検索結果: あいの日々徒然

あいの日々徒然で“雨”タグの付いているブログ記事

2018年9月22日

JiN ROCK FESTIVAL in Hyoko 2018

9月9日(日)、友人と行くはずだった水原で開かれる
音楽フェスJiN ROCK FESTIVAL in Hyoko 2018
妻と一緒に行って来ました。
JiN ROCK FESTIVAL in Hyoko 2018

ステージの後方で椅子に座って気楽に観覧できる音楽フェスです。
この日は、天候に恵まれず、開始の頃は曇っていたのですが、
次第に雨が降ってきて、最後まで雨が降っていました。
昨年まで行われていた加茂山公園は、沢山の木々があり
それが雨よけの役割を果たし、
雨も少ししのげて快適に音楽を聴けました。
今回は、雨よけの場所が無く、気温も低く、苦戦を強いられました。
会場近くの瓢湖白鳥会館を利用しながら、休憩中、雨風をしのぎました。
後方で椅子に座って気楽に観覧できる

この音楽フェスは、FMPORTナビゲーター島村仁さんが
2006年からFM PORTの電波上で開催している
「架空のラジオ版、音楽フェスティバル」が 「Jin Rock」のはじまり。
会場は電波上、ラジオの前が会場となり、
新潟県民、誰もが気軽に参加できる架空の音楽フェス番組として
放送してきました。そんなJin Rockが、いつしか自然と
意識するようになったテーマが「架空から現実へ」。
アーティストを迎えてのCROSS TALK番組「Jin Rock Village」、
ライブハウスで開催したCaravanとのコラボレーション・ライブ
などを経て 2008年10月05日、加茂山公園での第一回、
リアル版野外フェス「Jin Rock Festival in KAMO 2008」を開催。
続いてきた音楽フェスです。
仁さんが開会前に言うのは、「弱者に優しく、ゴミ0、当たり前のことを当たり前に、落ちているゴミは拾いましょう。」
今年もゴミ拾いました。

さて出演アーティストは、初めてJiN ROCK FESTIVALに出演した方々ばかりでした。
まずトップバッター午前10時30分に出演したのは、
 H ZETTRIO
H ZETT M(ピアノ/青鼻)のユニーク且つ"無重力奏法"と
形容されるテクニカルなピアノと、
H ZETT NIRE(ベース/赤鼻)、H ZETT KOU(ドラム/銀鼻)が
支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。
ジャズ調なのですが、リズミカルで変幻自在の音楽表現は、
音楽フェストップバッターにふさわしく、会場の温度を上げてくれました。
H ZETTRIO

 次に登場は、FIVE NEW OLD
メンバーは、SHUN(Ba.Cho.)、HIROSHI (Vo., Gt.)、WATARU (Gt., Key., Cho.)、 HAYATO (Dr., Cho.)
 2010年神戸にて結成の4人組。
R&B、ブラックミュージック、80'sなどの要素を昇華させた
オルタナティブなロックサウンドに、英語で歌われる爽やかな
メロディーとコーラスラインはスタイリッシュな洋楽ポップスさながら。
アーバンかつソウルフルな楽曲が心地よく会場全体をノリノリにさせてくれました。
FIVE NEW OLD

雨が強くなってきた午後2時前に登場は、
長野出身の GLIM SPANKY
ロック、ブルースを基調にしながらも、
新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす男女二人組ロックユニット。
ハスキーで圧倒的存在感のヴォーカル松尾 レミと、
ブルージーで感情豊かなギター亀本 寛貴。
加山雄三さん一押しです。
止まない雨の中、フジロックにも参加した実力を遺憾なく発揮したステージ。
映画「不能犯」書き下ろし主題歌 3rd Single『愚か者たち』が良かった。
GLIM SPANKY

続いてレミオロメンの藤巻亮太さん登場。
特徴ある伸びやかな歌声は、雨の中も心に響きました。
 1. 太陽の下
 2. 日々是好日
 3. マスターキー
 4. 粉雪
 5. 南風
 6. 雨上がり
 7. Summer Swing
 8. 3月9日
歌う予定の無かった粉雪も歌ってくださいました。
イントロからうるっとしてしまいました。
最後は、Jinさんも願っていた3月9日で決まりでしたね。
藤巻亮太

 最後に登場は、MIYAVI
この人の出演が決まったのでこの音楽フェスに来た私。
雨が降ろうが、風が吹こうが、この人奏でるギターを聴かずに帰るわけにはいきませんでした。
エレクトリックギターをピックを使わずに
全て指で弾くという独自の"スラップ奏法"で
ギタリストとして世界中から注目を集めたギタリスト。
海外公演が多く、日本で見られる機会を得られようとは
夢に思っていませんでした。
常に世界に向けて挑戦を続ける"サムライ・ギタリスト"であり、
ワールドワイドに活躍する今後最も期待のおける日本人アーティストの一人です。
すべての曲がノリノリで、寒さも忘れました。
"Long Nights"と "WHAT'S MY NAME?"が良かったなあ。
MIYAVI
出演者が少なかったので午後6時過ぎに終わりました。
雨と風で途中で帰った人が多くいました。
会場は、加茂山公園の方が良かったなあ。
出演者は、とっても良かったので満足の音楽フェスでした。


