検索結果: あいの日々徒然

あいの日々徒然で“レンタル”タグの付いているブログ記事

2019年3月13日

映画「検察側の罪人」

3月4日(月)、映画「検察側の罪人」を
DVDで借りて見ました。

写真は、ジャニーズ事務所は、肖像権に厳しいので加工しました。
検察側の罪人
映画「検察側の罪人」は、
『犯人に告ぐ』の雫井脩介による同名小説を映画化した。
スタッフ
 監督:原田眞人
 原作:雫井脩介
 脚本:原田眞人
キャスト
 木村拓哉:最上毅
 二宮和也:沖野啓一郎
 吉高由里子:橘沙穂
 平岳大:丹野和樹
 大倉孝二:弓岡嗣郎
 八嶋智人:小田島誠司
 音尾琢真:千鳥
 大場泰正:前川直之
 谷田歩:青戸公成
 酒向芳:松倉重生
ストーリー
都内で発生した殺人事件を担当することになった
東京地検刑事部のエリート検事・最上と
駆け出しの検事・沖野。
最上は複数いる容疑者の中から、
すでに時効を迎えた未解決殺人事件の
最重要容疑者であった松倉という男に狙いを定め、
執拗に追い詰める。
最上を師と仰ぐ沖野は、自白を引き出そうと
取り調べに力を入れるが、
松倉は犯行を否認し続けるばかり。
やがて沖野は、最上は松倉を犯人に仕立て上げようと
しているのではと疑問を抱くようになる。
二人の検事は、事件の審理を巡り互いの正義を賭けて対立する。

映画では、本になかったことが多く描かれ、
本筋の所の描き方が足りなくなってしまっているようだ。
何故そのような脚本になったかは不明だが、
結末も本とは、違うので物足りなさが残る。


サスペンスを2時間の映画にまとめる難しさを感じたなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年3月 2日

映画「ペンギン・ハイウェイ」

2月21日(木)、レンタルDVDで
映画「ペンギン・ハイウェイ」を見ました。
ペンギン・ハイウェイ

映画「ペンギン・ハイウェイ」
監督石田祐康
原作森見登美彦
脚本上田誠
キャラクターデザイン新井陽次郎
演出新井陽次郎
主題歌宇多田ヒカル

キャスト(声の出演)
北香那:アオヤマ君
蒼井優:お姉さん
釘宮理恵:ウチダ君
潘めぐみ:ハマモトさん
福井美樹:スズキ君
能登麻美子
久野美咲
西島秀俊:アオヤマ君のお父さん
竹中直人:ハマモトさんのお父さん

「夜は短し歩けよ乙女」「有頂天家族」などで人気の作家
森見登美彦による日本SF大賞を受賞した小説をアニメーション映画化。
毎日学んだことをノートに記録している
勉強家の小学4年生アオヤマ君は、
通っている歯医者のお姉さんと仲良し。
お姉さんも、ちょっと生意気で大人びたアオヤマ君を
かわいがっていた。
ある日、彼らの暮らす街に突然ペンギンが現れる。
海もないただの住宅地になぜペンギンが現れたのか。
アオヤマ君は謎を解くべく研究を始めるが、
そんな折、お姉さんが投げ捨てたコーラの缶が
ペンギンに変身するところを目撃する。
映画「ペンギン・ハイウェイ」
とっても不思議な話である。
理解しようとしても無理なので
アオヤマ君と一緒の気持ちになって楽しむのが良い。

不思議な世界を探検したいと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年3月 2日

映画「未来のミライ」

2月21日(木)、映画「未来のミライ」のDVDをレンタルしてみた。
DVDをレンタル

映画「未来のミライ
監督細田守
原作細田守
脚本細田守
キャスト(声の出演)
上白石萌歌:くんちゃん
黒木華:ミライちゃん
星野源:おとうさん
麻生久美子:おかあさん
吉原光夫:謎の男
宮崎美子:ばあば
役所広司:じいじ
福山雅治:青年

甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、
未来からやってきた成長した妹ミライの2人が
繰り広げる不思議な冒険を通して、
さまざまな家族の愛のかたちを描く。
とある都会の片隅。小さな庭に小さな木の生えた、
小さな家に暮らす4歳のくんちゃんは、
生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、
戸惑いの日々を過ごしていた。
そんな彼の前にある時、学生の姿をした少女が現れる。
彼女は、未来からやってきた妹ミライだった。
ミライに導かれ、時を越えた冒険に出たくんちゃんは、
かつて王子だったという謎の男や幼い頃の母、
青年時代の曽祖父など、不思議な出会いを果たしていく。
2018年・第71回カンヌ国際映画祭の監督週間に出品された。
第76回ゴールデングローブ賞にノミネートされる。
アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞では、
日本人監督として初めて長編インディペンデント作品賞を受賞。
第91回アカデミー賞でも、日本作品としてはスタジオジブリ作品以外で
初めて、長編アニメーション賞にノミネートされた。
未来のミライ
現実的では無い話なので、映画の世界を楽しむしか無い。
くんちゃんと一緒に時空を超えた世界を楽しめば楽しめる映画です。
いろんなへりくつを言えば切りが無いが、
映画を見るには、理屈を超えた世界を楽しめるかが重要。
日常的な映画では、楽しみが無い。
非日常があるから、考えるし、楽しめる。


非日常を楽しんでいるなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2019年2月 4日

映画「第二警備隊」

1月27日(日)、レンタルDVDで映画「第二警備隊」を見ました。
DVDジャケットだけでは面白そうでは無かったのですが、
たくさんの国際映画祭にノミネートされている作品のようで
気になり借りてきました。
映画「第二警備隊」
監督・脚本は、柿崎ゆうじさんで、
以前見た「バケツと僕!」のプロデュースをしたり、
見たいと思っている「ウスケボーイズ」の監督をしています。
主演を筧利夫さん、
他の出演者は、出合正幸さん、竹島由夏さん、
野村宏伸さん、伊藤つかささん等です。
映画の内容は、
警備会社に所属する身辺警護員たちの生き様を描いたヒューマンドラマです。
1999年1月、警備会社エステック社長の大崎は、
学生時代の先輩の小泉からの依頼により精鋭チーム・第二警備隊を結成する。
大恩寺の住職を務める小泉は、政治団体を標榜しながら、
実態は指定暴力団の真政会の関連組織である
護国大憂党からの嫌がらせに頭を悩ませていた。
大恩寺の利権を狙う護国大憂党から寺を守るため、
隊長の高城以下、中本、紅一点の佐野ら隊員たちの警護の日々が続くが、
中本が凶弾に倒れてしまう。
この映画は、自ら警備会社を経営する柿崎ゆうじ監督が、
実体験をもとに描いたそうです。

日本の身辺警備の実態をそのまま感じられる様な映画です。
派手さも無く、映画の作りが優れているわけでもありません。
暴力団の嫌がらせに立ち向かい、警察の理不尽さに耐え、
警備という仕事に真摯に向き合う姿に感動を覚えます。
冒頭に墓参りのシーンがあったので結末は想像出来ましたが、
心に残る映画でした。
映画サイトの評価は高くありませんが、私は見て良かったと思いました。

派手さの無いヒューマンドラマも良いと思うなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ

中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2015年2月18日

レンタルCD

私は、音楽の好みが沢山ある。
クラッシックも聴くし、フォークもカントリーもポップスも
ロックもラテンもヒップホップも聴く。
レンタルCD店に行って新譜が出ていると
知らない歌手でも借りてみる。
とりあえず聴く。
レンタルCD
気に入れば、何回も聴くし、
気に入らなければ、飛ばして聴く。
とりあえず聴く。
音楽は、楽しい。


音楽を聴けば、ふさぎ込んでいる暇は無いと思ったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画

2014年6月14日

レンタルCD

5月下旬、近所のレンタルCD店が改装後
再オープンセールをしました。
なんと、1泊レンタル50円均一。
手当たり次第にCDレンタルしてきました。
その中の一枚が村下孝蔵さんの歌人Ⅱ
村下孝蔵さんの歌人Ⅱ
優しい歌声に癒されました。


音楽のすばらしさを感じたくなったなら、
ポチっとして頂けるとありがたいです。
<(_ _)>→人気blogランキングへ
中小企業法人・個人事業主専門メール保険相談所です新潟県上越市あい企画