新澤醸造店 あたごのまつ純米吟醸ささら - あいの日々徒然

2020年7月16日

新澤醸造店 あたごのまつ純米吟醸ささら

7月9日(木)、宮城県新澤醸造店さんの
あたごのまつ純米吟醸ささら
を晩酌で飲みました。
新澤醸造店さんは、明治6年(西暦1873年)創業。
大崎市三本木で約140年間酒を醸し続けてきましたが、
東日本大震災で蔵が全壊、壊滅的な打撃を受けました。
しかし、社長兼杜氏の新澤巖夫さんの動きは速かった。
平成23年(2011)7月、製造部門の移転を決意し、
同年11月には山形県との県境に位置する
川崎町で酒造りを再開しました。
あたごのまつ純米吟醸ささら

あたごのまつ純米吟醸ささら
原料米:富山県産 五百万石 一等米
酵母:宮城酵母
精米歩合:55%
日本酒度:+4
酸度:1.7
アミノ酸:1.2
アルコール分:16%
小さ(ささら)なお米、ひとつぶひとつぶに想いをたくし、
天(ささら)を目指す酒造り。
「究極の食中酒」を意識し、一層食材を引き立てる事、
綺麗で爽やかなキレを演出する事を大切にしています。
繊細ながら芯のある味わいを太楽しみください。
「究極の食中酒」
まさに書いてあるとおりの食中酒だと思いました。
フワっとバナナやメロンを思わせる心地よい香味。
爽やかな酸味とほのかな甘みが余韻を残します。
綺麗な中にも柔らかさも感じられるバランスの良い食中酒。
アルコール感もあり、飲み応えもあります。

食中酒を愛するなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6300

コメント

●たくみの里のふく様へ
>おはようございます。
   こんにちは。

>食中酒というのがあるんですね。
    ワインは、食事に合わせて飲みますし、
    基本、食べ物に合わせてお酒を飲みます。
    食事の味に合ったお酒を飲むと良いですね。

おはようございます。

食中酒というのがあるんですね。
知らなかったです。
食事を楽しめるお酒って嬉しいですよね^-^

コメントする