高田世界館で井浦新さんが「こはく」舞台あいさつ - あいの日々徒然

2019年12月 1日

高田世界館で井浦新さんが「こはく」舞台あいさつ

11月23日(土・祝)、上越市本町の
今年で108歳、現存する日本最古級の映画館
高田世界館で映画「こはく」を見てきました。
高田世界館

映画「こはく」
監督:横尾初喜
原案:横尾初喜
脚本:守口悠介
エグゼクティブプロデューサー:相羽浩行
プロデューサー:小関道幸 兼田仁 森田篤
脚本:守口悠介
撮影:根岸憲一

キャスト
広中亮太(弟)- 井浦新
広中章一(兄)- 大橋彰
広中友里恵(亮太の妻)- 遠藤久美子
佐久本 - 嶋田久作
宮本優希(宮本哲郎の孫)- 塩田みう
越野啓介(ガラス細工会社社員)- 寿大聡
小形晃子 - 鶴田真由
宮本哲郎(ガラス細工職人) - 石倉三郎
三田崇之(亮太・章一の父) - 鶴見辰吾
広中元子(亮太・章一の母)- 木内みどり
広永亮太(幼少期)- 城下弘貴
広永章一(幼少期)- 城下弘哉
長崎県に住む広永亮太(井浦新)は35歳。幼い頃に別れた父のことはほとんど覚えていないが、父が借金とともに残していったガラス細工会社を受け継ぎ、どうにか経営を立て直しつつある。その一方で、かつての父と同じように離婚し、ふたりの息子とずっと会っていない亮太。現在の妻の友里恵(遠藤久美子)とは幸せに暮らしているが、ある日、友里恵から妊娠を告げられ、喜びながらも父親になることへの一抹の不安を覚える。  そんな折、母の元子(木内みどり)と暮らす兄の章一(大橋彰)が、街で父を見かけたと言い出した。いい加減なことばかり言って仕事もせずにぶらぶらしている兄が、いつになく真剣な面持ちで父への恨みも口にしたため、亮太は衝撃を受ける。
 兄に付き合って父を捜し始めた亮太は、自分たちと別れた後の父の人生に思いを馳せる。忘れかけていた子供時代の記憶が蘇り、若き日の母が垣間見せた孤独な姿も思い出すようになる。母は今でも父のことを話すのを嫌がり、亮太が理由を訊いても教えてくれない。  そんな母に内緒で父を捜し続けた亮太と章一は、唯一の手がかりとなりそうな元従業員の女性の住所を手に入れるが、その住所を訪ねると、女性はすでに転居してしまっていた。父親捜しは暗礁に乗り上げた。そもそも兄が父を見たというのは本当なのか? 亮太は章一を疑い始め、兄弟の仲が険悪になりかけたとき、母が病に倒れた。  病床で初めて、「お父さんは優しかったとよ」と語る母。友里恵が息子の亮平を出産した数カ月後に、母はこの世を去った。そして葬儀の日、ついに亮太と章一は父に関する有力な情報を得る――。
全編、長崎弁で家族愛と情緒たっぷりです。
映画「こはく」

この日は、180席の高田世界館が満席。
それもそのはず、監督の横尾初喜さん、
エグゼクティブプロデューサーの相羽浩行さん、
主演の 井浦新さんが舞台挨拶
に来てくれたのですから。
映画上映後、1時間ほどトークや質問コーナーで
お客さんと交流しました。
映画に対しての真摯な向き合い方が分かりました。
監督の横尾初喜さん、エグゼクティブプロデューサーの相羽浩行さん、主演の 井浦新さんが舞台挨拶

舞台挨拶後は、サイン会が開催され
気さくで素晴らしい井浦さんの姿が印象的でした。
モデル出身らしく、着こなしも格好良かったです。
井浦さん
今回の舞台挨拶は、写真撮影OKで
どんどん映画「こはく」の宣伝してほしいとのことでした。


映画「こはく」見たくなったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5774

コメントする