アンモニアを燃やして発電 - あいの日々徒然

2021年2月17日

アンモニアを燃やして発電

2月11日(木)の朝刊に「アンモニアを燃やして発電」
と言う記事を読みました。
インターネットで「アンモニア 発電」で調べると
資源エネルギー庁の「アンモニアが燃料になる?!
を見つけました。
アンモニアが燃料になる?!
アンモニアは、燃やしても二酸化炭素(CO₂)が
出ないため、CO₂を多く出す石炭に代わる
火力発電の燃料として期待されている。
現在もっとも技術開発が進んでいるのが、
石炭火力発電のボイラーにアンモニアを混ぜて
燃焼させる「火力混焼」です。
火力発電のCO2排出量は、日本国内のCO2総排出量の
約4割を占めていることから、CO2排出量の少ない
「低炭素社会」を実現するためにはその対策が欠かせません。
そのための取り組みのひとつが、アンモニアの混焼、
そしてその先の専焼です。
良いことばかりではなく、アンモニアは燃焼の際には
CO2を排出しませんが、アンモニアの原料となる水素を
石炭や天然ガスなどの化石燃料から製造する場合、
製造過程でCO2が発生します。
再生可能エネルギーを使って作った水素を使うことで、
真の「カーボンフリー」の実現させていく必要があります。
いろいろ課題はあるようですが、
CO2削減に研究が進むことを期待しています。


地球温暖化問題について考えるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6680

コメント

●吉野聡建築設計室さまへ
>おはようございます。
  こんにちは。

>私達がすべきことがたくさんありますね。
  そう思います。輝く未来のために。

おはようございます。

まずは、CO2の10%削減へ。
そして、輝く地球である為に。
私達がすべきことがたくさんありますね。

●山下博成さまへ
>おはようございます。
   こんにちは。

>水を水素と酸素に分けて燃料電池で使った方が手っ取り早いのですけどね。(^^)
    単価がやすくて使いやすいのが良いですね。


●たくみの里のふく様へ
>おはようございます。
   こんにちは。

>地球のためは、自分のためですね。
   そうなんです。地球に良いことしたいです。


●溶射屋様へ
>おはようございます。
   こんにちは。

>環境に優しい技術がどんどんと開発されて世に出てきて欲しいです。
    はい、早く実行されることを願います。

おはようございます。

メタンガス発電はバイオマスでありますが、アンモニアも発電できるのですね。
水を水素と酸素に分けて燃料電池で使った方が手っ取り早いのですけどね。(^^)

おはようございます。

地球のためは、自分のためですね。
こういう研究やリサイクルの現状など、
知らないといけないことがありますね。

あいさん

おはようございます。

環境に優しい技術がどんどんと開発されて世に出てきて欲しいです。

人気ブログランキング ポチッ!

コメントする