知っている出演者がいたなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2018年8月10日

虹と雨と気温

7月28日(土)、が架かった。
雲が怪しかった。
虹

パラパラと言う音と共にが降った。
ほんの一瞬。
雨

7月12日(木)以来16日ぶりの雨
降水量は、0.0mm
降ったとは言えないような雨。
7月に雨らしい雨は、3日間ほど。
7月12日(木)以来16日ぶりの雨

翌7月29日(日)には、上越市大潟区で39.5度のその日の日本最高気温を記録。
その日私は、上越市大潟区の実家で家財の片付けを
エアコンも無いところでしていました。
上越市大潟区で39.5度

8月になり6日(月)にようやく雨らしい雨が降りました
農作物用の水溜にも水がたまりました。
雨が降りました

降水量5.5mm
降水量5.5mm
農作物にとっては、これくらいの雨が毎日降らないと困ってしまいます。
雨が、水が欲しい今日この頃です。


水の大切さを感じているなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2015年2月23日

新潟県の冬の天候は、ほとんど曇りか雪だった。
晴れ間は少ない。
2月中旬のある日。
この日の天候は
雨
2月は、一番雪が多く降る月だったはず。
ここ最近は、2月に降る雪の量は少ない。
温暖化だからなのでしょうか。
なんだか季節感が違ってきました。


四季の風情あって欲しいと願うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2012年11月12日

ダイエット成功のご褒美

10月11日、人間ドックを終え、
ダイエットにも成功して結果も良い感触を得ていました。
夜は、繁華街にでも出ようかと思っていた夕刻。
土砂降りに見舞われ、なかなか止みませんでした。
最近多くなったゲリラ豪雨を心配し、
外に出るのは、止めておきました。
土砂降り

ダイエット成功の自分へのご褒美は、
家での晩酌になりました。
健康的にカロリーの少ないキンミヤ焼酎を
ビール仕立てにホッピーで割る。
つまみは、野菜の煮物とブリ。
健康的にカロリーの少ないキンミヤ焼酎をビール仕立てにホッピーで割る
人間ドックが終わっても健康的な食事で
今日もまだダイエットを続けます。


ダイエットは1日にして成らずと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2012年10月19日

土砂降りとカマキリ

9月に入っても暑い日が続いていましたが、
秋分を境に涼しくなりました。
天候、気温の変化が急激で
体調を崩した方も多くいました。

9月24日には、上越地方は、
すごい土砂降りに見舞われました。
土砂降り

その後、からっと晴れたりして、気温も上昇します。
秋になるとカマキリを多く見かけます。
産卵で、餌を多くとろうとしているからでしょうか?
カマキリと言えば、卵を産んだところの高さで
冬の降雪量が分かると言われています。
カマキリ
産卵場所を発見していないので、
今年の雪の量は分かりません。
雪が少ないと良いなあ。


秋、自然の不思議に触れてみるのも良いと感じたなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2008年9月29日

長岡市で開かれた音楽フェスティバル音楽と髭達

9月上旬、新潟県長岡市国営越後丘陵公園で盛大な音楽フェスティバル音楽と髭達が開かれた。
昨年は、無かったのだが、その前にも数年、同じ場所で音楽フェスティバルが開かれている。
以前は、家族全員出来ていたが、今年は、次男と私。
家では、長男がテスト勉強、妻が長男の監視役として居残り。音楽フェスティバル特製Tシャツ朝早くの電車に乗り、長岡へ向かう。
電車の中から、ウキウキ気分。電車に乗り長岡駅から、会場までは、臨時シャトルバス
早く会場に着かないかなあ。臨時シャトルバス会場に着くと、青い空と音楽フェスティバルのイメージツリーがお出迎えしてくれた。
今回も気持ちよく野外ライブを聞けるとワクワクドキドキ。青い空と音楽フェスティバルのイメージツリー午前11時、ライブ開始。
最初からテンション上がりっぱなし。
次々と現れる大物アーチスト。
ノリノリの音楽に、3万人入る予定の観客達も感動。
日焼け止め塗り、水分補給を怠らず、午後8時半まで乗り切ろうと、がんばっていた。
そんな午後3時頃。
少しずつ雲行きが怪しくなっていった。3万人入る予定の観客達とうとう、大雨と雷が空から降ってきました。
私達も雨具を来て、雨が止むのを丘の上で祈っていましたが、止みそうにありません。
次男が一緒だったので、すぐさま、帰ることを決断しました。
他の観客は、雨の中待っていました。
私達が出口近くまで言った時、音楽フェスティバル中止の放送が流れました。
帰りのシャトルバスは、この時間手配されて折らず、すぐには来ませんでした。
雨の中、40分ほど待たされた後、たくさんのシャトルバスが来て、私達は、2番目のシャトルバスに乗ることが出来ました。大雨つなぎの電車もあり、午後7時頃、無事に帰宅しました。
全身びしょ濡れでしたが、何だか清々しい気分でした。
あと半分、すごいアーチスト達の音楽が聴けず、残念ではありましたが、来年もきっと開催されると信じています。
そして、また来年も、あの場所に行きたいと強く思いました。
音楽って、本当に良いですね。(^_^)

あいの音楽好きをご理解いただけたら、ポチッとして頂けると、うれしいです。
 <(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画