12月3日(火)の天声人語 - あいの日々徒然

2019年12月 9日

12月3日(火)の天声人語

12月3日(火)の朝日新聞朝刊を読んだ。
天声人語に興味深いことが書かれていました。
天声人語
JR越谷レイクタウン駅に
「きっぷってなに?」と題するポスターが
お目見えしたそうです。
昭和から生きている私は、
切符とはどんなものか知っています。
ですが、平成生まれの若い都会の子達は、
Suicaやスマホで電車に乗るので、
切符とはどんなもので、
どうやって使うのか知らないようです。

営業でお客さんと話していると同じようなことを聞きます。
「いまの子は、スマホは使えるけれど
パソコンは使えない。」
「電話機で電話したこと無いから、
電話のかけ方も、電話での話し方も分からない」
時代が変わると、世の中にあるものが変わっていきます。
昔のことを知っていた方が良いのか、
時代に合わせて新しいものだけを知っていれば良いのか、
分かりませんが、
世の中の変化が早すぎて、
年齢と共に変化についていけなくなってきています。


時代の変化に対応しているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5804

コメントする