絵本「あつかったらぬげばいい」 - あいの日々徒然

2021年5月 2日

絵本「あつかったらぬげばいい」

4月23日(金)、上越市立高田図書館で
絵本「あつかったらぬげばいい」を借りて読みました。
作者は、ヨシタケシンスケさん。
ヨシタケシンスケさんは、イラストレーター、絵本作家。
神奈川県茅ヶ崎市生まれ。2児の父。
筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了
『りんごかもしれない』はMOE絵本屋さん大賞第1位を獲得、
第61回産経児童出版文化賞美術賞を受賞。
『ぼくのニセモノをつくるには』は
第2回長野県本屋大賞CONTEMPORARY部門を受賞。
あつかったらぬげばいい
絵本の内容は、「何々だったら、どうする?」
をいろいろ綴ってあります。
題名の「あつかったらぬげばいい」に始まり、
「いみのわからないページがあったら、
バンバンとばしてわかるとこだけよめばいい」
「つかれているのかどうか、よくわからなくなったら、
つかれたことにすればいい」
など、ユーモアたっぷりの絵本です。
ものごと真剣に考えず、適当に生きるのも良いと思いました。

脱力感のあるユーモアが好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6808

コメント

●山下博成さまへ
>おはようございます。
   こんにちは。

>自分に素直になりましょうという絵本でしょうね。(^^)
    そうですね。思いのままにです。(^^ )

●溶射屋様へ
>おはようございます。
   こんにちは。

>忙しい日が続けばやすめばいいですね(^.^)
    はい、休むことが大切です。(^^ )

おはようございます。

自分に素直になりましょうという絵本でしょうね。(^^)

あいさん

おはようございます。

忙しい日が続けばやすめばいいですね(^.^)

人気ブログランキング ポチッ!

コメントする