映画「学校」 - あいの日々徒然

2021年4月30日

映画「学校」

4月21日(水)、動画配信サービスNetflixで
映画「学校」を見ました。
監督:山田洋次
脚本:山田洋次
   朝間義隆
原案:松本 創
製作:中川滋弘
   深澤宏(プロデューサー)
音楽:冨田勲
撮影:高羽哲夫
   長沼六男
編集:石井巌
出演
黒井先生:西田敏行
イノさん:田中邦衛
カズ:萩原聖人
えり子:中江有里
オモニ:新屋英子
張(チャン):翁華栄
修(おさむ):神戸浩
みどり:裕木奈江
田島先生:竹下景子
校長:すまけい
土屋:笹野高史
自動車解体工場の社長:小倉久寛
リネン工場の社長:坂上二郎
えり子の父:大和田伸也
えり子の母:浅利香津代
イノさんの叔母さん:園佳也子
八百屋の親父:渥美清(特別出演)
河合茂:大江千里
学校
ストーリー 
夜間中学校に勤める黒井はある日校長に呼び出され
「そろそろ異動を」と薦められていた。
しかし黒井は「私は夜間に根を生やして『古狸』と
呼ばれたいんです」とつっぱねる。
黒井のクラスには働きながら夜間に通うカズ、
中学1年生で不登校になったえり子、不良のみどり、
日本の社会になかなか馴染めない中国人の張、
焼肉屋を経営するオモニ、脳性麻痺で言葉の不自由な修、
そして長年の肉体労働で身体を酷使した競馬好きのイノさん
がいた。それぞれに違った環境でそれぞれの悩みを
抱えつつ夜間に通う生徒たち。
そんな中、イノさんが体調不良で田舎に戻り、
療養中となり教室には不在であるところから物語は始まる。
それぞれの悩みをとりあげ、学校生活の様子を描いた作品です。

山田洋次監督らしい愛あふれ、時に笑いありの映画です。
西田敏行さん、田中邦衛さんの演技が良いです。
それぞれその人らしい振る舞いの演技で、味わいがあります。
田中邦衛さんは、あの方しか出来ない振る舞いで
もっと生きていて欲しかったと思いました。

日本の映画が好きなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.aikikaku.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6793

コメント

●山下博成さまへ
>おはようございます。
   こんにちは。

>ハンカチが必要ですね。
   そうなんです。


●溶射屋様へ
>おはようございます。
   こんにちは。

>心があったまる内容がいいなぁと思っています。
    感動するのが良いですね。(^^ )

おはようございます。

感動の映画のようですね。
ハンカチが必要ですね。

あいさん

おはようございます。

映画は日本も外国もなく好きですが、

心があったまる内容がいいなぁと思っています。

人気ブログランキング ポチッ!

コメントする