NHKEテレ「青春舞台2020」 - あいの日々徒然

2020年9月23日

NHKEテレ「青春舞台2020」

例年、全国高等学校総合文化祭で行われる
全国高等学校演劇大会を取り上げ、
最優秀賞の演劇をノーカット上映する
NHKEテレ「青春舞台2020
今年は、新型コロナウイルス感染予防のため、
高知での第44回全国高等学校総合文化祭は行われず、
インターネットを使ったWEB SOUBUNサイト
による開催となりました。
青春舞台2020

今回、番組が取り上げたのは、
WEB SOUBUNサイトに参加する
千葉県立松戸高校演劇部の活動です。
千葉県立松戸高校演劇部

代替大会も中止になり、自主公演をすることになりましたが
向かい合っての発声やふれ合いが出来なかったり、
演出上も規制が多く、難しい演技になる場面が沢山ありました。
数々の試練を乗り越え、いろんな人の協力の下、
8月7日(金)に松戸市森のホール21で自主公演することが出来ました。
8月7日(金)に松戸市森のホール21で自主公演

その公演は、録画録音され、
WEB SOUBUNサイト
配信されました。
私も見ました。
とても感動する演劇でした。
演劇の題名は「ゴリラゴリラゴリラ」
内容は、大学の文系学部に進学した女子大生が主人公。
たまたま出会ったニシローランドゴリラに魅せられ研究者を志します
(タイトルの『ゴリラゴリラゴリラ』はニシローランドゴリラの学名)。
彼女はゴリラとコミュニケーションできるほど努力を重ね、
親友のゴリラができ研究者の道へ突き進みますが、
結婚・出産を経て彼女の出自が明らかにされ・・・。
このお話は、松戸高校の阿部先生がゴリラ研究の第一人者
山極寿一氏や動物学者ダイアン・フォッシーの著作などに
着想を得て執筆した作品です。
場面転換の鮮やかさ、そして主役をはじめとする役者の
演技の見事さなど高校演劇の王道を知る上で必見の作品です。
そして、ネット配信の効果は、こんな所のにも及びました。
なんとゴリラ研究者京都大学総長山極寿一さんが演劇を観て下さった
そして、松戸高校演劇部の生徒達とネットで語り合いました。
ゴリラ研究者京都大学総長山極寿一さんが演劇を観て下さった
生の演劇の迫力を見ることも重要ですが、
ネット配信で沢山の人に演劇を
観てもらえることの意義も感じました。
残念ながら映像化出来なかった学校もありますが、
多くの学校が沢山の人の協力で
WEB SOUBUNサイトに参加しています。
高校生の活躍を見てあげて下さい。

もうWEB SOUBUNサイトを見たなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6411

コメントする