検索結果: あいの日々徒然

あいの日々徒然で“日帰り”タグの付いているブログ記事

2020年9月27日

小布施milgreen ミルグリーン(小布施牧場)さんで買い物

9月19日(土)、妻と二人で長野県小布施堂さんへ
栗の点心朱雀を食べに行きました。

食べ終わって、小布施の町を散策し買い物しました。
小布施の地図を見ていて見つけた
milgreen ミルグリーン(小布施牧場)さんへ行きました。
新型コロナ感染予防対策で店内には
一組しか入れないようになっていました。
食べるのは、外のテラスで緑を見ながらです。
購入したのは、アイスクリーム3種グレープ、ブルーベリー、ミルク550円税込
ジャージー牛を使って、舌触りはアッサリしていますが
ミルクの濃厚さの味わいがあり、不思議なアイスクリームです。
アイスクリーム3種グレープ、ブルーベリー、ミルク550円税込

家に帰ってから食べたジャージー牛乳プリン300円税込
ドロドロでほぼ液体でした。
ジャージー牛乳プリン300円税込

ジャージーミルクで作った
モッツァレラチーズ100g800円税込
を使用した冷やしトマト
モッツァレラチーズは、もっさりして
ジャージーミルクの甘みがあります。
冷やしトマト

モッツァレラチーズをトーストにのせて食べてみました。
少しパサついた感じになってしまいました。
モッツァレラチーズをトーストにのせて
なにか美味しく食べられる方法を考えてみます。


食べ物の食べ方は難しいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2020年9月26日

小布施散策

9月19日(土)、妻と二人で長野県小布施堂さんへ
栗の点心朱雀を食べに行きました。
食べた後、小布施の町を散策しました。
風情あふれる町並みに、歩くのが楽しかったです。

残念なことが一つ、昨年も訪れた
サンクゼール小布施店が閉店していました。
美味しいジャムが買えなくて残念でした。
閉店

こんな可愛らしい車にも出会えました。
街にマッチして良かったです。
可愛らしい車

小布施堂さんの前の池は、金魚もいて風景にマッチしています。
憩いの水辺です。
小布施堂さんの前の池

紙細工のお店風花さんに紙で作った人形が飾られていました。
もう素晴らしすぎてうっとりします。
紙で作った人形

小布施の町は、統一感のある建物で癒されます。
小布施交番も木骨で風情ある建物です。
小布施交番

小布施町立栗ガ丘小学校
名前も建物の雰囲気も素敵な小学校です。
小布施町立栗ガ丘小学校

小布施駅は、レトロ感満載で癒されます。
小布施駅

オープンシェアスペース・トポス(Topos)さんは、
古民家を利用したカフェのようです。
オープンシェアスペース・トポス(Topos)

昨年も見た改装中の民家
改装中と思っていたのですが、
昨年と変わっていません。
改装中の民家

桜井甘精堂 栗の木テラス 小布施店
2017年にモンブラン・ネージュを食べました。
ふわふわのケーキだったことを思い出しました。
それを食べに来たお客さんが並んでいるのでしょう。
桜井甘精堂 栗の木テラス 小布施店
小布施の町を散策すると、こんな町に住みたくなります。
長閑ですが何処かモダンで面白い。
毎年、来たくなる町です。

小布施に行ったことあるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年8月23日

妙高市苗名滝

お盆休みの8月15日(木)、
遠くまで出かけても渋滞などで
大変な思いをするだけと、
近くに涼を求めて出かけてきました。
最初に訪れたのは、妙高市苗名滝。
2011年7月以来の訪問でした。
車を快調に運転し、昔知った道を進むと
行き止まりの標識が現れました。
新しい道が関川沿いに出来て、古い道が閉鎖されてました。
ネットで新しい道を発見し、
苗名滝まで行くことが出来ました。
広い駐車場も有り、一大観光地になっていました。
広い駐車場

駐車場から苗名滝まで500m
整備された道ですが、
岩などが有り滑りやすいところもあります。
私たちは、登山できる服装に登山靴で行きました。
駐車場から苗名滝まで500m

