新型コロナウイルスCOVID-19検査の違い - あいの日々徒然

2020年5月25日

新型コロナウイルスCOVID-19検査の違い

最近、ニュースで新型コロナウイルスの
検査について解説しているのをよく見かける。
私なりに検査について調べてみました。
PCR検査、抗原検査、抗体検査について
表にしてみました。
PCR検査、抗原検査、抗体検査
PCR検査は、今、新型コロナウイルスに
感染しているか判定する検査で、
花、喉、喀痰などのついたウイルスを検査する。
判定まで6時間くらいかかる。
抗原検査は、今、新型コロナウイルスに
感染しているか判定する検査で、
花、喉、喀痰などのついたウイルスを検査する。
これは、PCR検査と同じ。
判定まで30分と早いが感度が低く偽陰性がでやすい。
抗体検査は、以前コロナウイルスに感染し、
抗体が出来ているかを判定します。
血液を採って検査します。
まだ検査キットによる制度の差があり、
信頼性がほどほどである。

いろんな検査を組み合わせ、
より安全に過ごせるようになることを祈ります。

新型コロナウイルスの研究が進むことを願っているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6171

コメントする