NHKスペシャル ドラマ「こもりびと」 - あいの日々徒然

2020年11月30日

NHKスペシャル ドラマ「こもりびと」

11月22日(日)、NHKスペシャル ドラマ「こもりびと
を見ました。
作:羽原大介
出演:松山ケンイチ
   武田鉄矢
   北香那
   迫田孝也
   根岸季衣
音楽:上野耕路
挿入歌:ザ・ブルーハーツ
こもりびと

このドラマで
全国の「ひきこもり」の数は100万人
その半分以上は親が高齢化した世代

と言うことを知りました。
全国の「ひきこもり」の数は100万人その半分以上は親が高齢化した世代

このドラマは、ひきこもりの人たちを取材して出来たドラマらしく、
ドラマの中で、ひきこもりになっていた人やその家族が出てきました。
ひきこもりになるきっかけは、些細なことの積み重ねや
人々の誹謗中傷によることが多いと思いました。
ひきこもりになっていた人やその家族
ストーリー
10年以上に渡ってひきこもり生活を送る倉田雅夫(松山ケンイチ)。
重いストレスを抱え働けなくなったことがきっかけだった。
厳格な父・一夫(武田鉄矢)は元教師。
地元でも尊敬を集める存在だが、雅夫の存在を世間から隠し、
立ち直らせることも諦めていた。しかし、自らの余命宣告を機に、
最後にもう一度息子と向き合うことに。
一方の雅夫は、閉ざされた部屋の中で人知れず、
ひきこもりから抜け出す道を必死で探っていた。

現実にあった出来事を題材に作られたらしいので
最後もハッピーエンドとは行かないが、
前を向き、社会に出る兆しが見えます。
ひきこもり、いろんな人の助けが必要だと思います。

社会問題になっていることに向き合っているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6535

コメントする