検索結果: あいの日々徒然

あいの日々徒然で“ウインターカップ”タグの付いているブログ記事

2021年1月 3日

ウインターカップ開志国際高校辞退

2020年12月26日(土)、高校バスケットボールの大会
ウインターカップで新潟の開志国際高校の試合を
楽しみに待っていました。
開始時間になってもネット中継が始まらない。
おかしいと思い、ネットで調べてみたら、
開志国際(新潟)は26日の3回戦を辞退
というションキングなニュースを目にしました。
開志国際(新潟)は26日の3回戦を辞退

高校バスケ出場校の関係者が陽性 対戦相手は出場を辞退
 日本バスケットボール協会は26日、全国高校選手権
(ソフトバンクウインターカップ)に出場していた
専大付(東京)の男子チームの関係者が
新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。
これに伴い、24日の1回戦で専大付と対戦し、
勝ち上がっていた開志国際(新潟)は26日の3回戦を
辞退し、大会を欠場することになった。
 日本協会によると、専大付の関係者は、
24日の試合で東京体育館に来場していたが、
試合後に体調不良になった。25日夜に検査の結果が
出て陽性判定だった。保健所が濃厚接触者の特定を
進めているが、26日の第1試合開始前までに間に合わなかった。
専大付や対戦相手の開志国際の選手らが濃厚接触者となる
可能性が否定できないため、日本協会が開志国際に対して
出場辞退を指示し、開志国際も受け入れた。
開幕後に大会関係者から陽性者が出たのは初めてで、
対戦相手が辞退することになったのも初めて。
 協会は保健所の立ち会いのもと、26日の第1試合開始前までに
会場の消毒などを行い、開志国際が出場予定だった試合以外は
予定通り開催した。また、27日から予定されている一般観客も
入れる方針だという。
 日本協会は新型コロナウイルスに対応するため、
出場校に向けたガイドラインを策定している。
大会期間中に陽性者が出た場合、「保健所の指示のもと、隔離が必要」
「陽性者と濃厚接触者は参加不可」と定めている。
 また、大会中止の判断の目安を
「参加チーム数の10%以上の辞退が発生した場合」と定めている。
今大会には男女120チームが参加予定だったが、
大会前に市船橋(千葉)の男子、土浦日大(茨城)の男女、
桐光学園(神奈川)の男子が陽性者が出たとして欠場。
開催後も、試合当日に発熱症状のある選手が出たとして
光泉カトリック(滋賀)の男子と実践学園(東京)の男子が欠場した。


新型コロナウイルス感染予防対策としては、正しいのかもしれないが、
感染者を出した学校でも無いのに出場辞退になった高校生は、
とても、かわいそうだと思いました。
出場者の事前PCR検査とか、濃厚接触者のPCR検査を
すぐ出来る体制を整え大会を開催して欲しかったです。
民間PCR検査をしているソフトバンクがスポンサーなら出来たはずです。


新型コロナウイルス感染予防対策について考えているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2020年1月 5日

ウインターカップ2019男子決勝福岡第一対福岡大大濠

令和元年12月29日(日)、
basketballウインターカップ2019男子決勝福岡第一対福岡大大濠
をテレビ観戦しました。
basketballウインターカップ2019男子決勝福岡第一対福岡大大濠

注目の福岡対決となった男子決勝。
福岡大学付属大濠高校が新潟の開志国際高校に
勝ったときに決勝はこの両校だろうと予想していました。
予想通り、福岡第一高校がリードし、大濠高校が
付いていく展開となりました。
ですがなかなか点差は縮まりませんでした
点差は縮まりませんでした

第4Q、福岡大学付属大濠高校も
必死に追いすがりますが、
福岡第一高校も冷静に守り、
福岡大学付属大濠高校を振り切りました。
75対68で福岡第一高校が勝利しました
75対68で福岡第一高校が勝利しました
見応えのある接戦でした。
優勝した福岡第一高校が最も苦しめたのが
同じ県の福岡大学付属大濠高校でした。
今年、両校は、8戦して福岡第一高校が
8戦全勝でしたが、いずれも接戦でした。
今年の高校バスケットボールは、どんな戦いになるでしょう。
今から楽しみです。

高校スポーツを愛しているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2020年1月 1日

ウインターカップ2019第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会

令和元年12月23日(月)~29日(日)
ウインターカップ2019第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会
が行われました。
私は、その試合の模様をインターネット中継で見ました。
新潟県からは、男女それぞれ2チームずつ出場しました。
女子の新潟産業大学附属高校は
1回戦に勝ちましたが、
2回戦で負けてしまいました。
女子の開志国際高校は、1回戦2回戦と勝ち、
25日に3回戦で優勝候補の桜花学園(愛知)と対戦しました。
善戦しましたが、壁を越えられずに敗戦しました。
桜花学園(愛知)と対戦

男子の帝京長岡高校は、1回戦に勝ち
25日の2回戦で豊浦高校(山口)と対戦
大接戦で4Q残り7.5秒で逆転53対52とし
勝利するかと思われました。
豊浦高校(山口)と対戦

豊浦高校もその後すぐ残り3秒で逆転シュートを入れ
帝京長岡高校は、敗れました
帝京長岡高校は、敗れました

男子の開志国際高校は、シードで
25日2回戦で福岡大学付属大濠高校と対戦しました。
福岡大学付属大濠高校と対戦

優勝候補同士の対戦は、大熱戦となりました。
4Q残り7分13秒では9点差をつけられた開志国際高校が
反撃に転じ、残り1分11秒で逆転の3ポイントシュート
を入れて、76対73。
逆転の3ポイントシュート

しかし福岡大学付属大濠高校は、そこから崩れませんでした。
最後1分間、開志国際高校を引き離し、
82対76で福岡大学付属大濠高校が勝利しました。
福岡大学付属大濠高校が勝利
25日に新潟県勢3校が敗れてしまい
気落ちする日になりました。

バスケットボールを観戦するなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画