スタートは、吊り橋を渡るところからです。
比較的新しい吊り橋なのでそんなに揺れません。
吊り橋

関川の下流への土砂の流出を防止する関川1号砂防えん堤です。
水不足がささやかれる上越地域ですが、
関川上流は、豊富な水があるようです。
関川1号砂防えん堤

苗名滝までの道は、このような岩もある道です。
観光客の方々の中には、
半袖短パン、サンダルなんて方も見受けました。
岩もある道

小林一茶の句碑もありました。
「瀧けぶり 側で見てさへ 花の雲」
小林一茶の句碑

沿道沿いから見た苗名滝
夏の朝7時は、もう明るい。
もう少し早く来なくては、幻想的な写真になりませんね。
沿道沿いから見た苗名滝

吊り橋を渡り、関川の北側からの苗名滝
以前より水の落ち始めの所がえぐられています。
関川の北側からの苗名滝

北側から離れた苗名滝
北側から離れた苗名滝

関川の南側にも山道のような沿道があり、
その中間地点から見た苗名滝。
関川の南側

関川南側から苗名滝の見える一番近い地点からの撮影。
苗名滝の見える一番近い地点
いろんな角度で違った景色を見せてくれる苗名滝。
秋の紅葉シーズンにも来てみたいと思います。

お盆休みに観光地へ出かけたなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年8月23日

妙高市笹ヶ峰高原

8月15日(木)、妙高市苗名滝の後、
妻との二人旅で訪れたのは、妙高市笹ヶ峰高原。
高原の爽やかな風に癒されました。
笹ヶ峰グリーンハウスに車を停めて
周辺をトレッキングすることにしました。
妙高市笹ヶ峰高原

笹ヶ峰牧場の中に仕切られた歩道のような道があり、
そこを歩いたり走ったりすることが出来ます。
ウッドチップが引かれていたり、
トレーニングにもってこいの環境で
多くのランナーが走っていました。
また出入り口に消毒液あり、人間が消毒して
牛さんに害を与え無いように配慮があります。
笹ヶ峰牧場

宇棚の清水近くの小川
山らしい透き通る清流でした。
宇棚の清水近くの小川

宇棚の清水
飲んでみました。
それほど冷たくは無く、円やかな味わいでした。
宇棚の清水

宇棚の清水から清水ヶ池に向かう道は、
小川沿いに有り、小川のせせらぎを聞きながら
歩きました。
小川のせせらぎ

小川のせせらぎをお聞き下さい。

途中には、高山植物もたくさん有り、
アザミが綺麗に咲いていました。
アザミ

清水ヶ池は、森の中の小さな池で、
それでも存在感があり、たくさんの生きものを支えている
命のようにも感じました。
清水ヶ池

清水ヶ池のコバルトブルーの水は、
美しく引き込まれてしまいます。
コバルトブルーの水

笹ヶ峰グリーンハウスに戻る途中で
面白い形の木に遭遇しました。
冬の寒さと雪にこのような形にさせられたのか?
なんとも面白い形でした。
面白い形の木

道の途中には、こぶし大の穴がいくつも空いていました。
モグラの仕業なのでしょうか?
それにしても、この高地にモグラがいるのかと思いました。
こぶし大の穴

散策を終え、次に向かったのは、
笹ヶ峰ダムです。
笹ヶ峰ダム

乙見湖を上から眺めようと
駐車場から笹ヶ峰ダムの南側に向かいました。
笹ヶ峰ダムが工事中で、人一人がやっと歩ける
交互通行の歩道を渡りました。
交互通行の歩道

そして笹ヶ峰ダムの南側の展望台に上がるため
この階段を上りました
階段を上りました

階段の上り下りに疲れましたが、
乙見湖から火打山まで見られて
笹ヶ峰らしい景色に癒されました。
乙見湖から火打山まで

そして次に向かったのは、笹ヶ峰キャンプ場
小学生や中学生の頃によくキャンプに訪れました。
それ以来、40年ぶりの訪問です。
笹ヶ峰キャンプ場

40年前に使ったと思われるもありました。
今は、使う人が居ないのか?
かなり壊れているようでした。
竈

笹ヶ峰キャンプ場の中で沢山あったソーラー発電パネル
右下の電灯に繋がれているのでしょう。
ソーラー発電パネル

笹ヶ峰高原を後にし、
山を下りる途中、
野尻湖を一望できる景色に出会いました。
車を路肩に停めて眺めました。
野尻湖を一望できる景色
高原の風に吹かれ気持ちよかったです。


