演劇「誰か席に着いて」 - あいの日々徒然

2017年12月30日

演劇「誰か席に着いて」

12月13日(水)、上越文化会館で演劇「誰か席に着いて」を妻と二人で観てきました。
出演が木村佳乃さん、田辺誠一さん、倉科カナさん、片桐仁さん、
福田転球さん、富山えり子さんと豪華で、SS席が5000円で発売されたので
とても人気となった公演でした。
誰か席に着いて

<ストーリー>
芸術家の活動を支援する小原芸術文化財団。
その創設者の孫娘の織江と夫の哲朗、織江の妹の珠子と夫の奏平が、
助成対象者を決める選考会に集まる。
活発な議論をしつつも、四人はそれぞれ別の問題で頭がいっぱい。
シナリオライターである織江は、奏平が気まぐれに書いた脚本を
「盗用」している。その奏平は財団の資金を使い込んでいる。
哲朗はかつて関係を持った珠子との復縁を願っている。
その珠子は姉に対する罪悪感に苦しみつつ、育児によって
休止せざるをえなくなったダンサーとしての立場に不安を覚え、
自らを助成対象者の枠にねじ込みたい。
問題解決のためにたびたび中座する四人。
誰かが戻ると誰かが立つ。一向に決まらない「有望なアーティスト」。
芸術と我欲の間をせわしなく往復する男女の喜劇。
休憩無しの1時間半の演劇で、とても楽しく見ることが出来ました。
2列目の席で役者さんが良く見えました。
木村佳乃さんのスタイルに歓声が上がっていました。
倉科カナさんもとても可愛かったです。
今回は、お客さんもマナー良く見ていたようです。
マナー良く
また、楽しい演劇を観たいです。


良席で観る演劇は、ひと味違うと思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4345

コメント

●昆布巻きのうおぬま屋店長さんへ
>こんにちは。
   こんにちは。

>女優さんの美しさには興味が有ります。(^^)
   女優さんは、きれいです。細いです。びっくりです。 (^^ )

こんにちは。

演劇やドラマには、あまり興味が無いのですが、
女優さんの美しさには興味が有ります。(^^)

コメントする