東京旅行2017.12.15-4.一幸庵 - あいの日々徒然

2018年1月11日

東京旅行2017.12.15-4.一幸庵

平成29年12月15日(金)から17日(日)まで妻と二人で東京旅行してきました。

平成29年12月15日(金)
越後屋若狭さんで買い物を終え、次に向かったのは、
文京区小石川の一幸庵さん。
こちらも某飲食店比較サイトで全国9位、東京3位の和菓子店です。
一幸庵

一幸庵さんは、わらびもちで有名です。
ご主人が書かれたわらびもちの解説書のわらびもちへの愛情が感じられます。
わらびもちの解説書

セロハンテープの使用が少なくて
心遣いが感じられる包装です。
心遣いが感じられる包装

わらびもちとお薦めの上生菓子4つを予約しておきました。
これが、わらびもち380円(税別)
わらびもち380円(税別)

わらびもちの中
絶妙な柔らかさで口の中でわらびも餡も溶けていきます。
甘さは控えめで口の残りません。
だからと言ってアッサリしているわけでも無く、味わい深い。
わらびもちの中

1.上生菓子練り切り380円(税別)
ハスの花をまねているのでしょうか。
1.上生菓子練り切り380円(税別)

1.上生菓子練り切りの中
シットリなめらかな練り具合。
口溶けが良く、塩梅も良く、すっと喉を通っていきました。
1.上生菓子練り切りの中

2.上生菓子羽二重餅椿餅380円(税別)
2.上生菓子羽二重餅椿餅380円(税別)

2.上生菓子羽二重餅椿餅の中
あん餅?麩まんじゅう?の間のようで柔らかく口の中で溶けました。
2.上生菓子羽二重餅椿餅の中

3.上生菓子380円(税別)
3.上生菓子380円(税別)

3.上生菓子の中
しっかりした甘さの粒あんをしっかりした皮で包んであります。
3.上生菓子の中

4.上生菓子380円(税別)
粒あんを練り菓子で包んであります。
粒あんの味わいがアクセントです。
4.上生菓子380円(税別)

栗ふくませ230円(税別)
保存がきくお菓子を買いました。
栗ふくませ230円(税別)

栗ふくませの中
栗まんじゅうです。甘い栗が入っています。
栗ふくませの中

大納言羊羹4500円(税別)
大納言羊羹4500円(税別)

大納言羊羹の断面
やわらかめで甘さも控えめなので粒あんの味わいが引き立っています。
大納言羊羹の断面

あざぶ最中3個660円(税別)
あざぶ最中3個660円(税別)

皮と餡が別々に入っているので食べるときに合わせます
食べるときに合わせます

大きい最中で、厚い皮が歯ごたえもあり、おいしいです。
大きい最中
一つ一つ丁寧に作れれていて、塩梅も絶妙です。
素材のうまさがうまく生かされているお菓子ばかりです。


和菓子の世界をもっと知りたくなったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4376

コメントする