川渡餅 2017 - あいの日々徒然

2017年11月30日

川渡餅 2017

今日11月30日(木)と12月1日(金)は、川渡餅の日。
上越市のお菓子屋さんでは川渡もちが1個108円(税込)で売っています。

さっそく上越市本町のもちやさんで川渡餅を買って食べました。
川渡餅

美味しい。
本物のお餅が黒糖を使った小豆に包まれています
甘さがしっかりしていますが、しつこくありません。
本物のお餅が黒糖を使った小豆に包まれています
私は、2011年2012年2013年2014年2015年2016年ともちやさんの川渡餅を食べています。


上杉謙信公と川渡もち
[川渡もち由来]
高田地方に十二月一日初雪の早暁を破り
「川渡も餅ヤーイ餅ヤーイ」と声も勇ましく売り歩く風習があります。
此の起源は今を去ること約四〇〇年永禄四年越後の上杉謙信公は
甲斐の武田信玄公と年来の雌雄を決せんとして出陣し、
千曲川をはさみ謙信は妻女山に信玄は八幡原に両軍五万余騎が対陣した時、
謙信公、戦い前夜士卒に餅を配り士気旺盛なる威力を以て折からの濃霧の中、
川を渡り旧暦十月十日未明武田と激戦の末、勝を得ました。
以来春日山城下高田地方の住民は謙信公の戦勝と武勇にあやかる様、
川を渡る前に食べた餅を十二月一日「川渡餅」と称して食べ
心身の鍛錬とする行ま事を残す様になりました。
また、謙信公は、4回目の合戦、謙信が単独で信玄に切りかかったことで後世に名をとどろかせた。
頼山陽の詩は、川中島の合戦を詠ったものである。
ふしきあんきざんをうつのずにだいす
題不識庵撃機山図
べんせいしゅくしゅくよるかわをわたる
鞭声粛々夜河渡
 
   あかつきにみるせんぺいのたいがをようするを
暁見千兵擁大牙
いこんじゅうねんいつけんをみがく
     遺恨十年磨一剣
りゅうせいこうていちょうだつをいつす
流星光底逸長蛇
(高田菓子組合川渡餅案内より)

川渡餅を食べたくなったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4281

コメント

●吉野聡建築設計室さまへ
>おはようございます。
   こんにちは。

>是非に!!行ってみたい・食べてみたいお店です(^^)
   是非、お出でください。お待ちしております。(^^ )


●京丹後のおやじさんへ
>こんばんは(^^)
   こんにちは。

>以前取り寄せて食べたことがあります。
>作ったその日の食べた方が美味しいですね。(^^)
    お取り寄せできるのですね。
    本物のお餅は、次の日にはかたくなりますね。

おはようございます。

なんて、素晴らしい・美しいもちやさんの川渡餅なんだろう♪
是非に!!行ってみたい・食べてみたいお店です(^^)

こんばんは(^^)

以前取り寄せて食べたことがあります。
作ったその日の食べた方が美味しいですね。(^^)

コメントする