古流手打ちそば処こそば亭さんでランチ - あいの日々徒然

2020年10月14日

古流手打ちそば処こそば亭さんでランチ

10月8日(木)、妙高市大字美守の
古流手打ちそば処こそば亭さん
でランチしました。
古流手打ちそば処こそば亭さんは、
LE GUIDE MICHELIN NIIGATA 2020 特別版で
快適度は適度な快適と評価され、
料理の評価は、ビブグルマン、
価格以上の満足感が得られる料理と
評価されたお店です。
古流手打ちそば処こそば亭

天ざる蕎麦1400円税込を注文しました。
天ざる蕎麦1400円税込

美味しい蕎麦のためのお店のこだわりは、
妙高山麓の深い谷間の奥に奇跡的に生き残った
希少在来種蕎麦「こそば」のみを使用しています。
日本でも有数の豪雪地帯妙高山麓の土と気候が
「こそば」の濃厚な味と香りを育てるそうです。
こそばの実を、低速回転の石臼で出来る限り
熱をかけず製粉した、こだわりのそば粉を
使用して毎日店主が真心込めて
蕎麦をうっているそうです。
つなぎは、新潟県南部・長野県北部に伝わる、
伝統のつなぎ「オヤマボクチ」を使用しているそうです。
オヤマボクチとは、
山菜のヤマゴボウの一種で、「ゴンボッパ」「ヤマゴンボ」
「ウラジロ」と呼ぶ地域もあるそうです。
その語源は、葉の裏に生える繊維を、
火おこしの時に火口(ぼくち)として使っていたから、
と言われています。新潟県妙高市・長野県飯山市などで、
古くから蕎麦のつなぎとして使用されて来ました。
少量をつなぎとして蕎麦に練り込むだけで、
独特の歯切れのいい食感を生みだすそうです。
素材にとことんこだわったそばつゆ。
1.出汁には厳選した最高品質の「本枯節」のみを使用。
2.最高品質の醤油・味醂・砂糖を数週間熟成させて
  作った特製かえしを使用。
3.出汁とかえしの比率にとことんこだわり、
  調合後も数日熟成させて一番おいしいタイミングを
  逃さず使用。
美味しい蕎麦のためのお店のこだわり

天ぷらは、どれも熱々で
野菜はジューシーに仕上がり、
海老も柔らかさを保っていて美味しいです。
衣をパリッとさせすぎているので、
もう少し軟らかいと私好み100点になります。
天ぷら

そば湯は、粉っぽく無く、まろやかで蕎麦の甘みが感じられます。
へんに加工してないのが良いですね。
そば湯
コロナ禍で席の間隔を空けてありましたが、
マスク無しに大声で話すお客さんがいたのが気がかりです。

ミシュランガイドを参考にしているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6448

コメント

●吉野聡建築設計室さまへ
>おはようございます。
   こんにちは。

>とっても美味しそうな天ざる蕎麦です♪
   ミシュランガイドお墨付きですから。(^^ )

おはようございます。

とっても美味しそうな天ざる蕎麦です♪
あいさんの写真を見て!!
今日のランチは、これで決まりです(^o^)