水谷川優子&山宮るり子コンサート - あいの日々徒然

2019年10月17日

水谷川優子&山宮るり子コンサート

10月9日(水)、上越文化会館中ホール
今年度最後のSmall Compact Performance 2019
水谷川優子&山宮るり子コンサートがあり、
聞いてきました。
上越文化会館は、来年改装されるため
Small Compact Performanceは行われません。
再来年度、復活されることを願っています。
上越文化会館中ホール

チェロとハープによるデュオ
水谷川優子さんと山宮るり子さんによる
コンサートですが、こんな音が出るんだと
驚きの連続でした。
チェロとハープによるデュオ

プログラムは、
 1.サン・サンス : 白鳥
 2.ファリャ : スペイン組曲よりカンシオン、アストゥリアナ、ホタ
 3.カサド : サルダーナ、ダンツァ・フィナーレ チェロ独奏
 4.グルック : 精霊の踊り ハープ独奏
 5.ブルッフ : コル・ニドライ
   休憩
 6.J.S.バッハ : ヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタ第2番
 7.パリッシュ・アルヴァース : 大幻想曲「マンドリン」 ハープ独奏
 8.ソッリマ : 嘆き チェロ独奏
 9.加藤昌則 : ケルト・スピリッツ
  アンコール 北原白秋 : ちんちん千鳥
プログラム
チェロらしい、ハープらしい音も優雅で良かったが
後半のハープ独奏大幻想曲「マンドリン」は、
ハープでこんな音も出るのかと感心する演奏でした。
もっと驚いたのは、チェロ独奏嘆きです。
人が泣いているのかと思うような音で
どのように演奏しているのか近くで見たかったです。
また、聞いてみたいと思う素晴らしいコンサートでした。

聞いたこと無い音がどんなものか知りたくなったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5681

コメントする