穂の弟・生人にまで及ぶ。
家族は薫子を思い今まで違和感を口に出せずにいたが、
瑞穂の死を受け入れなければならないと
考えるようになる。そして瑞穂の体調も急激に悪化し始める。

このような事に遭遇したら、どうすれば良いのか?
いろいろ考えさせられる映画です。
東野圭吾さんの小説の内容をコンパクトに上手くまとめた映画です。
家族とは何か?
生きるとは?
死とは?
死を受け入れるには、時間が必要だと思いました。

死について考えたことがあるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月31日

映画「食べる女」

5月24日(金)、映画「食べる女」をレンタルDVDで見ました。
監督:生野慈朗
企画:筒井ともみ
原作:筒井ともみ
脚本:筒井ともみ
プロデュース:筒井ともみ
       片岡公生
主題歌:Leola
キャスト
小泉今日子:餅月敦子
沢尻エリカ:小麦田圭子
前田敦子:白子多実子
広瀬アリス:本津あかり
山田優:茄子田珠美
壇蜜:米坂ツヤコ
シャーロット・ケイト・フォックス:豆乃・リサ・マチルダ
鈴木京香:鴨舌美冬
ユースケ・サンタマリア:タナベ
池内博之:豆乃修治
勝地涼:白石
小池徹平:友太
笠原秀幸:矢々田
間宮祥太朗:シノザキ
遠藤史也:哲太
RYO:米坂トキヲ
PANTA:お客さん
眞木蔵人:淳
小島聖:桃井はる
宇田琴音:桃井由有羅
鈴木優菜:米坂ミドリ
瀧福之助:米坂リュージ
食べる女
「食」と「性」をテーマに8人の女たちの日常を
描いた筒井ともみの短編小説集
「食べる女 決定版」を映画化しました。
雑文筆家のトン子こと餅月敦子は、
古びた日本家屋の古書店「モチの家」の女主人。
料理をこよなく愛する彼女の家に
恋や人生に迷える女たちが夜な夜な集まってくる。
トン子を担当する編集者で男を寄せつけないドドこと小麦田圭子、
ドドの飲み仲間であるドラマ制作会社の白子多実子、
求められると断れない古着屋店員の本津あかり、
いけない魅力を振りまくごはんやの女将・鴨舌美冬など。
年齢も職業も価値観もバラバラな彼女たちを、
おいしい料理を作って迎え入れるトン子。
それぞれに悩みを抱え、恋をし、美味しいものを食べると
それぞれの気持ちも変わっていく。
美味しいものが出てくるだけで、見ている方も気持ちよくなる。
そして、それを美味しそうに食べる映像が
見る人にも幸福を与えてくれる。
食べるって幸せだと感じさせてくれる映画です。

美味しいものを食べると幸せになると思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年5月30日

映画「生きてるだけで、愛。」

5月23日(木)、映画「生きてるだけで、愛。」をレンタルDVDで見ました。
監督:関根光才
原作:本谷有希子
脚本:関根光才
製作:甲斐真樹
キャスト
趣里:寧子
菅田将暉:津奈木
田中哲司:村田
西田尚美:真紀
松重豊:磯山
石橋静河:美里
織田梨沙:莉奈
仲里依紗:安堂
生きてるだけで、愛。
映画の内容
 同棲して三年になる寧子と津奈木。
もともと精神に問題を抱えていた寧子は鬱状態に入り、
バイトも満足に続かない。おまけに過眠症のため、
家にいても家事ひとつするわけでなく、
敷きっぱなしの布団の上で寝てばかり。
姉との電話やメールでのやり取りだけが
世間との唯一のつながりだった。
 一方の津奈木も、文学に夢を抱いて
出版社に入ったものの、週刊誌の編集部で
ゴシップ記事の執筆に甘んじる日々。
仕事にやり甲斐を感じることもできず、
職場での人間関係にも期待しなくなっていた。
それでも毎日会社に通い、家から出ることも
ほとんどない寧子のためにお弁当を買って帰る。
 津奈木は寧子がどんなに理不尽な感情を
ぶつけても静かにやり過ごし、怒りもしなければ
喧嘩にすらならない。それは優しさであるかに
見えて、何事にも正面から向き合うことを
避けているような態度がむしろ寧子を
苛立たせるが、お互いに自分の思いを
言葉にして相手に伝える術は持っていなかった。
 ある日、いつものように寧子が一人で
寝ていると、部屋に安堂が訪ねてくる。
かつて津奈木とつき合っていた安堂は
彼に未練を残しており、寧子と別れさせて
彼を取り戻したいと言う。
まるで納得のいかない話ではあったが、
寧子が津奈木から離れても生きていけるように、
なぜか安堂は寧子の社会復帰と自立を
手助けすることになる。こうして寧子は
安堂の紹介で半ば強制的にカフェバーのバイトを始める。
そして、またいろいろな事件が起きる。

話の内容自体は、どうでも良い他人事であるが、
趣里さんの演技が尋常じゃ無い。
精神的に止んでいる寧子を神がかったように演じている。
その姿に愛おしささえ感じてしいます。


趣里さんに興味を頂いたなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画