今年の夏、涼を求め高原へ行ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年8月23日

妙高市いもり池

8月15日(木)、夫婦二人日帰り旅の最後に訪れたのは、
妙高市いもり池
歩き疲れた身体にむち打って行って来ました。
妙高山を見上げる景色に癒されます。
高原から降りてきたので少し蒸し暑く感じました。
妙高市いもり池

綺麗な睡蓮の花だなあと眺めました。
睡蓮の花

と思った睡蓮の花は、
西洋睡蓮で外来種
日本古来の種類では無いので、
繁殖力が強く、生態系を壊すので駆除しているそうです。
6月25日、26日、27日に駆除したにもかかわらず。
8月15日(木)には、いもり池の大部分を覆い尽くしていました。
西洋睡蓮で外来種
完全駆除には、時間がかかりそうだと思いました。
朝から水分補給しかしなかったので
お腹が空いていたので、これで帰宅しました。


外来種について知識があるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2011年9月12日

妙高燕温泉の露天風呂巡り

8月下旬、妙高市燕温泉の河原の湯が復活したとの新聞記事を目にして、早速行ってみました。
河原の湯は、土砂崩れで一時閉鎖されていましたが、改修したのでした。
燕温泉に入るには、温泉の下にある日帰り用の駐車場にクルマヲトメテ100mほど歩きます。
燕温泉

温泉街は、硫黄の臭いがして、温泉に来たことを実感できます。
温泉街を通り抜けて行くと、妙高山登山道入り口に河原の湯(右下)の案内と黄金の湯(左中)の案内があります。
河原の湯(右下)の案内と黄金の湯(左中)の案内

先に河原の湯(今は、天狗の湯と呼ばれているらしい)へ向かいました。
この日は、天候が悪く、土砂降りではありませんが、
小雨交じりで、霧が少し立ちこめていました。
その天気が山の景色を美しくし、滝も綺麗でした
滝も綺麗でした

看板から500mほど進むと橋が架かっていて、
そこを渡って川へ降りて行き、山奥へと進みます。
そうすると燕温泉河原の湯と書いた更衣室を目にすることが出来ます。
燕温泉河原の湯と書いた更衣室

更衣室の向こうに硫黄の臭い立ちこめる
河原の湯(天狗の湯)が姿を現します。
男女混浴ですが、白濁しているので体を湯に沈めると見えなくなります。
更衣室は、男女別になっています。
この日は、雨交じりだった為か、他の人もおらず、
私が温泉と景色を独占してゆっくり出来ました。
以前より、湯船が小さく浅くなった様な気がします。
大勢入ることは出来ないようです。
河原の湯(天狗の湯)

河原の湯でのんびりしたら、看板まで戻り、
黄金の湯へ向かいました。
こちらは、男女別で、仕切りがありますし、
温泉街から近いので昼夜と人気の露天風呂です。
黄金の湯

この日は、悪天候で登山を諦めたご夫婦が入りに来ていました。
ここも硫黄の臭いたっぷりの白濁した湯です。
雨の所為か、以前より湯の花が少なく白濁が薄かった様な気がします。
登山道に面しているので、入り口から湯船が少し見えますが、
白濁した湯ですので、あまり気にしなくても良いでしょう。
硫黄の臭いたっぷりの白濁した湯
黄金の湯も脱衣所がありますが、温泉に入るだけの施設です。
湯の花が体についたりして服を着ても硫黄臭さが残ります。
それが天然温泉の良さと認識して行かれる様お願いいたします。
無料では入れる天然露天風呂、皆さんも一度は、行ってみて下さい。


温泉に入りたくなったなら、
ポチッとして頂けると嬉しいです。 
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画