演劇「妥協点P」 - あいの日々徒然

2016年11月 5日

演劇「妥協点P」

9月25日(日)、妙高市文化ホールで演劇「妥協点P」を
妻と二人で観劇してきました。
妙高市文化ホール

演劇「妥協点P」は、
名古屋の劇団うりんこによる演劇でした。
内容は、
そこは、学校の図書準備室。
ホコリをかぶった本たちがうず高く積み上がる。
めったに人がやって来ないこの部屋は、
大っぴらにはできない
"生徒指導"を行うにはうってつけの場所。
発端は、ある生徒が書いた学級劇の台本。
そこに描かれていたのは恋人たちの物語。

もしそれが異国の王子と姫ならば
問題はなかった。
問いかける教師。答えない生徒。
この一冊の台本から、
他者と自分の、
現実と理想の、
今日と未来の、
自分自身との、妥協点を探す旅がはじまる。
と言うモノです。
演劇「妥協点P」
面白可笑しく、最後は、あらぬ方向に話が行き、
結論は出ないまま終わるのですが、
見た人が想像して終わらせる演劇でした。
学生演出家役の女性の無表情が、とても印象的な劇でした。


演劇の奥深さを覗きたくなったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3781

コメント

●吉野聡建築設計室さまへ
>おはようございます。
  こんにちは。

>いろんな感性がある事も、強みの1つですね。
    ありがとうございます。(^^ )

●京丹後のおやじさんへ
>こんばんは(^^)
  こんにちは。

>無表情も演出ですね。(^^)
   はい、そうなんですね。(^^ )

おはようございます。

芸術にも強いあいさん。
演劇の鑑賞ですね♪
いろんな感性がある事も、強みの1つですね。

こんばんは(^^)

>学生演出家役の女性の無表情が、とても印象的な劇でした。

無表情も演出ですね。(^^)

●溶射屋様へ
>こんにちは!
   こんにちは。

>あいさんは本当に色んなことに興味を持つ方ですよねぇ(^^)
   はい、(^^ )

保険屋あいさん

こんにちは!

>演劇の奥深さを覗きたくなったなら、ポチっとして頂けるとありがたいです。

あいさんは本当に色んなことに興味を持つ方ですよねぇ(^^)

人気ブログランキング ポチッ!

コメントする